日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > あの人のカラダマネジメント術  > 柔道・大野将平選手 五輪は100%でなくても勝つ準備
印刷

あの人のカラダマネジメント術

柔道・大野将平選手 五輪は100%でなくても勝つ準備

五輪柔道メダリストに聞く(3)

 高島三幸=ライター

東京五輪の柔道男子73kg級で見事に優勝。日本柔道で史上7人目、男子では4人目となる五輪2連覇の偉業を達成した大野将平選手。突然の五輪延期を、どう乗り越えて結果につなげたのか。前回記事(「柔道・大野将平選手 『悲観的に自分を見つめ』五輪連覇を達成」)に引き続きお話を伺った。

五輪で100%の力を出せるなんて考えていないという大野選手。その言葉の真意とは(写真=厚地健太郎)
五輪で100%の力を出せるなんて考えていないという大野選手。その言葉の真意とは(写真=厚地健太郎)

「勝つしかない」と覚悟を決めたある選択

五輪が延期したことで、体作りをどのように意識し、調整されたのでしょうか。

 1回目の緊急事態宣言が発令された2~3カ月は満足に稽古ができず、自主トレーニングの日々が続き、もちろん試合も合宿もなくなってしまいました。

 一方、日本がまだコロナ禍で落ち着いていない時期に、ワクチン接種が進んでいた欧州などでは試合が開催され、日本代表選手は海外の試合に出場するかしないかという選択を迫られました。でも私は出場しないことを選びました。コロナ禍で稽古ができなかった時期を取り戻すために、試合より稽古を優先した方がいいと考えたのです。

試合の感覚が失われるのでは、という心配もありますね。

 もちろん試合に出ることは大事です。でも、連覇を狙うには稽古をどれだけ今まで通りやれるか、どれだけ今まで以上にできるかが重要だと考えました。稽古あっての試合なので。

 また、リオデジャネイロ五輪後、大学院に進学して、1年半試合に出場せずとも五輪代表の切符をつかめた経験もあったので、ピークを合わせられる自信もありました。

 ただ、私の思いきった決断に対して、全日本柔道の監督やコーチはヒヤヒヤしたと思います。「試合に出た方がいいのでは」と周囲でもさまざまな議論があった中で、ある意味賭けのような「出場しない」という選択を自分でしたことで、代表としての責任を果たすべく「勝つしかない」という覚悟を決めた瞬間にもなったわけです。

稽古やトレーニングに時間を費やす中で、具体的にどのようなステップを踏んで体を作っていったのでしょうか。

 東京五輪だから特別なことをするのではなく、大きな試合から次の試合に向けての段階は、いつもほぼ同じです。例えば、大きな試合は年間3~4回ありますが、試合後は心身をリフレッシュさせるために、軽い運動はしつつも稽古は休みます。積極的な休養を取った後は、ランニングやウエートトレーニングなどで、柔道でケガをしないための体作りをひたすらします。ある程度体ができ上がってきたら、並行して柔道の基本である打ち込み(相手を投げるまでの過程の動作を繰り返す練習)を、稽古場の隅っこの方で毎日1000本程度、1カ月ほどひたすら繰り返します。打ち込みは地道な反復作業なので、正直面倒臭いです。金メダリストがやることではないかもしれません。でも私はこの反復練習を大切にしています。自分の感覚で体ができてきたなと思えたら、相手と組んでの乱取り稽古を始めます。

写真=@teppei
写真=@teppei

なぜ打ち込みの期間を大切にしているのですか。

 柔道は複雑な動きが多く、対戦相手と絡まって技を掛け合う競技なので、どれだけ注意してもけがに至ることは多分にあります。そうした状況にも耐え得る、土台というべき強い体を作るには大切だと考えています。

 また、天理大学の柔道の特徴は、正しく組んで正しく投げることで基本を大事にします。最近、美しい柔道ができる選手が少なくなってきましたが、自分の得意技で正しく組んで投げるためにも、打ち込み練習は一番重要な作業だと教わりました。

 そうして稽古で鍛錬して技を磨き、試合に向けてさらに体を作って調子を上げていく。その後に減量し、計量が終われば最終調整して試合に臨むのが一連の流れです。試合が終わったら休んで、またランニングとウエートトレーニングで体を作って、打ち込み、柔道の稽古をする。競技を続ける限り、これらを愚直に繰り返すだけだと考えています。

 もちろん次の試合まで1カ月しかないときは、それぞれのタームをぎゅっと短くしたり、試合後に長期間休んだら体作りの時間を長くしたりするなど、自分の感覚で臨機応変に調整してトレーニングしますが。

1/3 page

最後へ

次へ

日経グッデイ初割春割キャンペーン2022

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 放置すると命を脅かす「高血圧」 140未満でも油断禁物

    収縮期血圧(上の血圧)が基準値の140より低くても130以上であれば「高値血圧」と言い、生活改善が望まれる。そこで本記事では、なぜ血圧を下げる必要があるのかや、手軽で効果的な「血圧リセット術」について紹介する。今年こそ、高血圧を改善しよう。

  • 健康長寿の生命線! 放置は禁物 「腎臓」の異常値

    生命維持に欠かせないさまざまな機能を担っている腎臓は、よほど悪くならない限り悲鳴を上げない「沈黙の臓器」でもある。本記事では、大切な腎機能が失われる前に、異常値にどう対処すればいいか、腎臓を守るためにはどのような生活習慣に気を付けていけばいいかについて解説する。

  • 加齢で進む胃の不調 機能性ディスペプシアと逆流性食道炎の原因と対策

    加齢により胃の機能が衰えると、さまざまな不調が起きる。ピロリ菌の除菌が進んで胃がんや胃潰瘍が減ってきた今、胃の病気の主役は、胃もたれや胃痛の症状を招く「機能性ディスペプシア」と、胸やけやげっぷが起きる「逆流性食道炎」の2つに移行しつつある。なぜ機能性ディスペプシアと逆流性食道炎は起きるのか、どのような治療が必要なのか、セルフケアで改善・予防できるのか。このテーマ別特集では、胃の不調の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設 日経Gooday初割キャンペーン2022

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.