日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > あの人のカラダマネジメント術  > ラグビー日本代表の快挙を支えた「体づくり」とは?
印刷

あの人のカラダマネジメント術

ラグビー日本代表の快挙を支えた「体づくり」とは?

ラグビー日本代表S&Cコーチに聞く(1)

 高島三幸=ライター

今年印象に残った出来事の一つとして、ラグビーワールドカップ2019での日本代表の初の8強入りという大快挙を挙げる方も多いのではないだろうか。それを支えた一人が、体力強化やリカバリー(回復)管理を務めたストレングス&コンディショニング(以下、S&C)コーチの太田千尋さんだ。太田さんへのインタビューの第1回では、日本が世界のベスト8に入るためにどのような体づくりをしてきたのかを聞いた。

ラグビーワールドカップ2019 日本大会準々決勝の対南アフリカ戦を終えて。左端のガッツポーズの男性が太田さん(C)JRFU

S&Cコーチの役割とは

2013年にはラグビー日本代表のアシスタントS&Cコーチとして体力強化を担当され、今年のラグビーワールドカップでは日本代表S&Cコーチとして、初の決勝トーナメント進出への立役者の一人となられました。まずは、S&Cコーチの役割について教えてください。

S&Cコーチの太田千尋さん

太田 主には、選手の「パフォーマンス向上」と「けがの予防」という2つの役割を担っています。ハードなトレーニングをすると体は当然疲れます。疲労を蓄積したままにすると、けがにつながったり、次のトレーニングに全力で取り組めなかったりする。我々は選手が試合本番はもちろん、日々のトレーニングでも最高のパフォーマンスが発揮できるように、トレーニングの指導と、睡眠や食事といったリカバリー(回復させるための)指導を行います。

 2017年からはS&Cコーチとしてサイモン・ジョーンズ氏が主にトレーニングを担当し、私はコンディショニングを担当しました。ヘッドコーチが達成したいラグビーのパフォーマンスを発揮できる体づくりとコンディションづくりを目指す方法を考えるのが、ミッションです。

ヘッドコーチが達成したい目標とは?

太田 例えば、2013年のヘッドコーチだったエディー・ジョーンズは、世界一のハードワークができるチームを作るという目標を掲げました。とはいえ、当時の日本は世界トップレベルのチームに勝ったことがなかったので、まずは個々を強くしなければいけない。

 当時のS&Cコーチスタッフのジョン・プライヤー氏、村上貴弘さん、新田博昭さんらと 筋肉をつけ体重を増やすというところからスタート。一対一でコンタクトしても負けない体の強さ、そして素早く動ける機動力やスピード、そのスピードを繰り返すことができる持久力を鍛えることで、一つずつ積み上げてきました。簡単にいうと、大きくて力があって、機敏に動けるスーパーアスリートを育てることを課せられたイメージです。

相手にタックルされても負けない体の強さが不可欠。写真は準々決勝 日本代表vs南アフリカ代表でのワンシーン(C)JRFU

筋肉をつけ体重を増やすにあたっての具体的な目標数値はあったのですか?

太田 2013年の時は、日本チームのフォワード(FW)の平均体重が、対戦相手の南アフリカより11kg軽かった。その差をゼロにするのは難しいですが、できる限り筋肉を増量して、強い体を作るのが最初の目標でした。

 実際に2015年に南アフリカと戦う時には、7kg差までになりました。単に体重を増やしたのでなく、アスリートとして一段レベルが上がったといえる力とスピードがついた状態になりました。

どうやって体を大きくしたのですか?

太田 筋肉を鍛えて体を大きくするために、ウエートトレーニングは1日2回実施し、食事は補食を含めて1日7~8回とります。食事をたくさんとるといっても、炭水化物をメインに摂取するのではなく、たんぱく質を意識して摂取するイメージです。そして睡眠もしっかりとる。夜の睡眠だけでなく、パワーナップという昼寝も計画的にとってもらいます。

 ラグビーの特徴は、ウエートトレーニングに加え、激しい実践的なトレーニングも行うかなりのハードワークということ。体に大変なダメージが残るので、食事や睡眠といったリカバリーもハードかつ緻密に取り組んでいかないと、強くて速い動きができる理想的な体になりません。また、激しいトレーニングはけがのリスクも高いので、けがの発生率を抑える目的もあります。

1/2 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 寝たきり予備軍「フレイル」を防ぐためにできること

    老化を防ぎ、健康寿命を延ばすためには、加齢により心身が衰えた状態である「フレイル」の予防が必要になる。フレイルは、健康な状態と要介護状態の中間に当たるが、これを避けるために特に重要なのが「筋肉量の維持」だ。筋肉量が減少すると、足腰が弱くなって寝たきりにつながるだけでなく、認知症や心疾患のリスクが上がることも分かってきた。筋肉量を維持し、フレイルを防ぐために何をすればよいだろうか。

  • 「ウォーキング」「ジョギング」 大きな健康効果を得るための小さなコツ

    ウォーキングやジョギングなどの「有酸素運動」には、「コロナ太り」の解消や、生活習慣病の予防、免疫力アップなどが期待できる。ただし、漫然と歩くだけでは運動効果は低いし、かといって本格的なジョギングは運動初心者にはハードルが高い。そこで運動効果の上がる歩き方と、初心者でもできる走り方のコツを紹介する。

  • 悩ましい「老眼」「飛蚊症」「ドライアイ」への対処法

    放っておいても失明につながる心配はないものの、日常生活に不便をもたらしたり、疲れや肩こりなどの体の不調を引き起こす、悩ましい目の症状。今回は、そうした「ちょっと困った目の症状」の代表例である「老眼」「飛蚊症」「ドライアイ」への対処法をまとめていく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.