日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > あの人のカラダマネジメント術  > 卓球、平野早矢香さん プレー以外の8割の時間で勝つ
印刷

あの人のカラダマネジメント術

卓球、平野早矢香さん プレー以外の8割の時間で勝つ

元五輪卓球メダリストに聞く(2)

 高島三幸=ライター

ロンドン五輪卓球女子団体で銀メダルを獲得し、引退後はスポーツキャスターや朝のニュース番組のコメンテーターとして活躍中の平野早矢香さん。第2回は、5度の日本一に輝き五輪でメダルを獲得できた理由や、現役引退を決意した経緯などを聞いた。

平野さんは全日本卓球選手権で3連覇を含む5度の優勝を果たすが、達成できた要因は何なのか

2003年の18歳のときに、念願の全日本卓球選手権のシングルで初優勝され、そこから3連覇を果たされます。追いかけられるプレッシャーもあったと思うのですが。

 幼い頃からずっとトップに立てなかった選手だったので、全日本で1位になればみんなが褒めてくれて、「人生バラ色」といった景色が見えるのだろうと想像していました。でも、現実は違いました。「こんなにレベルの低い全日本選手権の決勝戦は初めてだ」「今回の優勝はまぐれだろう」「日本で勝てても世界では勝てない」などと周囲の声や評価が耳に入ってきて、悔しかったですね。もう1回勝たなければ、あるいは世界で勝たなければ認めてもらえないんだなと思いましたし、上に立てば立つほど、今まで以上のプレッシャーやいろんなものを背負うのだと感じました。

 私が尊敬する元メジャーリーガー選手のイチローさんも、想像を絶するプレッシャーや苦悩を抱えていらっしゃったんだろうなと思います。当事者の立場に立たないと、人の本当の気持ちなんて分からない。そんなことも考えながら人と接していかなければいけないなとも思いましたね。

プレーしていない80%の時間で、表情やしぐさを観察

3連覇を含む5度の優勝を果たしますが、達成できた要因は?

 色々ありますが、一つ私が意識していたこととして「表情やしぐさから相手の心を読むこと」が挙げられます。当時の卓球の試合では、実際にプレーをしているのは全体の19%だというデータがあります。つまり残りの約80%の時間は、ボールを拾いに行ったり、ベンチでコーチと話したりする時間。

 そんな80%の時間で、私は相手の選手の目や表情、しぐさを観察しました。目がキョロキョロしていたり、コーチがいるベンチをちらちら振り返って見ていたりすると、不安がっていたり動揺している可能性が高い。そのときに一気に畳み掛けるような攻撃をしたり、次の作戦を決めたりしていました。逆に言えば、大切なゲーム中、自分の心の変化を表情に出さないように意識すれば、相手に悟られることもありません。かなり細かいことですが、こういったことも勝敗に大きく影響すると私は考えています。

2008年に初の五輪(北京)に出場されましたが、かなり緊張したとか。

 今振り返ると、北京五輪の前から精神的に追い詰められていましたね。実際に団体と個人種目で五輪の舞台に立つと興奮しましたし、世界選手権よりも周囲やメディアから注目されたので、日本を背負っている責任をより感じました。団体の初戦の第1ゲームでサーブを打つときに手の震えが止まらないぐらい、想像以上の緊張とプレッシャーがありましたし、五輪独特の雰囲気にのまれて、平常心を失っていたとも思います。自分の力はある程度出し切ったものの、結果的に団体で韓国との3位決定戦で敗れ、大舞台でメダルをつかむための技術もメンタルも足りないんだなと痛感しました。

 そんな悔しさがあったからこそ、2012年に開催されるロンドン五輪は、絶対にメダルを獲得したいという気持ちになりました。

1/2 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 第3波を乗り切るためのコロナ対策NEW

    新型コロナウイルスの新規感染者が再び急増し、日本は今、流行の第3波を迎えている。今後さらに気温と湿度が下がると、ウイルスの生存により適した条件が整うようになる。これ以上の流行拡大を防ぐためには、1人1人が感染予防策を改めて見直し、感染リスクの高い行動を避けて生活することが不可欠だ。第3波を乗り切るためのコロナ対策を、もう一度まとめた。

  • 寝たきり予備軍「フレイル」を防ぐためにできること

    老化を防ぎ、健康寿命を延ばすためには、加齢により心身が衰えた状態である「フレイル」の予防が必要になる。フレイルは、健康な状態と要介護状態の中間に当たるが、これを避けるために特に重要なのが「筋肉量の維持」だ。筋肉量が減少すると、足腰が弱くなって寝たきりにつながるだけでなく、認知症や心疾患のリスクが上がることも分かってきた。筋肉量を維持し、フレイルを防ぐために何をすればよいだろうか。

  • 「ウォーキング」「ジョギング」 大きな健康効果を得るための小さなコツ

    ウォーキングやジョギングなどの「有酸素運動」には、「コロナ太り」の解消や、生活習慣病の予防、免疫力アップなどが期待できる。ただし、漫然と歩くだけでは運動効果は低いし、かといって本格的なジョギングは運動初心者にはハードルが高い。そこで運動効果の上がる歩き方と、初心者でもできる走り方のコツを紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.