日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > あの人のカラダマネジメント術  > 小谷実可子さん 20歳で悟ったストレス回避の思考法  > 3ページ目
印刷

あの人のカラダマネジメント術

小谷実可子さん 20歳で悟ったストレス回避の思考法

元シンクロ五輪メダリストに聞く(3)

 高島三幸=ライター

 すると、「私はシンクロの五輪メダリストだ」「日本人の小谷実可子という女性だ」といった、まとっていた鎧(よろい)のようなものが一つひとつ剥がれていくような感じがしました。「人生のすべてであるシンクロ」「世の中で最も努力した人がたどり着ける五輪」といった考えもすっ飛んで、「なんだ、地球規模で考えると、私はイルカと同じただの一生命体じゃないか」と、生まれたての赤ん坊に戻ったような気がしました。

イルカと泳ぐうちに、それまでまとっていた鎧が剥がれていくような気がしました

 自分を生んでくれた両親に感謝し、生かされていることに感謝し、生きているから誰かの役に立ちたいとも思いました。そして、私は何ができるんだろうと考えたときに、やっぱりシンクロだと。シンクロを通じて、人々がやりがいや喜びを感じられるような場をつくりたいと思ったんです。

 こう思えるまで時間はかかりました。でも遠回りしても気持ちを整理して、シンクロに心から携わりたいと思えたことが、原動力となって今の仕事につながっています。

 バルセロナ五輪で補欠に終わったことは、やはり私にとって未来の仕事に続いた意味のあることであり、苦しんで悩んだ時間も自分にとって必要な時間でした。ささいなことですが、シンクロを頑張っている娘が補欠になってしまったときに、「分かるよ! その気持ち」と声をかけてあげられたんですよね。それも自分が補欠を経験したからこそです。

シンクロを学ぶ生徒から教わったこと

 現在、立教大学では授業で大学生に、スクールやスポーツクラブでは子どもたちや40~60代の女性たちにシンクロを教えています。子どもたちも大学生もおばさまたちも、レッスンの最後は団体演技の発表会を行います。最初は脚が上がらなかった50代の女性も、レッスンを続けるうちにピョンと上がるようになって、その自己成長や達成感に「上がったー!」と素直に大喜びされています。発表会はどの年代も真剣そのものです。そうした姿に鳥肌が立ち、またそれが見ている人の胸を打つんですよね。

 私はシンクロというスポーツの魅力ややりがいを、多くの人々に伝えているつもりでしたが、逆に、自己成長による湧き出る喜びや笑顔が、こんなに人を生き生きさせるのだと、あらゆる年代の生徒さんたちから教わりました。それがまた、私が日々を生きる糧となり、活力になっています。

(カメラマン 鈴木愛子、ヘアメイク 住本由香)

【元シンクロ五輪メダリストに聞く】

第1回 小谷実可子さん 50歳を超えて心身がV字回復したと実感
第2回 小谷実可子さん 快眠のために毎晩欠かさず5分間ストレッチ
第3回 小谷実可子さん 20歳で悟ったストレス回避の思考法

小谷実可子(こたに みかこ)さん
小谷実可子(こたに みかこ)さん 1966年東京都生まれ。幼少の頃からシンクロナイズドスイミングの才能を開花させ、高校の時に単身米国にシンクロで留学。88年のソウル五輪でソロ・デュエットともに銅メダルを獲得。休養中に長野五輪招致に携わる。92年のバルセロナ五輪日本代表になるが、出場の機会を得ず引退。現在はスポーツコメンテーターや、「東京2020オリンピック・パラリンピック招致アンバサダー」を務めるなど国際的に活動する一方、指導者として、スポーツクラブや大学などでシンクロの魅力を伝えている。

先頭へ

前へ

3/3 page

ストレス
キーワード一覧へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

  • もの忘れと認知症の関係は? 認知症リスクを下げる生活のポイント

    年を取っても認知症にはならず、脳も元気なまま一生を終えたいと誰もが思うもの。しかし、「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」といった“もの忘れ”は、中高年になると誰もが経験する。⾃分は周りと比べて、もの忘れがひどいのでは? ひょっとして認知症が始まったのか? と不安になる人も多い。このテーマ別特集では、もの忘れの原因や、将来の認知症にどうつながるのか、認知症を予防するにはどうすればいいのかについて、一挙にまとめて紹介する。

  • 痛風だけじゃない!「高すぎる尿酸値」のリスク

    尿酸値と関係する病気といえば「痛風」を思い浮かべる人が多いだろう。だが、近年の研究から、尿酸値の高い状態が続くことは、痛風だけでなく、様々な疾患の原因となることが明らかになってきた。尿酸値が高くても何の自覚症状もないため放置している人が多いが、放置は厳禁だ。本記事では、最新研究から見えてきた「高尿酸血症を放置するリスク」と、すぐに実践したい尿酸対策をまとめる。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.