日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > あの人のカラダマネジメント術  > 小谷実可子さん 50歳を超えて心身がV字回復したと実感
印刷

あの人のカラダマネジメント術

小谷実可子さん 50歳を超えて心身がV字回復したと実感

元シンクロ五輪メダリストに聞く(1)

 高島三幸=ライター

1988年のソウル五輪のシンクロナイズドスイミング(2018年4月からアーティスティックスイミングに競技名が変更)でソロ・デュエットともに銅メダルを獲得し、日本のシンクロ界を世界のトップレベルに押し上げた小谷実可子さん。現在は2人の娘を育てながら、東京2020オリンピック・パラリンピック招致アンバサダーなどとして活躍する一方、指導者として幅広い層にシンクロの技術や楽しさを伝え続けている。さらに、シンクロナイズドスイミングのショーの演出をしながら自身も出演し、51歳という年齢を感じさせない演技で観客を魅了する。現役時代から今も体重が変わっていないという小谷さんは、日ごろからどんなことを意識しているのか、お話を聞いた。

現役時代から体重が変わっていないという小谷さん、どんな生活を送っているのだろうか

 確かに体重や洋服のサイズは現役時代から変わりません。でも、現役時代に比べると筋肉量はだいぶ落ちていますし、スタイル(体形)は同じとは言えない。

 当時は朝から晩まで10時間以上練習する毎日で、1日で2kgほど体重が落ちました。当然エネルギーを消費して浮力も必要なので、1日5000キロカロリー以上の食事を5回ほどに分けて、無理やり口に入れるような生活だったんです。引退後、何が一番うれしかったかと言えば、もう無理に食べなくてもいいこと。もともと多く食べるほうではないので食事量は人並みになり、体重は減り、だから太らないために特に何かを節制してきたということはありません。

 ただ、3年前に自身の体を見直し、変化させようと思ったきっかけがありました。それが2015年末から毎年行っているシンクロナイズドスイミングのショーへの挑戦です。

48歳でシンクロ再挑戦を決意

 引退後、“水から陸”に上がった私は、五輪の招致活動はもちろん、シンクロの魅力を伝えていくことをライフワークとしてきました。そんな中、3年前にアクアパーク品川(東京)でシンクロナイズドスイミングのショーのお仕事のオファーをいただきました。私はシンクロの魅力を伝えるまたとないチャンスだと思い、「品川をラスベガス(*1)にする!」と決意しました。そして、若手に声をかけ、ショーのプロデュースやMCを手がけることに。すると関係者の方から、「ショーを成立させるために、ぜひ小谷さんも演技をしてほしい」という声をいただいたのです。

*1 米国ラスベガスで開催されているシルク・ドゥ・ソレイユ「O」というシンクロナイズドスイミングの要素が加わった水中パフォーマンスのオファーであったため

1/3 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 筋肉を衰えさせない「たんぱく質」の正しい摂取法

    最近、筋肉の大切さが指摘される中で、「たんぱく質をしっかりとるべき」という意識が定着しつつある。だが、たんぱく質は、誤解されていること、そして知っているようで知らないことが多くある。いくらとってもいいのか、肉と大豆ではどっちがいいのかなど、即答できない人も多いだろう。本特集では、たんぱく質の基礎から、正しい摂取法、そして身近な食品に含まれるたんぱく質の量までを一挙に紹介する。

  • あなたの腎臓、大丈夫? 急増する慢性腎臓病を防ぐ

    普段あまり意識することの少ない「腎臓」。だが近年、人口の高齢化に伴い、慢性腎臓病から人工透析へと至る患者が急増している。腎臓は、ひとたびその機能が失われると、坂道を転がり落ちるように悪化していく。そうなる前に腎臓の異常を察知し、腎機能の悪化を食い止めるにはどうすればいいのか。重要ポイントをまとめた。

  • もの忘れと将来の認知症の関係は?

    「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」…。“もの忘れ”は、ミドル以上なら誰にでも経験があるもの。本特集では、もの忘れの原因は何なのか、将来の認知症につながるのかなどについて紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.