日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > あの人のカラダマネジメント術  > 卓球、平野早矢香さん 伝説の雀士に学んだ直感力  > 2ページ目
印刷

あの人のカラダマネジメント術

卓球、平野早矢香さん 伝説の雀士に学んだ直感力

元五輪卓球メダリストに聞く(1)

 高島三幸=ライター

スランプにも原因が必ずある

 ちなみに、スランプという言葉がありますが、結果が出ないことをスランプという一言で片付けてしまうのは、目の前の問題から逃げるようで、私は好きではありません。

 私もスランプに陥ったことはあります。北京五輪後の2008年のルール改正で、ラケットにラバーを貼るスピードグルー接着剤(ボールのスピンと性能が高まる有機溶剤)の使用が禁止になり、「一発で打ち抜ける強打を身につけたい」という一心からラケットやラバー、練習内容もガラリと変えました。すると、練習でボールが台に入らず、それまで勝てていた選手に勝てなくなるなど、自分の卓球がグチャグチャになってしまったのです。原因は、北京五輪でメダルに届かなかった悔しさから、全てをいっぺんに変えてしまったことにありました。いったん落ち着いて、コーチのサポートを得ながら元のプレースタイルに戻し、そこから新たな課題に取り組むことで、少しずつ調子を取り戻すことができました。

 やはり、結果が悪ければ必ず原因がある。現状を見つめ直し、焦らず落ち着いて、原因を探ることが大事。時間がかかったとしても、スランプを抜け出す可能性は高まると思います。

伝説の雀士に素振りを見てもらう

競泳の北島康介さんのコーチを務めた平井伯昌さんや、伝説の雀士・桜井章一さんにも会いにいったという

平野さんは読書家でいらっしゃって、経営本から卓球で強くなるためのヒントを見つけたり、卓球とは関係ない分野からも貪欲に学ばれたりしていましたよね。

 通常のメンタル本などを一通り読んだり、メンタルトレーナーと呼ばれる方の話を聞きにいったりしました。とにかく卓球の役に立つのならと、卓球の世界にこだわらず自分が興味を示し、知りたいと思ったことは積極的に調べて追求して、会いたいと思った人にはためらわずに会いにいきました。

 卓球に役立つと思って古武術の動きを習ったり、北島康介さんや萩野公介選手に金メダルを取らせた競泳の平井伯昌コーチに話を聞いたり、「20年間無敗」を誇る伝説の雀士・桜井章一さんの思考も学びにいったりもしました。

 桜井さんに会いにいったのは、北京五輪前の23歳のとき。彼の著書を読んで、感動したのです。勝負に対する心構えや視点が、あまりにも一般論とかけ離れていて、なんて面白い思考の持ち主だと新鮮に感じました。麻雀(マージャン)の心理戦が卓球にも役立つかもという気持ちもありましたが、純粋に桜井さんの考え方や生き方に触れたい、彼から見た私はどんなふうに映るのかを直接聞きたくて、「これから人生最大の大勝負が待っています。勝負に対する心構えを教えてください」と手紙を送り、東京都町田市にある雀荘に向かいました。麻雀はまだ一回も打ったことがなく、ルールも知りません。もちろん、雀荘にも行ったことがなかったので、ドアを開けた時の異様な雰囲気に一瞬たじろいだことを覚えています(笑)。

 桜井さんは会うなり、「素振りしてみて」とおっしゃいました。ラケットを持ってきていたので、バッグから取り出してその場で素振りをすると、「平野さん、あなた左手がうまく使えてないね」と言われました。卓球ではラケットを持たない手をフリーハンドと言いますが、確かにフリーハンドはボールを打ったり、動きの中で体のバランスを維持したりするために重要な部分。いきなり左手をうまく使えばいいという、専門家でもない人からの鋭い指摘にただ驚き、ああやっぱり面白いな、桜井さんの話をもっと聞きたいなと思いました。

そのほかに、桜井さんから言われて心に残っていることは?

 「早矢香ちゃんはすごく考えて試合をしているけど、大事なのは、考えることよりも流れを感じてつかむことなんだよね」と言われて。当然流れは目に見えないもので、理解して実行するのはすごく難しい。でも、肌で感じることが大切で、言葉で表すと「直感」とか「ゾーンに入る」がイメージに近いと思います。私も何度かゾーンに入ったことがあります。言葉にするのは難しいですが、台がいつもより小さく見えて俯瞰(ふかん)している感覚になったり、ボールが来るところにすでに自分が立っている感覚になったりしました。どうすればゾーンに入るのか、分かりませんでしたが、桜井さんが話された「流れをつかむ」とすごく通じることがあって、そうした目に見えない「感じること」を大事にしました。

 理論派の私は、直感やひらめきが足りないタイプだと思っていました。でも振り返ると、体の動かし方はもちろん、人間関係や人生の大きな選択などは、直感や違和感で判断してきたように思います。直感って天から降ってくるイメージですよね。でも私の場合、心のよりどころであり、自分を信じる根拠であった、人よりも多い練習量や経験の積み重ねで、直感も磨かれたような気がしています。

第2回に続く)

(写真 厚地健太郎)

◆元五輪卓球メダリストに聞く

第1回 卓球、平野早矢香さん 伝説の雀士に学んだ直感力
第2回 卓球、平野早矢香さん プレー以外の8割の時間で勝つ
第3回 卓球、平野早矢香さん 体調維持のコツは「喉を守る」
平野早矢香(ひらの さやか)さん
ロンドン五輪卓球女子団体銀メダリスト
平野早矢香(ひらの さやか)さん 1985年栃木県生まれ。5歳で卓球を始め、中学から宮城・仙台へ卓球留学。高校卒業後、ミキハウスに入社し、18歳で全日本卓球選手権・女子シングル初優勝。その後、3連覇を達成し、通算5度の日本一に輝く。2008年北京五輪団体戦4位、2012年ロンドン五輪団体戦で銀メダルを獲得。現在はスポーツの解説、講演会など活動の幅を広げている。著書に『卓球メンタル強化メソッド』(実業之日本社)など。

先頭へ

前へ

2/2 page

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 痛風だけじゃない!「高すぎる尿酸値」のリスク

    尿酸値と関係する病気といえば「痛風」を思い浮かべる人が多いだろう。だが、近年の研究から、尿酸値の高い状態が続くことは、痛風だけでなく、様々な疾患の原因となることが明らかになってきた。尿酸値が高くても何の自覚症状もないため放置している人が多いが、放置は厳禁だ。本記事では、最新研究から見えてきた「高尿酸血症を放置するリスク」と、すぐに実践したい尿酸対策をまとめる。

  • 早期発見、早期治療で治す「大腸がん」 適切な検査の受け方は?

    日本人のがんの中で、いまや罹患率1位となっている「大腸がん」。年間5万人以上が亡くなり、死亡率も肺がんに次いで高い。だがこのがんは、早期発見すれば治りやすいという特徴も持つ。本記事では、大腸がんの特徴や、早期発見のための検査の受け方、かかるリスクを下げる日常生活の心得などをまとめていく。

  • 放置は厳禁! 「脂肪肝」解消のコツ

    人間ドック受診者の3割以上が肝機能障害を指摘されるが、肝臓は「沈黙の臓器」だけあって、数値がちょっと悪くなったくらいでは症状は現れない。「とりあえず今は大丈夫だから…」と放置している人も多いかもしれないが、甘く見てはいけない。肝機能障害の主たる原因である「脂肪肝」は、悪性のタイプでは肝臓に炎症が起こり、肝臓の細胞が破壊され、やがて肝硬変や肝がんへと進んでいく。誰もが正しく知っておくべき「脂肪肝の新常識」をまとめた。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.