日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > あの人のカラダマネジメント術  > 星出彰彦さんに聞く 宇宙飛行士に求められる資質・体力  > 2ページ
印刷

あの人のカラダマネジメント術

星出彰彦さんに聞く 宇宙飛行士に求められる資質・体力

現役宇宙飛行士に聞く(1)

  高島三幸=ライター

 もう一つ、宇宙遊泳ができる筋力や体力をつけることが求められます。宇宙遊泳と聞くと気持ちよさそうな姿を思い浮かべる方が多いかもしれません。宇宙自体は重力がないので動きやすいですが、宇宙遊泳用の宇宙服を着ると非常に動きにくくなります。宇宙服の中は0.3気圧、つまり普段我々が過ごしている地球環境に対して約3分の1の圧力しかありませんが、外は真空なので、宇宙服は膨らんだ風船のようなパンパンな状態になります。そのような状態で腕を曲げたりモノをつかんだりという動作を6時間近くずっと続けるのは体力的に非常にきついので、それに耐えられる筋力と持久力を鍛える必要があります。

 宇宙遊泳の訓練では、本物の宇宙服と同じように作られた訓練用の宇宙服を着て、大きなプールに入ります。水の浮力を利用した模擬の無重力環境における約6時間に及ぶ訓練は、ヘトヘトになるぐらいとてもしんどいです。

船外活動訓練を行う星出さん/撮影日:2012年1月12日(C)JAXA/NASA
[画像のクリックで拡大表示]

ジムでは、どれぐらいトレーニングされているのでしょうか。

 人によってまちまちですが、僕の場合はジムでエクササイズ用の自転車をこいだり、ジョギングをしたり、筋トレをしたりしています。ジムに通う頻度は実はそんなに多くありません。本当は週2日は通いたいのですが、忙しくて週1日、2時間程度になることもあります。

 僕自身、大学時代にラグビーで鍛えていて体力には少しは自信がありましたが、欧米人に比べると体も小さく、筋力や体力は劣るので、鍛えなければいけません。同じレベルには鍛えられませんが、宇宙での仕事に支障が出ない程度には鍛える必要があります。

 ちなみに、宇宙飛行士はなんらかのトラブルで緊急帰還しなければいけない場合、海に着水することもあるので、泳げなければいけません。中・高では水泳部だったので泳ぎは得意でしたが、持久力をつけるためにも、ときどきプールで泳いだりもします。

宇宙飛行士はスーパーマンでなくてもいい

健康や体力はもちろん、精神面も宇宙飛行士に求められるものですよね。

今はチームワークを意識することが、宇宙飛行士に求められる資質の一つ(写真 厚地健太郎)

 もちろん、気持ちを平穏に保つことは大事になります。求められるものという意味では、時代とともに変わっていったと思います。

 例えば、ユーリ・ガガーリン宇宙飛行士(1961年に世界初の有人宇宙飛行としてボストーク1号に単身搭乗)の時代は、宇宙船のなかでは1人で何もかもやらなくてはいけませんでした。宇宙も今よりもずっと未知の世界だったので、どんなことが起きても平常心を保ち、どんな不安や困難も乗り越える精神力や体力、スキルが求められたでしょう。いわゆるスーパーマンのような精神力や体力のある人が、宇宙で活動できたように思います。

 その後、スペースシャトルなどで複数の宇宙飛行士がチームで飛行するようになり、一人の宇宙飛行士頼みではなく、チームワークを重視した考え方・取り組みにシフトしていきました。担当を分けてチームを組み、いろいろな作業に臨む形です。さらに、国際宇宙ステーションの時代になると、米国、ロシア、欧州、カナダ、日本の宇宙飛行士が参加するので、国を超えた協調性が必要になってきました。

 もちろんスーパーマンのような宇宙飛行士もいますが、僕自身はそんなタイプではありません。JAXAの職員から宇宙飛行士になったこともあり、開発や運用のチームを見る機会があったので、チーム全体の中での自分の役割を常に考えながら取り組む意識があるように思います。チームの中でどう貢献できるかを考えることは、宇宙飛行士に求められる資質の一つです。

星出さんご自身がチームワークの重要性を意識されるようになったきっかけは何ですか?

 僕は、宇宙飛行士として地上で勤務しているときは、訓練と並行してNASAのミッションコントロールセンターの管制官の1人として、宇宙で活動する宇宙飛行士と交信する役割を担ってきました。管制チームの一員として宇宙飛行士を地球からサポートする役割を経験したことにより、宇宙飛行士は1人では宇宙に行くことすらできないし、大勢のスタッフによる24時間365日のサポートがあってこそ活動できるものだという視点が強くなったのだと思います。

 だから宇宙飛行士の仲間だけでなく、地球にいるスタッフも含めた大きなチームがあり、そのチーム全体を見て良い方向に進むために、自分は何をすべきかという意識ができたのだと思います。そうした経験がないまま宇宙飛行士になっていたら、今のようにチームワークを重視する考えには至らなかったかもしれません。

 このチームワークという考え方は、宇宙に飛び立つとき、そして宇宙で過ごすうえでの「メンタル面の安定」という意味で、十分な支えになりました。

次回に続く)

◆現役宇宙飛行士に聞く

第1回 星出彰彦さんに聞く 宇宙飛行士に求められる資質・体力
第2回 星出彰彦さん 宇宙滞在時のストレス解消法は?
第3回 星出彰彦さんに聞く 無重力空間での筋トレのやり方
星出彰彦(ほしで あきひこ)さん
宇宙飛行士
星出彰彦(ほしで あきひこ)さん 1968年東京都生まれ。慶應義塾大学理工学部機械工学科卒業、ヒューストン大学航空宇宙工学修士課程修了。92年宇宙開発事業団(現JAXA)に入社。H2ロケットなどの開発・監督、宇宙飛行士の技術支援などを経て、99年日本人宇宙飛行士に選抜。08年スペースシャトル「ディスカバリー号」に搭乗し、「きぼう」船内実験室の国際宇宙ステーション(ISS)取り付け作業に参加。12年ISS第32次/第33次長期滞在クルーとしてISSに約4カ月滞在。2020年には約半年間、再びISSに滞在し、期間中には船長も務める予定。

先頭へ

前へ

2/2 page

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

  • 認知症のリスクを下げる食事のポイントは?

    近年の研究から、認知症リスクは生活習慣によって大きく変わることが分かってきた。中でも重要なのが食生活だ。米国の最新食事法をきちんと実践した人は、認知症の発症リスクが最大53%低かったという驚きの結果も出ている。では、具体的にどのような食生活にすればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、最新研究に基づいた「認知症を遠ざける食事」のポイントを紹介しよう。

  • 宴会で「尿酸値・血糖値・中性脂肪」を上げない賢い飲み方

    年末年始や年度の変わり目など、宴会が増える季節に、楽しくお酒を飲みながらふと頭をよぎるのが、「体重の増加」と「気になる検査値への影響」ではないだろうか。暴飲暴食が続くとさまざまな検査値に影響が及ぶ。今回は、働き盛りの世代に身近な「尿酸値」「血糖値」「中性脂肪」を上げないための、宴会での上手な飲み方・食べ方のコツをまとめた。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

人生100年時代プロジェクト

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.