日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > あの人のカラダマネジメント術  > ラグビー日本代表のコーチが明かす「疲れない体」の作り方
印刷

あの人のカラダマネジメント術

ラグビー日本代表のコーチが明かす「疲れない体」の作り方

ラグビー日本代表S&Cコーチに聞く(2)

 高島三幸=ライター

初の自国開催となったラグビーワールドカップ2019(W杯)で、8強入りを果たした日本代表選手たちの体力強化やリカバリー(回復)管理を務めたストレングス&コンディショニング(以下、S&C)コーチの太田千尋さん。今回は、デジタル機器を使ったコンディショニング方法や、体の回復力を高め、筋肉を成長させるために重要な睡眠の取り方などについて聞いた。

ラグビー日本代表選手の体力強化やリカバリー管理を務めたS&Cコーチの太田千尋さん

練習量や疲労度をデジタル管理

前回記事「ラグビー日本代表の快挙を支えた『体づくり』とは?」で、選手のコンディション管理をするために、GPS(全地球測位システム)などのデジタル機器を活用しているとおっしゃっていました。どのように活用されているのでしょうか。

太田 昔は、選手自身が体調や疲労度などを紙に書いて、それをトレーナーが見てチェックするというアナログ方式でした。私が2013年にアシスタントS&Cコーチとして日本代表チームに参加したときは、既にデジタル機器でコンディション管理をしていましたが、当時はこうしたデジタル機器を使って管理しているスポーツは珍しかったと思います。入力する選手もチェックするトレーナーも簡便にできることから、今はラグビー以外のスポーツでもデジタル化が進んでいると思います。

 私たちは、具体的には「ONE TAP SPORTS」および「VX Sport Wellness」というウェブブラウザを使っています。疲労度や睡眠時間、睡眠の質、上半身や下半身の筋肉の痛みなどを、個人のスマートフォンから選手の主観で入力します。操作は簡単で、ビジュアルアナログスケールというカーソルを左右に指で動かして、0~100の数値で自己評価するだけ。何かあればコメント欄に連絡事項を記入し、そうしたデータが僕らのところに飛んできます。

「ONE TAP SPORTS」の画面イメージ。このように自分のコンディションなどを選手が入力して送信する

 体調だけでなく主観的な練習強度や、練習の質と強度を掛け合わせたトレーニングロード(負荷)を定量的に示すことで、どの程度の負荷がかかるとどの程度選手が疲労度を感じるかを知ることができ、事前に練習強度の設計や疲労回復計画を立てることが可能です。また、負荷がかかりそうな練習が控えているときに選手の疲労度が高い場合は、メディカルトレーナーに体の状態を詳しく評価してもらい、練習量を減らすのか負荷のかけ方を変えるのかを検討します。基本的には完全に休ませるのではなく、何ができるかを探ることが重要です。

 具体的な流れは、起床後に選手に入力してもらい、40人の選手の朝の状態をトレーナーとコーチが共有し、練習のボリュームと体のケアの方法を考え、調整します。

 さらに練習や試合中にGPSや心拍数計を選手に装着してもらい、走行距離などのデータも判断材料に、選手の体を追い込みつつ、リカバリーも調整しています。強化の例で言えば、試合中の選手の運動強度をデータで取り、練習ではそれに対して10%、20%強度の高い状態で正しい判断やプレー、高い質の動きが実行できるよう挑戦させます。トレーニング負荷と疲労の評価は、ハイパフォーマンスを実現するためのこうした練習に必要不可欠な情報といえます。

運動強度というのは何でしょうか?

太田 一つは時間当たりのスピードです。例えば、試合なら1分当たり60~70mぐらいの移動距離になります。短いように思えますが、その間にタックルしたり、サポートしたり、スクラムを組んだりするので運動強度はとても高い。その60mという距離を100m、120mと伸ばしていき、その間、タックルやスクラムなどを入れる練習をすると、強度がさらに上がります。

 また、攻守の切り替えも多いラグビーでは、高強度の加速度(2.5メートル毎秒毎秒以上)での加速回数が多いかどうかも評価します。こうして強度を上げると心拍数も上がり、その状況の中で正確なスキル、正しい判断ができるように鍛えれば、試合中で苦しいときでも、さらに冷静な判断ができるわけです。日本代表は、試合の強度のプラス20%ほどの練習を目標にしていました。

1/2 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

  • 認知症のリスクを下げる食事のポイントは?

    近年の研究から、認知症リスクは生活習慣によって大きく変わることが分かってきた。中でも重要なのが食生活だ。米国の最新食事法をきちんと実践した人は、認知症の発症リスクが最大53%低かったという驚きの結果も出ている。では、具体的にどのような食生活にすればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、最新研究に基づいた「認知症を遠ざける食事」のポイントを紹介しよう。

  • 宴会で「尿酸値・血糖値・中性脂肪」を上げない賢い飲み方

    年末年始や年度の変わり目など、宴会が増える季節に、楽しくお酒を飲みながらふと頭をよぎるのが、「体重の増加」と「気になる検査値への影響」ではないだろうか。暴飲暴食が続くとさまざまな検査値に影響が及ぶ。今回は、働き盛りの世代に身近な「尿酸値」「血糖値」「中性脂肪」を上げないための、宴会での上手な飲み方・食べ方のコツをまとめた。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

人生100年時代プロジェクト

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.