日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > あの人のカラダマネジメント術  > 野人・岡野さん 重圧をはねのけ「ジョホールバルの歓喜」をつかむ  > 3ページ
印刷

あの人のカラダマネジメント術

野人・岡野さん 重圧をはねのけ「ジョホールバルの歓喜」をつかむ

元サッカー日本代表・現ガイナーレ鳥取代表取締役GMに聞く(2)

 高島三幸=ライター

 そんな運命を決めるタイミングで僕が出場し、万が一ゴールを決められなかったら、国民から戦犯扱いされるのではないかという恐怖に包まれました。負けては日本に帰れないと思っていましたし、逃げ出したくなるくらい重圧に押しつぶされそうでした。嫌な汗をかき、生まれて初めて「試合に出たくない」と、サッカーを恨んでしまったぐらいです。

 でも、同点のままゴールデンゴール方式の延長戦に入り、岡田監督に「岡野、来い」と呼ばれてしまいました。「入れてこい!」と一言だけ声をかけられ、押し出されるように白線を越えてピッチに入りました。初出場がこんな場面だなんて、「うそだろ……」という状態。あの時の記憶はあまりないのですが、とにかくヒデ(中田英寿元代表選手)がボールを持てば、本能的にピッチを全速で走っていたと思います。尋常でない雰囲気の中、やはり緊張からか僕はゴールを外して、2回もチャンスを逃してしまい、延長戦前半を終えました。

シュートを外した罪悪感でさらに落ち込まれたと思います。

 そうですね。でもフィールドを入れ替えるわずかな時間に、肩を落とした僕にチームメートが駆け寄り、「大丈夫だ」「お前のせいじゃない」と励まし、背中をたたいてくれました。重圧と申し訳なさで吐きそうだったのを覚えていますが、あの時、仲間が声をかけてくれなかったら、そのままピッチから逃げてしまったかもしれません。仲間のおかげで「もう一回頑張ってみよう」という思考に短時間で切り替えられました。

「あんな経験、もう二度としたくないですが……」

 それでも後半戦もゴールを何度も外してしまって、ボールを追うのをやめてしまいたくなりましたが、そんな気持ちをぐっと抑え、走り続けました。そしてヒデがシュートを打ち、ゴールキーパーが弾いたボールが僕の前に転がってきたのが目に入った瞬間、スライディングしながら右足にボールを当てて悲願のゴールを決めました。

 うれしかったです、これで日本に帰れると思った。正直、ワールドカップに出場できることはどうでもよくなっていました。

それぐらい追い詰められた精神状態だったんですね。

 僕だけでないと思います。試合が終わった控え室では、ビールかけがあってもいいものですが、みんなまるで負けたようにため息をつき、バスの中ではシーンと静まり返っていました。ホテルで迎えてくださった花道を歩いていても「ありがとうございます……」という低めのテンションで、食堂では祝いのシャンパンも飲まず、みんな自分の部屋に戻って行きました。それぐらいホッと安堵したのと、心身ともに疲れ切った状態だったのです。

 あんな経験、もう二度としたくないですが、あの経験があったからこそ、今、サッカーチームのGMという立場でどんな仕事をしても緊張しないし、怖いものはなくなりました。

「野人・岡野さん 悩んでも現状は変えられない『行動あるのみ』」に続く)

(カメラマン 厚地健太郎)

◆元サッカー日本代表・現ガイナーレ鳥取代表取締役GMに聞く

第1回 元サッカー日本代表・「野人」岡野雅行さん 高校からの逆境人生
第2回 野人・岡野さん 重圧をはねのけ「ジョホールバルの歓喜」をつかむ
第3回 野人・岡野さん 悩んでも現状は変えられない「行動あるのみ」
岡野雅行(おかの まさゆき)さん
元サッカー日本代表、ガイナーレ鳥取代表取締役GM
岡野雅行(おかの まさゆき)さん 1972年生まれ。日本大学中退後、浦和レッドダイヤモンズ入団。日本代表メンバーに選出され、97年のFワールドカップ・フランス大会アジア最終予選で日本を初のW杯出場に導く決勝ゴールを決めた。2013年引退、ガイナーレ鳥取GMに就任。2014年から夏・冬の2回、新戦力獲得のための寄付プロジェクト「野人プロジェクト」を開始。11回目の今回は梨や和牛など11種の御礼品を用意。9月末まで受付け中。

先頭へ

前へ

3/3 page

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

  • 認知症のリスクを下げる食事のポイントは?

    近年の研究から、認知症リスクは生活習慣によって大きく変わることが分かってきた。中でも重要なのが食生活だ。米国の最新食事法をきちんと実践した人は、認知症の発症リスクが最大53%低かったという驚きの結果も出ている。では、具体的にどのような食生活にすればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、最新研究に基づいた「認知症を遠ざける食事」のポイントを紹介しよう。

  • 宴会で「尿酸値・血糖値・中性脂肪」を上げない賢い飲み方

    年末年始や年度の変わり目など、宴会が増える季節に、楽しくお酒を飲みながらふと頭をよぎるのが、「体重の増加」と「気になる検査値への影響」ではないだろうか。暴飲暴食が続くとさまざまな検査値に影響が及ぶ。今回は、働き盛りの世代に身近な「尿酸値」「血糖値」「中性脂肪」を上げないための、宴会での上手な飲み方・食べ方のコツをまとめた。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

人生100年時代プロジェクト

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.