日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > あの人のカラダマネジメント術  > 野人・岡野さん 悩んでも現状は変えられない「行動あるのみ」  > 2ページ目
印刷

あの人のカラダマネジメント術

野人・岡野さん 悩んでも現状は変えられない「行動あるのみ」

元サッカー日本代表・現ガイナーレ鳥取代表取締役GMに聞く(3)

 高島三幸=ライター

 それまで僕は、一度もタイトルを取ったことがなかったので、タイトルを取りたいと思ったのかもしれません。結果的に、天皇杯やリーグ優勝など一気に7つものタイトルを取ることができました。つらい時期もあったけど、自分を信じて続ければチャンスが巡ってくることを実感しましたし、振り返れば、「ジョホールバルの歓喜」以降も、楽しい現役生活だったと思います。

現役時代、「ここぞ」という場面で、ベストパフォーマンスを発揮するために心がけていたことは何ですか?

 僕は細かいことを気にするような繊細な選手ではありませんでした。例えば、自己管理をきっちりするために、風邪予防にうがい薬でうがいをする選手もいたけど、僕はうがいすらしませんでした(笑)。でも、当たり前のことかもしれませんが、しっかり睡眠を取り、自分に合う食べ物で栄養を摂取し、食べたものはしっかり燃焼させてパワーに変え、出すものは出す(排便)というサイクルはできていたと思います。「この食べ物がいい」という情報は世の中に出回っていますが、やはり自分で試して、自分の体に合う食べ物(栄養)を探すことは大事だと思います。

悩んでも現状は変えられない「行動あるのみ」

岡野さんの体と相性がいい「パワーフード」は何ですか?

「親の食育のおかげで骨折とは無縁です」

 試合前は食事をすぐパワーに変えるために、うどんなどの炭水化物を取っていました。それと、僕にとってのたんぱく源となるパワーフードは鶏肉です。幼い頃から鶏そぼろをよく食べていて、今も鶏肉を食べると体の調子がいいような気がします。ちなみに、幼い頃のおやつはいつも煮干しでした。友達の家にお邪魔して、おやつにクッキーが出てきた時はびっくりしたぐらい(笑)。親の食育のおかげで、骨折とは無縁だったようにも思います。

 とにかく昔から体だけは丈夫で、大きな病気になったことはありません。今心がけていることといえば、ドリンクタイプのヨーグルトを1日1本飲むことでしょうか。毎日違う種類のものを選んで飲んでいます。いろんな菌があったほうがいいという話を聞いてから今のスタイルになりました。真相は定かではないものの、実践してみると便通がとてもいいです。一時期、接待などの席でお酒をよく飲み、食生活が乱れて太ったこともありますが、便通を良くすることや、1~2駅分歩くことを意識していると、以前よりは体は絞れました。

ストレス解消のためにしていることはありますか?

 ストレスは心と体の病気を招くと思っています。僕の場合、ストレス解消というか、ストレスをためないようにしています。鈍感力がたけているようにも思いますが、「自分は自分、人は人」という考えで、昔から他人が言うことを気にしません。

 ストイックになり過ぎず、悩み過ぎず、「為せば成る」という考えが強いです。悩んでいても、不安がっても、落ち込んでも現状は変わりません。変えるためには、行動あるのみ。高校時代、大学時代、Jリーグに入ってからも、サッカーエリートではなかったからこそ、行動することで成長できて結果につなげることができた実体験がある。それが自信になっていると思いますね。

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

  • もの忘れと認知症の関係は? 認知症リスクを下げる生活のポイント

    年を取っても認知症にはならず、脳も元気なまま一生を終えたいと誰もが思うもの。しかし、「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」といった“もの忘れ”は、中高年になると誰もが経験する。⾃分は周りと比べて、もの忘れがひどいのでは? ひょっとして認知症が始まったのか? と不安になる人も多い。このテーマ別特集では、もの忘れの原因や、将来の認知症にどうつながるのか、認知症を予防するにはどうすればいいのかについて、一挙にまとめて紹介する。

  • 痛風だけじゃない!「高すぎる尿酸値」のリスク

    尿酸値と関係する病気といえば「痛風」を思い浮かべる人が多いだろう。だが、近年の研究から、尿酸値の高い状態が続くことは、痛風だけでなく、様々な疾患の原因となることが明らかになってきた。尿酸値が高くても何の自覚症状もないため放置している人が多いが、放置は厳禁だ。本記事では、最新研究から見えてきた「高尿酸血症を放置するリスク」と、すぐに実践したい尿酸対策をまとめる。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.