日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > あの人のカラダマネジメント術  > 野人・岡野さん 悩んでも現状は変えられない「行動あるのみ」  > 3ページ
印刷

あの人のカラダマネジメント術

野人・岡野さん 悩んでも現状は変えられない「行動あるのみ」

元サッカー日本代表・現ガイナーレ鳥取代表取締役GMに聞く(3)

 高島三幸=ライター

今はガイナーレ鳥取のGMという立場でお仕事されていますが、その「為せば成る」という考えが役立っていますか?

 そうですね。高校時代にゼロベースからサッカー部を作った経験も、日本代表になってワールドカップ予選でゴールを決めた度胸も、役立っていると思います。

 今の大きな目標は、ガイナーレ鳥取がJ3からJ2、そして最終的にはJ1に昇格し、ワールドカップに出場する選手をうちのチームから出すことです。鳥取は東京の世田谷区よりも人口が少なく、もしJ1に昇格すればスタジアムに通いやすいよう交通網を整備しなくてはならないので、大きな町おこしにつながるとも考えています。

 そのために僕は、さまざまな企業やイベント、講演会に出向き、ガイナーレ鳥取を知ってもらうために現状を説明して、選手の強化費にするための広告や資金集めをするなど、自分ができることを精いっぱいしています。

 GMになった当初は強い選手もいませんし、試合にも勝てなくて、どうすれば資金を集められるかと頭を悩ませました。ある時、地元の漁業組合に出向き営業すると、「うちは寄付はできないけど、のどぐろや干物といった魚だけは豊富だから、ガイナーレが宣伝してくれたら魚を寄付するよ」と漁師さんに言われました。それを聞いて、当時注目され始めていた「ふるさと納税」にヒントを得て、まねしようと思いました。

 2014年から今も、夏と冬の年2回、僕らのチームに寄付をしてくれた人に魚などの鳥取の特産物を届ける「野人プロジェクト」を続けています。地元の漁港も潤うし、僕らのチームには新戦力を補強できる。寄付してくださったサポーターの皆さんには新鮮な魚などが届いて、おまけに自分の寄付したお金で補強した選手がゴールを決めるシーンが見られるわけです。

 今はこのシステムを他のチームも行っていますが、こうしたアイデアも、自分で動いて漁業組合の人と話したからこそ思いつきました。「資金がない」とストレスをためる前に、自らが行動した先でヒントを得て問題解決につなげるような、「為せば成る」の精神で突き進む突破力こそ、ストレスをためない人生につながると僕は思います。J1に昇格して、ワールドカップに出場する選手がガイナーレ鳥取から登場することも、夢ではないと思っています。

(カメラマン 厚地健太郎)

◆元サッカー日本代表・現ガイナーレ鳥取代表取締役GMに聞く

第1回 元サッカー日本代表・「野人」岡野雅行さん 高校からの逆境人生
第2回 野人・岡野さん 重圧をはねのけ「ジョホールバルの歓喜」をつかむ
第3回 野人・岡野さん 悩んでも現状は変えられない「行動あるのみ」
岡野雅行(おかの まさゆき)さん
元サッカー日本代表、ガイナーレ鳥取代表取締役GM
岡野雅行(おかの まさゆき)さん 1972年生まれ。日本大学中退後、浦和レッドダイヤモンズ入団。日本代表メンバーに選出され、97年のFワールドカップ・フランス大会アジア最終予選で日本を初のW杯出場に導く決勝ゴールを決めた。2013年引退、ガイナーレ鳥取GMに就任。2014年から夏・冬の2回、新戦力獲得のための寄付プロジェクト「野人プロジェクト」を開始。11回目の今回は梨や和牛など11種の御礼品を用意。9月末まで受付け中。

先頭へ

前へ

3/3 page

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • つらい「肩こり」は動的ストレッチで解消!

    肩こりの原因の大半は、生活習慣。すなわち、不自然な姿勢で過ごすことや、たとえ良い姿勢であっても長時間続けてしまうことが、首や背中の筋肉を緊張させ、筋疲労を引き起こす。この記事では、肩こりに関する記事の中から重要ポイントをピックアップして、肩こりの解消方法をコンパクトに紹介していく。

  • 筋肉博士が教えるロコモ予防の下半身筋トレ

    健康寿命を延ばすためには、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動だけでなく、「筋トレ」も重要であることが最近改めて認識されている。東京大学大学院教授で“筋肉博士”こと石井直方さんは、「寝たきりにならないためには、40~50代のうちから筋肉量を増やす意識で運動することが大切」という。そこで本特集では、石井さんに聞いた、筋トレの効果と、具体的な下半身筋トレの方法を一挙に紹介する。

  • 睡眠不足は肥満や生活習慣病のリスクを高める

    近年、睡眠不足が積み重なる「睡眠負債」の怖さが取り上げられるようになり、睡眠の大切さがクローズアップされている。実際、睡眠不足や質の低下が、疲れや集中力の低下につながることを実感したことがある人も多いだろう。しかし、問題はそれだけではない。睡眠不足や質が低下すると“太りやすくなる”。さらに、高血圧、糖尿病、脂質異常症などの生活習慣病のリスクも高まることも分かっている。そこで本特集では、睡眠と生活習慣病の関係から、実践的な睡眠改善法までを一挙に紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.