日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > こちら「メンタル産業医」相談室  > 黒田官兵衛に学ぶ、ストレス社会を生き抜くヒント 
印刷

こちら「メンタル産業医」相談室

黒田官兵衛に学ぶ、ストレス社会を生き抜くヒント 

第30回 周囲からのサポート力を高めるには

 奥田弘美=精神科医(精神保健指定医)・産業医・作家

こんにちは、精神科医・産業医の奥田弘美です。さて皆様の心と体はお元気でしょうか? 今回も前回「天国と地獄を味わった武将・宇喜多秀家に学ぶストレス対応術」に引き続き、ストレスフルな時代を生き抜いた戦国時代の武将を深掘りしながら、彼らのメンタル力について探ってみたいと思います。

官兵衛は、剃髪後の号・黒田如水(じょすい)としても広く知られる。写真はイメージ=(c) PaylessImages -123RF

 前回は備前国の大名の殿様として生まれながらも関ケ原の戦いで一夜にして敗軍の将となった宇喜多秀家を取り上げ、彼の環境適応能力の高さについて考察しました。秀家は逃亡の果てに八丈島に流刑されるという過酷な運命に耐えながらも、84歳という天寿を見事に全うしました。詳しくは前回の記事「天国と地獄を味わった武将・宇喜多秀家に学ぶストレス対応術」をご覧ください。

 さて、今回はストレスに大きく影響する「周囲からのサポート力」について、黒田官兵衛に登場してもらいながら、あれこれ考察してみたいと思います。なお史実で明らかになっていない部分については、筆者の想像が多分に入っておりますが、「まあそういう解釈もできるだろう」と寛大な心でお楽しみいただければと思います。

ストレス緩和の鍵は「周囲からのサポート力」

 ところで話はガラッと変わりますが、2015年12月から義務化(常時50人以上の労働者のいる事業所の場合、50人未満の事業所は努力義務)されたストレスチェックテストでは、大きく分けて「ストレス反応」(心身に出ている症状)、「ストレス要因」(仕事上のストレスの原因)、「周囲のサポート状況」の3項目を総合的に判断して個人のストレス度を判定します(*1)。

 このうち「周囲のサポート状況」は、表1にあるような質問によって、「上司からのサポート」「同僚(部下を含む)からのサポート」「家族・友人からのサポート」の3つに分けて判定されます。

【表1】「周囲のサポート状況」に関する質問例
「職業性ストレス簡易調査票」より一部抜粋
[画像のクリックで拡大表示]

 これら3つのサポートが良好であればあるほど、ストレスを緩和する力が高くなります。もし職場の「ストレス要因」の内容や程度が同じ人が2人いるとしたら、「周囲のサポート状況」が良好な人の方が、おそらく心身の「ストレス反応」も出にくくなり、総合的なストレス度も低くなる可能性が高いと考えられます。

 言い換えますと、上司や同僚、家族との関係性が良くサポートをたくさん得ている人ほど、ストレスは緩和され、ストレスに対する耐性が高くなるということです。また、上司・同僚・家族の3つの領域から強力なサポートが潤沢に得られれば得られるほど、アイデアや行動力といった心のエネルギーも湧きやすくなっていきます。

周りのサポートを引き出す官兵衛の人間力

 さて筆者は、戦国時代の武将の中でこの3つのサポート力を見事に活用していたのは、黒田官兵衛(1546~1604年)ではないかと考えています。

*1 国が推奨している「職業性ストレス簡易調査票」で検査した場合

1/3 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 老化を左右する血管! 若返りのポイントは?

    体の中に縦横無尽に張り巡らされた「血管」をよい状態に保つことは、健康を維持するため、そして老化を防ぐために極めて重要だ。では、強い血管をキープし、老化した血管を若返らせるには、何をすればいいのだろうか。本特集では、2万例を超える心臓・血管手術を手がけてきたスペシャリストに、血管の若さを維持する秘訣と、血管を強くする運動法・食事法を聞いていく。

  • つらい「肩こり」は動的ストレッチで解消!

    肩こりの原因の大半は、生活習慣。すなわち、不自然な姿勢で過ごすことや、たとえ良い姿勢であっても長時間続けてしまうことが、首や背中の筋肉を緊張させ、筋疲労を引き起こす。この記事では、肩こりに関する記事の中から重要ポイントをピックアップして、肩こりの解消方法をコンパクトに紹介していく。

  • 筋肉博士が教えるロコモ予防の下半身筋トレ

    健康寿命を延ばすためには、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動だけでなく、「筋トレ」も重要であることが最近改めて認識されている。東京大学大学院教授で“筋肉博士”こと石井直方さんは、「寝たきりにならないためには、40~50代のうちから筋肉量を増やす意識で運動することが大切」という。そこで本特集では、石井さんに聞いた、筋トレの効果と、具体的な下半身筋トレの方法を一挙に紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.