日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > あの人のカラダマネジメント術  > 朝原宣治さん 年齢に負けず、疲れにくい体をつくる方法とは?
印刷

あの人のカラダマネジメント術

朝原宣治さん 年齢に負けず、疲れにくい体をつくる方法とは?

元陸上五輪メダリストに聞く(3)

 高島三幸=ライター

36歳で陸上競技4×100mリレーで五輪メダリストとなり、46歳で世界マスターズ陸上競技4×100mリレーで金メダルを獲得した朝原宣治さんに、年齢に負けずに、疲れにくい体をつくるリカバリー方法、手軽に体幹を鍛えられるトレーニング法について伺った。

現役の頃から「体を元に戻す」ことを重視してきたという朝原さん。具体的にどんなことをしてきたのだろう。

その日の疲れ、その日のうちに

現役中、トップアスリートのなかでは高齢の選手として、世界の第一線で活躍されたり、現在も世界マスターズ陸上にチャレンジして結果を出されていたりする朝原さんですが、ご自身の経験から、体力を回復させるためのコツがあれば教えてください。

 最も意識しているのは、「その日のうちに疲れをなるべく取る」ということです。つまり、疲れを放置しておくとどんどんたまっていって、それを取り除くのは時間がかかる。だからその日のうちに、できる限り「体を元に戻す」ようにしています。

 回復力を高めるには、やはり睡眠が一番大事だと思っていて、質のいい睡眠を取るために、早めに寝るように意識してきました。現役中は、22時には布団に入って寝ていたときもありましたね。睡眠時間は約7時間ぐらいでした。

 入浴も疲れを取る一つの方法です。僕の場合、汗をかくまで湯船につかることを意識していました。温度はさほど気にしていませんでしたが、ぬるま湯であれば汗が出るまで長めにつかり、少し熱めのお湯であれば、のぼせない程度に、お風呂を上がった後に汗がじわっと流れるくらいを目安にしています。

 そして、お風呂上がりにストレッチポールを使って体を伸ばしたり、筋肉が張っているところを意識してほぐしたりしています。練習した日はもちろんですが、1日飛行機に乗っていたという移動だけで終わるときも、必ず体をほぐしてから布団に入っています。寝る前に必ず体を整えるというイメージでしょうか。

食事で気をつけていることは?

 若い頃は、どんなに疲れていても、肉など多めのたんぱく質と炭水化物さえ摂取していれば、元気になるという感覚でしたが、加齢とともに、また激しいトレーニングを行う合宿中などは、内臓が疲れて胃もたれすることが多くなりました。ですから、ある程度の年齢になってからは、 夜ご飯は鍋料理にして野菜をたくさん摂取することが多かったです。鍋の種類は、豚肉や鱈などの魚を入れた鍋、チゲ鍋などさまざま。鍋だと肉や魚だけでなく、野菜もたっぷりとれてバランスのいい食生活を送れるので、冬だけでなく夏場でも食べていましたね。

 今は、トレーニングした日はおなかがすくのでしっかり食べますが、やはり加齢で昔に比べて胃もたれしやすくなっているので、そんなときは、腹八分に抑えるようにしています。

食べる順番や時間帯などのこだわりは?

 食べる順番のこだわりとしては、トレーニングの前後におにぎりなどを食べて、炭水化物をしっかりとります。その後に、ゆで卵や肉などのたんぱく質を摂取します。炭水化物を摂取してインスリンが出ている間にたんぱく質を摂取すると、栄養素を取り込みやすく、筋肉や毛細血管などがリカバリーされやすいとされているからです。

 ちなみに、ウエートトレーニング後にプロテインを飲む人もいますが、飲み過ぎると腎臓に負担がかかる恐れがあると聞き、僕はあまり利用していませんでした。風邪を引いたときにビタミンCぐらいは摂取しましたが、サプリメントに頼ることも、あまりしていませんでしたね。できるだけ、口に入れるものは、自然のものにしたいと思っていたので。

「気持ちいい」「気持ち悪い」といった感覚を重視

お話を伺っていると、現役の頃から、体を元に戻すということを重視されているんですね。

1/2 page

最後へ

次へ

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 肩の痛みから高血圧まで、「姿勢の崩れ」は様々な不調の原因に

    「姿勢」が、肩こりや腰痛の原因になることを知っている人は多いだろうが、足の痛みや高血圧、誤嚥性肺炎まで、全身の様々な不調・疾患の原因になることをご存じの方は少ないかもしれない。これまでに掲載した人気記事から、姿勢と様々な病気・不調との関係について知っておきたいことをコンパクトにまとめた。

  • あなたも「隠れ心房細動」?! 高齢化で急増する危険な不整脈

    脈の速さやリズムが乱れる「不整脈」。その一種である「心房細動」は、高齢化に伴い患者数が増加しており、潜在患者も含めると100万人を超えると言われている。心房細動の怖いところは、放置すると脳梗塞などの命に関わる病気を引き起こす可能性があることだ。本記事では、心房細動の症状や早期発見のコツ、治療のポイントなどをコンパクトにまとめた。

  • 変形性膝関節症のつらい痛みを改善する運動とは?

    年を取ると多くの人が感じる「膝の痛み」。その原因で最もよくあるケースが「変形性膝関節症」だ。膝が痛いと外出がおっくうになり、体を動かす機会が減るため、そのまま何もしないとますます足腰が衰えてしまう。だが実は、変形性膝関節症の痛みをとり、関節の動きを改善するために有効なのが、膝への負担を抑えた「運動」なのだ。ここでは、膝の痛みが起きる仕組みから、改善するための運動のやり方までをまとめよう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設 日経Gooday春割キャンペーン

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.