日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > あの人のカラダマネジメント術  > 朝原宣治さん モチベーションと集中力を維持する秘訣
印刷

あの人のカラダマネジメント術

朝原宣治さん モチベーションと集中力を維持する秘訣

元陸上五輪メダリストに聞く(2)

 高島三幸=ライター

かつて、アスリートとしては高齢の36歳でオリンピックに出場し、4×100mリレーで男子トラック種目初のメダルを獲得した朝原宣治さん。そんな朝原さんに自身の「体と心のマネジメント法」について聞いた。今回はモチベーションと集中力を維持する秘訣についてだ。

36歳でオリンピックに出場し、男子トラック種目初のメダルを獲得した朝原宣治さん

朝原さんといえば、2008年、36歳というアスリートとしては高齢で、北京オリンピック4×100mのメダルを獲得されたことが話題となりました。あらためて振り返ってみて、参考になるような高齢選手のケーススタディがない中、気力やパフォーマンスを大きく落とすことなく、世界の第一線で活躍し続けられた理由は何だと思われますか?

 僕は30代になるまで、いろんなことを試しながら競技生活を送っていたんです。例えば冬季トレーニングは、スピードを落として走り込みを行い、春先にスピードを上げてシーズンに臨むといった、多くの陸上選手がやるような正統派のアプローチはもちろん行いましたが、冬場に室内大会に出場しながらスピードを全く落とすことなく、シーズンを迎えた年もあります。

 ウエートトレーニングのやり方も毎年変えていました。ドイツに留学してドイツ流のトレーニングに励んだ年もあれば、米国で全く違う理論によるトレーニングを試した年もあります。その後はドイツ流と米国流をミックスさせたトレーニングを考えたりして…。現役時代、同じような冬季トレーニングをしたという記憶がないのです。

 だから30歳を超え、加齢による体力などの衰えから、練習方法を量から質に変えるといった必要性にかられても、気持ち的に全く違和感なく取り組めました。つまり、成功体験に頼らないトレーニング方法をずっとしてきたんです。

飽きないようにトレーニングのアプローチを変える

いい結果が出ると、成功体験に頼りたくなりがちですが。

 僕は同じトレーニングをやるのが嫌なんです。同じことを繰り返すと飽きるから。飽きることは、モチベーションや集中力を低下させます。それは仕事でも同じでしょ? だから、シーズンが終われば結果に関係なく、今年の冬季練習はどんなアプローチにして、どんなふうに来シーズンを迎えようかと考えていました。今シーズンはこんなふうに走っていたので、フォームをこう改善して、練習はこうしようと、自分なりの課題やテーマを持って、新しいことに取り組むのはワクワクしましたね。

 27歳の時にくるぶしを骨折して長期休養に入り、一度トレーニング方法やフォームなどをリセットして、ゼロから構築し直している時期があります。リハビリから始めて再び第一線の舞台で走れるようになったのも、大きな自信につながりました。それも、過去の経験にしがみつかなくても平気な理由の一つかもしれません。

 現役生活終盤は、当時JISS(国立スポーツ科学センター)で動作のデータ計測・分析をしてくださっていた松尾彰文先生(現在は鹿屋体育大学非常勤研究員)にサポートしてもらい、データの中の一番良い数値と自身の動きの感覚をすり合わせながら、先生とディスカッションを重ねて理想のフォームを追求していました。仮説を立てて試合の結果から検証する。結果が良くても悪くても仮説と大幅に違うのは気持ち悪くて、なぜこうなったのかをよく考えていましたね。

1/2 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

  • 認知症のリスクを下げる食事のポイントは?

    近年の研究から、認知症リスクは生活習慣によって大きく変わることが分かってきた。中でも重要なのが食生活だ。米国の最新食事法をきちんと実践した人は、認知症の発症リスクが最大53%低かったという驚きの結果も出ている。では、具体的にどのような食生活にすればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、最新研究に基づいた「認知症を遠ざける食事」のポイントを紹介しよう。

  • 宴会で「尿酸値・血糖値・中性脂肪」を上げない賢い飲み方

    年末年始や年度の変わり目など、宴会が増える季節に、楽しくお酒を飲みながらふと頭をよぎるのが、「体重の増加」と「気になる検査値への影響」ではないだろうか。暴飲暴食が続くとさまざまな検査値に影響が及ぶ。今回は、働き盛りの世代に身近な「尿酸値」「血糖値」「中性脂肪」を上げないための、宴会での上手な飲み方・食べ方のコツをまとめた。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

人生100年時代プロジェクト

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.