日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > あの人のカラダマネジメント術  > 野人・岡野さん 悩んでも現状は変えられない「行動あるのみ」
印刷

あの人のカラダマネジメント術

野人・岡野さん 悩んでも現状は変えられない「行動あるのみ」

元サッカー日本代表・現ガイナーレ鳥取代表取締役GMに聞く(3)

 高島三幸=ライター

1997年、翌年のサッカーワールドカップ出場を懸けたアジア最終予選のイラン代表との戦いで、死闘の末、見事Vゴールを決めた野人こと、岡野雅行さん。輝かしい栄光の後にどんなサッカー人生が待っていたのか。また、現役時代に培った経験やメンタルが、ガイナーレ鳥取のGMという仕事にどのように役立っているのかを聞いた。ケガをしないための食事内容やストレスとの向き合い方についても教えてもらった。

野人こと、岡野雅行さんが、ストレスをためこまないようにするために心がけていることとは?

自分を信じて続ければチャンスは来る

前回記事「野人・岡野さん 重圧をはねのけ『ジョホールバルの歓喜』をつかむ」では、ワールドカップの切符をかけたアジア最終予選という、経験したことのない重圧を背負いながら、結果を出すまでのメンタル面についてのお話を伺いました。初のワールドカップ出場を決め、重圧から解き放たれた後の気持ちの変化について教えてください。

 ワールドカップに行けることになったのは素直にうれしかったです。Jリーグ発足からたった4年でワールドカップの切符をつかみ、それ以降、海外に移籍して活躍する選手が続々と登場しました。今ではワールドカップ本戦出場も当たり前のようになりましたよね。日本サッカー界がすごいスピードで成長してきたからだと思います。そんな突破口になれたのは、自分たちを信じて「何が何でもワールドカップ出場」という高い目標を掲げていたからこそだと思います。「自分たちの実力はこんなものだ」という低すぎる目標だと、超えられなかったでしょう

 そんなチーム一丸となって一戦一戦必死に戦った結果なのに、ゴールを決めた僕ばかりがクローズアップされてマスコミに取り上げられるのが、当時は本当に嫌でした。だから僕はしばらく、「ジョホールバルの歓喜」についての取材は受けないようにしていたのです。

 だけどそれから年月がたち、娘が小学3年生の頃に買ってやった歴史の本に「ジョホールバルの歓喜」のことが、「地下鉄サリン事件」の後に掲載されているのを目にしました。確かにあの頃、日本国民の気持ちが沈んでしまうような暗いニュースが続いていて、「ワールドカップ出場」という久々に明るいニュースが人々を歓喜させ、内閣総理大臣からも感謝の言葉をいただきました。人々を明るくできることはやはりスポーツのすごさであり、それだけの結果を出したのだと、自分を素直に認めることができて、今はあの試合のことも講演会などで話せるようになりました。

ゴールを決めた選手として注目を受けるのは、その後の選手生活にプレッシャーになったのでは?

 プレッシャーだと感じた覚えはありませんが、ワールドカップが終わってモチベーションが続かなくなってしまいました。さらに成長するために海外でプレーをしたかったのですが、浦和レッズからOKが出ず、結局移籍はかないませんでした。さらに新しい監督に僕を使ってもらえなくなった時は、さすがにサッカーをやめようかと思ったぐらいつらかったです。

 そこで僕は自ら動いて、自分を起用してくれるヴィッセル神戸への移籍を決断しました。市民の声を受けて誕生し、何もかも自分たちで準備して動くようなチームでしたが、高校時代の時に比べたら別に苦にならず、実際にプレーするうちにチームの成績も上がり、サッカーが再び楽しくなってきました。2年半ほどプレーを続けていた時、浦和レッズから異例の再移籍の打診がありました。悩んだ末、古巣に戻ることにしました。

1/3 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

  • 認知症のリスクを下げる食事のポイントは?

    近年の研究から、認知症リスクは生活習慣によって大きく変わることが分かってきた。中でも重要なのが食生活だ。米国の最新食事法をきちんと実践した人は、認知症の発症リスクが最大53%低かったという驚きの結果も出ている。では、具体的にどのような食生活にすればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、最新研究に基づいた「認知症を遠ざける食事」のポイントを紹介しよう。

  • 宴会で「尿酸値・血糖値・中性脂肪」を上げない賢い飲み方

    年末年始や年度の変わり目など、宴会が増える季節に、楽しくお酒を飲みながらふと頭をよぎるのが、「体重の増加」と「気になる検査値への影響」ではないだろうか。暴飲暴食が続くとさまざまな検査値に影響が及ぶ。今回は、働き盛りの世代に身近な「尿酸値」「血糖値」「中性脂肪」を上げないための、宴会での上手な飲み方・食べ方のコツをまとめた。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

人生100年時代プロジェクト

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.