日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > あの人のカラダマネジメント術  > 榮倉奈々さん 「2019年は腸活」の理由  > 2ページ目
印刷

あの人のカラダマネジメント術

榮倉奈々さん 「2019年は腸活」の理由

 高島三幸=ライター

榮倉 以前から、ぬか漬け作りにはチャレンジしていましたが、なかなか続かなくて……。今年になって再開しましたが、やっぱり難しいです。温度が高すぎると発酵しすぎてしまいますし、その都度、塩やぬかを足したり、水を抜いたりといろいろ試行錯誤するのですが、なかなか「これだ!」と思える味を保ち続けるのが難しい……。ただ、始めてみて、腸の調子はいいと思います。味噌作りも始めましたが、寝かせる(発酵)期間が長いですよね。あと半年待ちなので、効果はまだお伝えできません(笑)。

 自分なりの腸活としては、ぬか漬けのほか、納豆やキムチといった発酵食品を意識的にとっています。あとは、調味料を変えるだけでも腸活を始めやすく、続けやすいと思います。味付けに塩麹を使った料理は簡単でおいしいですし、市販の甘酒を買ってきて、砂糖の代わりに使っています。酵素ジュースも飲んでいますが、作るのに時間がかかり、発酵しているのかどうかという見極めも難しいです。

榮倉奈々さん 女優。1988年鹿児島県出身。主な出演作品は、ドラマ『Nのために』『東京タラレバ娘』、映画『余命1ヶ月の花嫁』『図書館戦争』シリーズなど
榮倉奈々さん 女優。1988年鹿児島県出身。主な出演作品は、ドラマ『Nのために』『東京タラレバ娘』、映画『余命1ヶ月の花嫁』『図書館戦争』シリーズなど

 テレビや雑誌、インターネットなどを見ると、いろんな健康情報が入り乱れていて、何がいいのか分からないことが多いと思います。できれば一生ものの健康法を探したいですが、そのときに大事なのは、自分の体に合ったもので、手間も金額的にも継続できるかどうか。私自身、気になる健康法はチャレンジし、自分に合うかどうか、ずっと続けられるかどうかを探っています。生活習慣に取り入れるときの一瞬の努力は必要ですが、それ以降、無理せずに続けられることが、探すときのポイントだと思います。

 今のところ塩麹などの調味料の活用は続いており、ぬか漬け作りも続きそうな気がしています。

 「アスリートフードマイスター」資格取得のための勉強を終えて思ったのが、結局「3食バランスよく食べましょう」という母から教わったようなことが、一番大事だということでした。バランスよく食べれば、健康管理はそんなに難しいものではありません。目新しい健康法にすぐ飛びつかず、基礎がしっかり続けられる日々を送ることが大事だなと実感しました。

「人に頼れるものは頼る」

食事以外に意識されている健康法は?

榮倉 睡眠は最低6時間、取るようにしています。その時間を確保するためにも意識しているのは、「人に頼る」ということ。1人で仕事と家庭のことを完璧にこなすのは難しいです。年齢やライフスタイルの変化によって、自分の考え方や力配分を変えていかないと、心身ともに健康でいられないことも実感しています。人に頼れるものは頼って、自分が常に健康でいることが、自分はもちろん、家族や自分を取り巻く人たちの笑顔につながると感じています。

(写真 厚地健太郎)

映画『それいけ!アンパンマン きらめけ!アイスの国のバニラ姫』

2019年6月28日(金)より公開中

監督:矢野博之
脚本:米村正二
声の出演:アンパンマン/戸田恵子、ばいきんまん/中尾隆聖、バニラ姫/榮倉奈々ほか

【ストーリー】
「アイスの国」のバニラ姫は上手にアイスを作れず、アイスの国を飛び出してしまう。そしてアンパンマンたちと出会い、アイス作りに本当に大切なものに気付いていく。そんな中、ばいきんまんがアイスの国を「バイキンアイスの国」にしようと大暴れ。アンパンマンとバニラ姫たちはアイスの国を守ろうとするが……。


先頭へ

前へ

2/2 page

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 脳を衰えさせる悪い習慣、活性化する良い習慣NEW

    「もの忘れがひどくなった」「単語がスッと出てこない」「集中力が落ちてきた」……。加齢とともに脳の衰えを実感する人は多いだろう。「このままだと、早く認知症になるのでは?」という心配が頭をよぎることもあるだろうが、脳の機能は加齢とともにただ落ちていく一方なのだろうか。どうすれば年齢を重ねても健康な脳を維持できるのか。脳に関する興味深い事実や、健康な脳を維持するための生活習慣について、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

  • 疲労解消は「脳の疲れ」をとることから

    しつこい「疲労」の正体は、実は脳の自律神経の機能の低下であることが近年の疲労医学の研究で明らかになってきた。本記事では、放置すると老化にもつながる「疲労」の怖さとその解消法を、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

  • 怖い病気を招く「中性脂肪」を食事・運動で徹底対策!

    健康診断でもおなじみの項目である「中性脂肪」。血液中の中性脂肪が150mg/dLを超えると、脂質異常症の1つ、「高中性脂肪血症(高トリグリセライド血症)」と見なされる。血管の老化を防ぎ、心筋梗塞や脳梗塞を遠ざけるためにも、中性脂肪が上がるのを避けなければならない。そこで、今回はやっかいな中性脂肪の正体や、食事や運動でできる鉄板の対策法を一挙紹介していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.