日経Gooday TOP  > からだケア  > あの人のカラダマネジメント術  > 栄養摂取は1日7~8回! ラグビー日本代表の「疲労をとる食事法」  > 2ページ目

あの人のカラダマネジメント術

栄養摂取は1日7~8回! ラグビー日本代表の「疲労をとる食事法」

ラグビー日本代表S&Cコーチに聞く(3)

 高島三幸=ライター

W杯で最も印象に残ったシーン

日本代表選手が行ってきたさまざまなトレーニングとリカバリー(回復)に関するお話を伺いましたが、S&Cコーチとして今回のワールドカップで一番やりがいを感じられた点は?

太田 トレーニングやリカバリー、戦術、技術、メディカルなど、全てのプロセスが素晴らしいプレーにつながり、そして勝利につながるのだと心の底から実感した時が、一番うれしかったです。やってきたことは間違いなかったと思えました。

 初戦のロシア戦の時は、自国開催でオープニングゲームだし、負けられない相手でもあったので、さすがに選手たちは緊張した様子でした。でも、その一戦を勝利で乗り越えた後は、選手もスタッフも毎日次の試合に向けて、ハードな練習とリカバリー、そしてグラウンド内外での密なコミュニケーションを通じて準備し、試合当日は勝つ自信にあふれている状況でした。このプロセスに携われたことは本当に幸せです。

ラグビーワールドカップ2019のプールA第1戦日本代表vsロシア代表より(C)JRFU

 特にアイルランド戦で勝った時はそう思いましたし、技術、体力、戦術、チームワークで力を振り絞って勝利につなげたスコットランド戦の最後のディフェンスのシーンは、一番印象に残っていますね。

 選手たちもいろんなところで話していますが、日本チームは世界一のトレーニングをしたと思います。特に、「世界と比べて日本代表に最も足りないのは、フィジカルの強さ」というジェイミー・ジョセフヘッドコーチ(HD)の考えのもと1カ月余りに及んだ宮崎合宿は、1日4~5回練習を行い、全てがハードできつかった。晩ご飯を食べた後に、スクラムの練習をして、体が興奮して眠れなかった選手も多かったと思います。

2019年6月の宮崎合宿では、夜にスクラムの練習を行ったことも(C)JRFU

自分を追い込むことを重視し、リカバリーが十分にできない環境になったんですね。

太田 そうですね。ある種、精神的な強化も含めて、リカバリーが十分できない環境で、どう練習をやり続けられるかといったことが試された期間だったと思います。試合が重なってくると疲労が増し、その中でもベストパフォーマンスを発揮しなければいけない。そのためにもこのような合宿を設定して、きつくてしんどい中で自分が置かれている状況を把握し、必要なことは何かと選手自身が取捨選択をして乗り切ることが重要です。どんな状況であっても、何が起きても自分たちの最高のパフォーマンスを発揮できる準備をしなければいけないという考え方は、エディー・ジョーンズHDの時から変わっていません。

 ですから、ワールドカップが始まってからは、リカバリーに関しては指示することはないぐらい、選手自身がコンディションを調整してくれたので、私自身、仕事が大変だったという意識はないですね。そこまで自走できるようになった選手のことを本当にスゴイと思います。

太田さんの大会中の仕事は?

太田 大会中は、日々の練習の前後のサポートに力を入れていました。パフォーマンスプレップといったケガを防ぐための体の準備運動を取り入れ、ラグビーで大事な体幹周りと股関節の柔軟性を意識してストレッチします。

 体幹周りの柔軟性を高めるには、伸展動作や側屈動作、回旋による動作で体幹周りの筋肉の可動域を広げます。体幹周りと股関節、体幹周りと肩周りが連動して足がスムーズに前に出たり、肩がスムーズに動いたりするので、体幹周りが凝り固まっていると、しっかりと動けないし、股関節や肩関節に負担がかかります。また、股関節を柔軟にしておくと、腸腰筋(腰椎と大腿骨を結ぶ筋肉群)とふくらはぎをうまく使えて走りやすくなります。

 このように筋肉を柔軟にしてから、水が入ったアクアバッグを肩に担いで、体幹を使いながら片足でバランスを保つといったウオーミングアップも行います。

 さらに、素早く動くために、足を速く動かすなどのスピードリハーサルといったトレーニングを行うポジションもいます。また、練習で100%に近いスピードを急に出してケガをすると困るので、40mぐらいの距離を80~90%の力で走って神経を刺激しておくとケガのリスクが低下します。最初の10mをダッシュして後の30mはゆっくり流したり、最初はゆっくりスタートしてラスト10mで一気にスピードを上げたりする練習です。

 そうしたウオーミングアップも、最後は選手自身が自分に合ったものを選んで取り入れていました。エディーHDの時は、1分刻みでタイムスケジュールが決められた徹底管理のラグビーでした。ジョセフHDになって、その土台の上に、選手自身が考え判断する力が養われたように思います。

 グラウンドに立てば、誰も助けてくれません。自分たちで判断し、行動することができなくては勝てない。だから練習でも自分たちで判断できるようになることが重要であり、同じことは食事や睡眠、体のメンテナンスといったコンディショニングに関してもいえるのです。

(カメラマン 厚地健太郎)

太田千尋(おおた ちひろ)さん
ラグビー日本代表S&Cコーチ
太田千尋(おおた ちひろ)さん 少年時代は野球をし、大学3年生でインターンとしてラグビートップリーグのクボタスピアーズへ。体を直接ぶつけるコンタクトの激しさに魅了され、故障がつきものの競技にトレーナーの力を生かしたいとラグビーの道へ。地域のチームでプレー、コーチングの資格取得など勉強を続け、国際武道大学大学院生のときにクボタと契約。現在は慶応義塾大学のラグビー部S&Cディレクターを務め、2013年から日本代表の強化に携わる。

先頭へ

前へ

2/2 page

新型コロナウイルス感染症 最新情報はこちら
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.