日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > あの人のカラダマネジメント術  > 野人・岡野さん 重圧をはねのけ「ジョホールバルの歓喜」をつかむ
印刷

あの人のカラダマネジメント術

野人・岡野さん 重圧をはねのけ「ジョホールバルの歓喜」をつかむ

元サッカー日本代表・現ガイナーレ鳥取代表取締役GMに聞く(2)

 高島三幸=ライター

手違いでサッカー部がない高校に入学し、経験ゼロの先輩たちをかき集めてサッカー部を立ち上げ、県大会ベスト4までに導いた岡野雅行さん。日本大学サッカー部では負傷した先輩に代わって出場した試合で6ゴールをたたき出し、洗濯係からレギュラーに昇格する(「野人・岡野雅行さんのサッカー人生 高校から逆境続き」)。決してサッカーエリートではない岡野さんは、どのような思考とメンタルで、1997年FIFAワールドカップ・フランス大会アジア最終予選において日本代表をワールドカップ初出場に導くゴールを決め、世に言う「ジョホールバルの歓喜」に貢献したのか。

サッカーエリートではなかった自身の道のりについて語る元サッカー日本代表の岡野雅行さん

日大サッカー部のレギュラーになってから、3年生のときにJリーガーの座をつかまれます。どうやってJリーガーになられたのですか?

 日大サッカー部のフォワードとしてレギュラーが定着し、2年の時に東西対抗のメンバーに選ばれます。当然ながら世界が広がると、僕より上手な選手が山ほどいると分かり、特徴や武器がないと生き残れないと思いました。そんな時、体育の授業で100メートル走を計ったら、10秒7という記録が出て驚いたんです。しかも靴はバッシュ(バスケットシューズ)で(笑)。

ロールモデルはクラウディオ・パウル・カニーヒア

 自分の強みであり武器になるのは「足の速さ」だと改めて分かりました。その長所を伸ばして試合で生かそうと、プレースタイルを変えたのです。足が速くディフェンダーをあっという間にごぼう抜きにする、僕の好きなアルゼンチン代表のクラウディオ・パウル・カニーヒアをロールモデルにし、彼をとことん目指そうと思いました。

現役時代の岡野さん。長髪がトレードマークだった(C)GAINARE TOTTORI

 録画した彼のプレーを何度も見返し、動きをマネしながら練習しました。足の速さを生かすために、スピードを落とさないためのトラップ(*1)の練習もしましたし、どれくらいのスピードのボールに、どこまでの距離なら追いつけるのか研究し、実戦でもどんどん試しました。

 僕が髪の毛を伸ばしたのも、髪をなびかせてフィールドを走り回るカニーヒアをマネたからです(笑)。それぐらい彼のプレーを頭でイメージしながら、自分のプレーに染みつかせていきました。練習すればするほど、僕のスピードプレーは磨かれていったと思います。大学2年で開花するという遅咲きプレーヤーでした。

 大学3年生の時に、Jリーグが発足しました。それまでサッカーで生計を立てるなんて想像しづらく、途中でやめる選手も多かったと思いますが、Jリーグが華々しく発足したおかげで、「あの舞台でプレーしたい!」という明確な目標ができた選手も多かったと思います。僕も憧れを抱きましたが、所詮、大学2部リーグチームに所属する選手には、夢のまた夢のような話でした。でも、ある時チャンスが訪れたのです。

大学を中退してJリーガーに

どんなチャンスが訪れたのですか?

*1 飛んできたボールを(手以外の)体の一部で受け止めること

1/3 page

最後へ

次へ

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

  • 認知症のリスクを下げる食事のポイントは?

    近年の研究から、認知症リスクは生活習慣によって大きく変わることが分かってきた。中でも重要なのが食生活だ。米国の最新食事法をきちんと実践した人は、認知症の発症リスクが最大53%低かったという驚きの結果も出ている。では、具体的にどのような食生活にすればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、最新研究に基づいた「認知症を遠ざける食事」のポイントを紹介しよう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.