日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > あの人のカラダマネジメント術  > 筋肉体操・谷本道哉さん プライベートでは20分筋トレ+自転車
印刷

あの人のカラダマネジメント術

筋肉体操・谷本道哉さん プライベートでは20分筋トレ+自転車

筋トレ研究者・谷本道哉さんに聞く(3)

 高島三幸=ライター

筋肉隆々の男性たちがただひたすら筋トレをするNHKの5分間番組『みんなで筋肉体操』で、「筋肉は裏切らない!」などの声掛けが印象的な筋トレ研究者の谷本道哉さん。2019年9月には、『みんなで筋肉体操語録 ~あと5秒しかできません!~』(日経BP)をはじめ関連著書が複数発売されるなど、筋肉ブームはまだまだ続きそうだ。シリーズ第3回は、そんな谷本さんの普段の健康管理などについて聞いた(第1回は「筋肉体操・谷本道哉さんに聞く 筋トレ三昧の研究生活」、第2回は「筋肉体操・谷本道哉さん 筋トレは『キツくてもツラくない』」)。

NHKの5分間番組『みんなで筋肉体操』でおなじみの谷本道哉さん。プライベートではどんな筋トレをしているのだろうか。(写真 鈴木愛子)

筋トレについてさまざまな研究を続けていらっしゃいますが、現在はどんな研究をされているのでしょうか。

腕立て伏せの手幅の取り方で、効果がどう変わるのかなどを研究中

 いくつかのテーマを進めていますが、一つは、腕立て伏せをする時の手幅の取り方で、効果がどのように変わるのかを力学、生理学指標から分析しています。ほとんどの人は、腕立て伏せではまっすぐ真下に床を押していると思っています。でも、実際はまっすぐ真下に床を押してはいません。手幅によって床を押す方向は変わります。手幅が広ければやや外向きに、狭ければやや内向きに押しています。

 NHK『みんなで筋肉体操』では、こういった知見に基づいて理想的なフォームを追求しています。条件設定や分析項目、データのサンプル数を増やして、より詳細に検証しているところです。それをどんどん論文にまとめていかないといけないんですけどね。

通勤時は自転車で持久運動

谷本さん自身、普段はどのように体を動かしていますか。

 僕自身が健康でないと説得力がありませんし(笑)、健康オタクでもあるので(笑)、運動や食事には自然に気をつけています。筋トレはもちろんですが、持久運動もしますよ。もともと持久運動は好きではなかったのですが、「筋トレで動脈が硬くなることもある」という研究と関わった国立健康・栄養研究所にいた時から、持久運動も始めました(第1回「筋肉体操・谷本道哉さんに聞く 筋トレ三昧の研究生活」)。今は、通勤でロードバイクに乗っています

持久運動といってもランニングや水泳などさまざまですが、ロードバイクを選んだ理由は?

 ランニングはそれほど好きではないし、水泳はプールに通わなければいけない。ロードバイクなら通勤で乗るので、僕にとって一番続けやすい運動だと思いました。こぎ方次第で筋トレにもなりますしね。脚が太くなりますよ。

 家から大学までは片道5キロほどで、アップダウンが激しく、なかなかに運動として「ちょうどいいコース」なんです。行きに長い上り坂があるので、そこでインターバルダッシュをします。息も切れますし、ももとお尻がパンパンになります。大学に着く頃には脚がガクガクですが、それが気持ちいいんです。キツくてもツラくない! キツいから楽しい! 結構ハードな坂道なので、さすがに毎日では脚が持ちません。ロードバイクに乗らない日は、電動アシスト付きの自転車で通勤します。

2019年9月発売の『みんなで筋肉体操語録 ~あと5秒しかできません!~』(日経BP、左)と『みんなで筋肉体操』(ポプラ社)。後者は初のDVD付き書籍
[画像のクリックで拡大表示]

筋トレの内容を3つに分け、それぞれ週2回

筋トレはどのようなルーティンでされていますか?

1/2 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 宴会で「尿酸値・血糖値・中性脂肪」を上げない賢い飲み方

    年末年始や年度の変わり目など、宴会が増える季節に、楽しくお酒を飲みながらふと頭をよぎるのが、「体重の増加」と「気になる検査値への影響」ではないだろうか。暴飲暴食が続くとさまざまな検査値に影響が及ぶ。今回は、働き盛りの世代に身近な「尿酸値」「血糖値」「中性脂肪」を上げないための、宴会での上手な飲み方・食べ方のコツをまとめた。

  • 青魚のDHAやEPAで、血管を若返らせて、メタボも抑制!

    サバ、イワシなどの「青魚」の健康効果が注目されている。青魚にたっぷり含まれるDHAやEPAは、血管を若返らせ、メタボを抑制したり、認知症のリスクを下げる効果も期待できる。手軽に食べられる「サバ缶」や「イワシ缶」も人気で、カルシウムもしっかりとれるため、骨粗鬆症の予防にもなる。

  • 老化を左右する血管! 若返りのポイントは?

    体の中に縦横無尽に張り巡らされた「血管」をよい状態に保つことは、健康を維持するため、そして老化を防ぐために極めて重要だ。では、強い血管をキープし、老化した血管を若返らせるには、何をすればいいのだろうか。本特集では、2万例を超える心臓・血管手術を手がけてきたスペシャリストに、血管の若さを維持する秘訣と、血管を強くする運動法・食事法を聞いていく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

人生100年時代プロジェクト

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.