日経グッデイ

あの人のカラダマネジメント術

榮倉奈々さん 「2019年は腸活」の理由

 高島三幸=ライター

アニメ『それいけ!アンパンマン』の劇場版最新作、映画『それいけ!アンパンマン きらめけ!アイスの国のバニラ姫』にゲスト声優として参加している榮倉奈々さん。アニメ声優の仕事や女優業など幅広く活躍し、家事・育児との両立を図りながら美しい体形を維持している榮倉さんに、その方法や健康管理についてお話を伺った。

映画『それいけ!アンパンマン きらめけ!アイスの国のバニラ姫』で、3度目のアニメ声優に挑戦した榮倉奈々さん(写真 厚地健太郎)

3度目のアニメ声優に挑戦して

今回のアンパンマンの映画では、「アイスの国」のバニラ姫の声を担当されましたね。まずは、仕事のオファーが来たときの感想をお聞かせください。

榮倉 幼い頃からアンパンマンを見て育ってきたような“アンパンマンっ子”だったので、とてもうれしかったです。しかも、やなせたかし先生の生誕100周年記念作品に参加させていただけるなんて光栄ですし、身が引き締まる思いでした。

 アフレコ収録のときはもう必死で……。1日目のアフレコが終わったときに少しほっとして、戸田恵子さん(女優・アンパンマンの声を担当)に連絡をさせていただきました。的確なアドバイスをいただき、「やっぱり戸田さんはかっこいいな」と思ったと同時に、本当にありがたかったです。

声のお仕事で準備されたことは?

榮倉 声のお仕事をさせていただく前は、喉を意識しすぎて、普段は気にしないようなことでも気になり、喉の調子が悪いように感じてしまうこともあります。なので、あまり特別なことはしません。風邪を引かないように気をつけることはもちろんですが、あとはプロポリス(*1)を飲むことぐらいでしょうか。すべてのお仕事に言えることですが、どのお仕事でも平常心を保ちながら臨めたらいいなと思います。

榮倉さんといえば、出産後も体形が全く変わらない健康美を保たれています。ご自身のインスタグラムには「2019年は腸活」だと書かれていましたが、腸活を始めたきっかけは何ですか?

榮倉 20代の頃は、トレーナーさんの指導のもと、ランニングや体幹トレーニングなどでストイックに体を鍛えていました。でもそのトレーナーさんに、「運動は大事。だけど、健康な体をつくる上で大切な割合は、運動が2割、食事が8割です」と言われたことがありました。そこで食生活を変えてみたら、自分の体形が変化したことをてきめんに実感し、食事に興味が湧きました。健康的な体と食の関係性を知りたくて、2016年に「アスリートフードマイスター(*2)」の検定を受けました。

 その際、添加物や農薬、大気汚染について少し学び、そういうものをなるべく取り込まない方がいいけれど、忙しい毎日のなかで、全く取り込まない食生活を送るのは難しいですし、添加物が入っていておいしいものや添加物が入っているからこそ安全に食べられるものもたくさんある。だったら、自分で自分の体をデトックスできるようになればいいと思ったのが、腸活に行き着いたきっかけです。

 自分の時間が限られている今は週1回程度、トレーナーさんに体幹トレーニングなどを指導していただき、家では空き時間にストレッチを欠かさず行って体の柔軟性を損なわないように意識しています。以前は「体の変化」が目的だった運動が、今は「健康維持」に変わった経緯もあり、激しい運動をしない代わりに、日々の食事で体形や健康を整えられればいいなとも思いました。もともと和食や発酵食品は好きでよく作ります。

ぬか漬けや味噌作りにもチャレンジしてらっしゃるとか。

*1 ミツバチが木の芽や樹液、あるいはその他の植物源から集めた樹脂製混合物
*2 アスリートのパフォーマンスを最大化するための最適な食プログラムを提供する人材の民間資格

榮倉 以前から、ぬか漬け作りにはチャレンジしていましたが、なかなか続かなくて……。今年になって再開しましたが、やっぱり難しいです。温度が高すぎると発酵しすぎてしまいますし、その都度、塩やぬかを足したり、水を抜いたりといろいろ試行錯誤するのですが、なかなか「これだ!」と思える味を保ち続けるのが難しい……。ただ、始めてみて、腸の調子はいいと思います。味噌作りも始めましたが、寝かせる(発酵)期間が長いですよね。あと半年待ちなので、効果はまだお伝えできません(笑)。

 自分なりの腸活としては、ぬか漬けのほか、納豆やキムチといった発酵食品を意識的にとっています。あとは、調味料を変えるだけでも腸活を始めやすく、続けやすいと思います。味付けに塩麹を使った料理は簡単でおいしいですし、市販の甘酒を買ってきて、砂糖の代わりに使っています。酵素ジュースも飲んでいますが、作るのに時間がかかり、発酵しているのかどうかという見極めも難しいです。

榮倉奈々さん 女優。1988年鹿児島県出身。主な出演作品は、ドラマ『Nのために』『東京タラレバ娘』、映画『余命1ヶ月の花嫁』『図書館戦争』シリーズなど

 テレビや雑誌、インターネットなどを見ると、いろんな健康情報が入り乱れていて、何がいいのか分からないことが多いと思います。できれば一生ものの健康法を探したいですが、そのときに大事なのは、自分の体に合ったもので、手間も金額的にも継続できるかどうか。私自身、気になる健康法はチャレンジし、自分に合うかどうか、ずっと続けられるかどうかを探っています。生活習慣に取り入れるときの一瞬の努力は必要ですが、それ以降、無理せずに続けられることが、探すときのポイントだと思います。

 今のところ塩麹などの調味料の活用は続いており、ぬか漬け作りも続きそうな気がしています。

 「アスリートフードマイスター」資格取得のための勉強を終えて思ったのが、結局「3食バランスよく食べましょう」という母から教わったようなことが、一番大事だということでした。バランスよく食べれば、健康管理はそんなに難しいものではありません。目新しい健康法にすぐ飛びつかず、基礎がしっかり続けられる日々を送ることが大事だなと実感しました。

「人に頼れるものは頼る」

食事以外に意識されている健康法は?

榮倉 睡眠は最低6時間、取るようにしています。その時間を確保するためにも意識しているのは、「人に頼る」ということ。1人で仕事と家庭のことを完璧にこなすのは難しいです。年齢やライフスタイルの変化によって、自分の考え方や力配分を変えていかないと、心身ともに健康でいられないことも実感しています。人に頼れるものは頼って、自分が常に健康でいることが、自分はもちろん、家族や自分を取り巻く人たちの笑顔につながると感じています。

(写真 厚地健太郎)

映画『それいけ!アンパンマン きらめけ!アイスの国のバニラ姫』

2019年6月28日(金)より公開中

監督:矢野博之
脚本:米村正二
声の出演:アンパンマン/戸田恵子、ばいきんまん/中尾隆聖、バニラ姫/榮倉奈々ほか

【ストーリー】
「アイスの国」のバニラ姫は上手にアイスを作れず、アイスの国を飛び出してしまう。そしてアンパンマンたちと出会い、アイス作りに本当に大切なものに気付いていく。そんな中、ばいきんまんがアイスの国を「バイキンアイスの国」にしようと大暴れ。アンパンマンとバニラ姫たちはアイスの国を守ろうとするが……。