日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > あの人のカラダマネジメント術  > 小谷実可子さん 快眠のために毎晩欠かさず5分間ストレッチ  > 3ページ目
印刷

あの人のカラダマネジメント術

小谷実可子さん 快眠のために毎晩欠かさず5分間ストレッチ

元シンクロ五輪メダリストに聞く(2)

 高島三幸=ライター

 あと首をゆっくりと前に倒して、肩甲骨回りの筋肉をしっかり伸ばしてあげます。すると、気の流れがよくなって頭がスッキリします。首のストレッチをしっかりやると、疲労によりぼやっと見えていた景色が、明るくはっきり見えるような気がするんですよね。呼吸も深くなります。はっきり見えることを目安にして、首や肩甲骨回りを伸ばすようにしていますね。

 ささいなことなのですが、毎晩この5分間ストレッチをするだけで、睡眠が深くなりますし、翌日に疲れが残りにくいですね。

 ただ今年は酷暑と言われ、皆さんも寝苦しいと思います。暑いと目が覚めて寝不足になりがち。それを防止するため、暑がりばかりの我が家は家族全員、「おやすみ~」と言いながら、それぞれの冷却枕を持って寝室に行きます。薄いタオルを冷却枕に巻いて寝ると、それほど寝苦さは感じないですね。

私が“ストレス知らず”な理由

「昔から『胃もたれ』と『ストレス』がよく分からないんです」

 これらが私の日々の健康法です。よく「ストレス解消法は何ですか?」という質問を受けますが、実は私、昔から「胃もたれ」と「ストレス」がどんな症状か分からないのです。肩こりも分からなかったのですが、それはこの年齢になってやっと分かるようになりました。

 瞬間的にイライラしたり、カチンとしたりする感情はありますが、それを一切引きずることはありません。ムカッときたら泳ぎながら水の中で「ウワー!」と叫んで発散することはありますが、それで終わり。だからストレスという症状が分からないのです。

 周囲から私は常にポジティブに見えるようですが、“ストレス知らず”も含め、それは私の思考法によるものだと思っています。私が選手時代に学んだ、「起こることには、必ず意味がある」という考え方です。うまくいかないことがあっても、それは自分にとって意味があることなんだと思ってしまうのです。するとマイナスな状況に悲観したり、悩んだりすることなく、解決方法を考えたりして前を向くことができる。

 実際に、今までの自分を振り返ると、すべてその通りなのです。マイナスなことがあったときこそ、自分で進むべき道を選んで、最終的に実になったりしている。それを最初に悟ったのは、20歳のときでした。

次回に続く)

(カメラマン 鈴木愛子、ヘアメイク 住本由香)

【元シンクロ五輪メダリストに聞く】

第1回 小谷実可子さん 50歳を超えて心身がV字回復したと実感
第2回 小谷実可子さん 快眠のために毎晩欠かさず5分間ストレッチ
第3回 小谷実可子さん 20歳で悟ったストレス回避の思考法

小谷実可子(こたに みかこ)さん
小谷実可子(こたに みかこ)さん 1966年東京都生まれ。幼少の頃からシンクロナイズドスイミングの才能を開花させ、高校の時に単身米国にシンクロで留学。88年のソウル五輪でソロ・デュエットともに銅メダルを獲得。休養中に長野五輪招致に携わる。92年のバルセロナ五輪日本代表になるが、出場の機会を得ず引退。現在はスポーツコメンテーターや、「東京2020オリンピック・パラリンピック招致アンバサダー」を務めるなど国際的に活動する一方、指導者として、スポーツクラブや大学などでシンクロの魅力を伝えている。

先頭へ

前へ

3/3 page

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 第3波を乗り切るためのコロナ対策

    新型コロナウイルスの新規感染者が再び急増し、日本は今、流行の第3波を迎えている。今後さらに気温と湿度が下がると、ウイルスの生存により適した条件が整うようになる。これ以上の流行拡大を防ぐためには、1人1人が感染予防策を改めて見直し、感染リスクの高い行動を避けて生活することが不可欠だ。第3波を乗り切るためのコロナ対策を、もう一度まとめた。

  • 寝たきり予備軍「フレイル」を防ぐためにできること

    老化を防ぎ、健康寿命を延ばすためには、加齢により心身が衰えた状態である「フレイル」の予防が必要になる。フレイルは、健康な状態と要介護状態の中間に当たるが、これを避けるために特に重要なのが「筋肉量の維持」だ。筋肉量が減少すると、足腰が弱くなって寝たきりにつながるだけでなく、認知症や心疾患のリスクが上がることも分かってきた。筋肉量を維持し、フレイルを防ぐために何をすればよいだろうか。

  • 「ウォーキング」「ジョギング」 大きな健康効果を得るための小さなコツ

    ウォーキングやジョギングなどの「有酸素運動」には、「コロナ太り」の解消や、生活習慣病の予防、免疫力アップなどが期待できる。ただし、漫然と歩くだけでは運動効果は低いし、かといって本格的なジョギングは運動初心者にはハードルが高い。そこで運動効果の上がる歩き方と、初心者でもできる走り方のコツを紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.