日経Gooday TOP  > からだケア  > こちら「メンタル産業医」相談室  > 働く人に多い「過緊張」、1分間マインドフルネスで予防を  > 2ページ目

こちら「メンタル産業医」相談室

働く人に多い「過緊張」、1分間マインドフルネスで予防を

こちら「メンタル産業医」相談室(1)

 IT化が極度に進み、スマートフォンやパソコンを通じて情報やコミュニケーションがひっきりなしに24時間押し寄せてくる。そのため思考や感情が常に刺激され続け、未来や過去への不安や心配、恐れが頻繁に引き起こされる。そんな中で、日本社会特有の礼儀や秩序を重んじた丁寧かつきめ細やかな対応を望まれ、かたや最大限の効率と成果を求められる――。こうした状況で働く日本のビジネスパーソンの脳や心が疲れないわけがありません。

 ちなみに2012年の厚生労働省「労働者健康状況調査」でも、「強い不安、悩み、ストレスを感じている労働者」は60.9%に上ります。この連載を読んでいるあなたも、もしかしてこの6割の中に入っているのでは? たとえ今は入っていないとしても、「今後6割の中に入ることは絶対ない」と自信を持って言い切れる方はいないのではないでしょうか? 何を隠そう精神科医である私自身も、ふとしたきっかけで「強い不安、悩み、ストレス」を感じて、過緊張の初期症状を感じることがあるのですから……。

過緊張の予防に役立つマインドフルネス瞑想

 さてそんな私が過緊張予防も兼ねて、数年前から愛好しているのがマインドフルネス瞑想(めいそう)です。マインドフルネス瞑想は2016年頃からビジネス系雑誌やウェブサイトでも紹介されることが急激に増えてきたため、読者の中にも興味を持っておられる方がいらっしゃることでしょう。

 マインドフルネス瞑想に関する研究は、欧米を中心に医学・心理学分野で進んでいて、「怒りや不安、抑うつなどの感情を低下させ気分を安定させる効果」「注意力や思いやりなどの心理的機能を改善する効果」「免疫系を強化する効果」など、様々な効果が報告されています。

 私自身も実践していてこれらの効果を実感しますし、過緊張の予防にも大いに役立っています。このマインドフルネス瞑想はお金もかからず簡単に手軽にできるので、医師としてぜひ多くの方にお勧めしたいと考え、日々の業務のほか執筆、セミナーを通して今、イチ推しでお伝えしているところです。

あぐらを組んで行うことだけがマインドフルネス瞑想ではない

オフィスの椅子に座ったり、ストレッチしたりしながらでもマインドフルネス瞑想はできる!(©Marcin Balcerzak 123rf)
オフィスの椅子に座ったり、ストレッチしたりしながらでもマインドフルネス瞑想はできる!(©Marcin Balcerzak 123rf)

 「マインドフルネス瞑想」と聞くと「あぐらを組んで瞑想すること」とイメージする方も多いようですが、マインドフルネス瞑想はそれだけではなく、様々なやり方があります。歩いたり、食べたり、オフィスの椅子に座ったり、ストレッチしたりしながらマインドフルネス瞑想ができるというと驚かれるでしょうか? 

 この回では、まず手始めに最も簡単にできて効果が実感しやすい「深呼吸瞑想」をご紹介したいと思います。

新型コロナウイルス感染症 最新情報はこちら
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.