日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > あの人のカラダマネジメント術  > マラソン野口みずきさん 失業の中で育んだプロ意識  > 3ページ目
印刷

あの人のカラダマネジメント術

マラソン野口みずきさん 失業の中で育んだプロ意識

元五輪女子マラソンメダリストに聞く(1)

 高島三幸=ライター

2001年に開催された世界陸上選手権エドモントン大会の1万メートルの代表に選ばれ、世界での経験を積み、2002年に初マラソンの名古屋国際女子(現:名古屋ウィメンズ)マラソンで、2時間25分35秒を記録していきなり優勝されます。

 中国の昆明で順調に練習を積んで、渋井陽子選手の初マラソン記録(当時)だった2時間23分11秒を目標にしましたが、午後スタートだったので気温が上昇し、後半少しバテてしまい、目標には届きませんでした。翌年の大阪国際女子マラソンで2時間21分18秒で優勝し、当時の国内最高記録をマーク。同年の世界選手権パリ大会で銀メダルを獲得して、念願だったアテネ五輪の切符をつかむことができました。

切符をつかむには、私たちの想像を絶する練習量だと思うのですが、くじけそうになったことはないのでしょうか?

 もちろんありますよ! 思うように走れなかったり、練習で自分はよくやったと思ったのに、広瀬コーチは「まだまだだ!」と言ってきたり。いじけますよね。監督やコーチはなかなか褒めてくれなかったのですが、それは私の性格をよく理解しているからこそ。褒めて伸びるのではなく、反骨精神で伸びていくタイプなので。褒められるといい気になっちゃいますし(笑)。

 でも、あまりにも悔しい時や追い詰められた時は、監督やコーチの前ではぐっと堪えて、部屋で独りでシクシク泣いたり、わーって叫んだり、枕を壁にぶつけたり。人に見られないところで毒素を吐き出してモヤモヤを落ち着かせ、気持ちをコントロールしていました。一晩寝て朝起きたらケロッとしてスッキリしています。引きずっていても仕方がないし、モヤモヤしていたらいい走りはできません。次の日は新しい練習メニューに立ち向かわなければいけないので。

五輪で金メダルを獲得するために大切なこと

夢の大舞台の切符をつかみ、プレッシャーや緊張はなかったですか?

 アテネ五輪の時は、計画通りにトレーニングが積めて早く走りたい気持ちが大きく、そんなにプレッシャーは感じてなかったです。でも、直前で風邪を引いて喉を痛めちゃって(苦笑)。

 当初、内臓疲労などから直前で練習が積めないことが一番怖かったので、食事や気温には十分気をつけていました。ギリシャ・アテネは暑いので、涼しいスイス・サンモリッツで1位でゴールテープを切るイメージでトレーニングを積み、急激な気温の変化を避けるべく、アテネに入る1週間前にいったんドイツのフランクフルトで事前合宿をしたんです。すると予想に反して冷夏で寒く、体調を崩しました。

 アテネに入るとやっぱり暑くて。極め付きはレースの前日、予定していた練習場所が工事のせいで急に変更になり、着替えを持ってきてなかったので汗をかいたまま移動することに。藤田監督に「アホー! 着替えを忘れたんか!」と怒られました。でもそこで怒られたおかげで、ある程度緊張はあったと思うのですが、「もう、やるしかない」と開き直れました。

ベストコンディションではない中で、きちんと結果を出すのがすごいと思うのですが、大舞台で結果を出せる人とそうでない人の違いはなんだと思いますか?

 今までやってきたトレーニングに自信があるかどうかが大きいのではないでしょうか。不安材料があれば、その不安が足かせになることもあると思います。アテネ五輪のスタート地点に立ったとき、「私はこの中の誰よりも練習してきた」という揺るぎない自信がありました。1人で走る練習は本当に自分との戦いだから、練習の方がレースよりきついんです。練習は120%で、レースは100%ぐらいの感覚でしょうか。1日最高65km、月間1370km走ったことがありましたが、練習で追い込んで築き上げたものが自信になり、レースに臨むときの余裕になる。だから金メダルを獲得できたのかなとも思います。

第2回に続く)

(写真 水野浩志)

◆元五輪女子マラソンメダリストに聞く

第1回

マラソン野口みずきさん 失業の中で育んだプロ意識

第2回

五輪金・野口みずきさん 燃え尽き症候群と無縁の理由

第3回

「足が壊れるまで」を貫いた マラソン野口みずきさん

野口みずき(のぐち みずき)さん
アテネ五輪女子マラソン金メダリスト
野口みずき(のぐち みずき)さん 1978年三重県生まれ。宇治山田商業高校からワコールの実業団へ。グローバリーを経てシスメックスに移籍。ハーフマラソンで頭角を現し、世界ハーフマラソン選手権で銀メダルを獲得。2002年マラソン初挑戦の名古屋国際女子マラソンで初優勝、03年の世界陸上選手権で銀メダル、04年アテネ五輪では金メダルを獲得。05年のベルリンマラソンで2時間19分12秒の日本新記録を樹立。16年の名古屋ウィメンズマラソンを最後に引退。現在は、岩谷産業陸上部でアドバイザーを務める。

先頭へ

前へ

3/3 page

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 変形性膝関節症のつらい痛みを改善する運動とは?

    年を取ると多くの人が感じる「膝の痛み」。その原因で最もよくあるケースが「変形性膝関節症」だ。膝が痛いと外出がおっくうになり、体を動かす機会が減るため、そのまま何もしないとますます足腰が衰えてしまう。だが実は、変形性膝関節症の痛みをとり、関節の動きを改善するために有効なのが、膝への負担を抑えた「運動」なのだ。ここでは、膝の痛みが起きる仕組みから、改善するための運動のやり方までをまとめよう。

  • 始めよう筋トレ 最低限やりたいエクササイズと食生活のポイント

    筋トレはできるだけ若いうちに始めることに大きなメリットがあるといわれる。それはなぜなのか。また、どんな筋肉をどのように鍛えるのが効果的なのか。高齢になってもしっかりした足腰でいるために今のうちから最低限やっておきたい筋肉エクササイズ、食生活の注意点などを知り、今年こそ「筋トレ習慣」を身に付けよう。

  • 第3波を乗り切るためのコロナ対策

    新型コロナウイルスの新規感染者が再び急増し、日本は今、流行の第3波を迎えている。今後さらに気温と湿度が下がると、ウイルスの生存により適した条件が整うようになる。これ以上の流行拡大を防ぐためには、1人1人が感染予防策を改めて見直し、感染リスクの高い行動を避けて生活することが不可欠だ。第3波を乗り切るためのコロナ対策を、もう一度まとめた。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.