日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > あの人のカラダマネジメント術  > 水泳・入江陵介選手 すさまじいプレッシャーの中で結果を出す力  > 2ページ目
印刷

あの人のカラダマネジメント術

水泳・入江陵介選手 すさまじいプレッシャーの中で結果を出す力

五輪競泳メダリストに聞く(1)

 高島三幸=ライター

2021年4月、東京五輪代表選考会を兼ねた日本選手権での入江選手

五輪選考会は独特の雰囲気とすさまじいプレッシャー

国内では敵なしですが、それでも五輪選考会は緊張しましたか?

 もちろん緊張しましたね。五輪選考会は独特の雰囲気が漂います。日本は世界で戦える選手しか連れていかないので、タイムと順位の設定が厳しい。過去の実績は関係なく、決勝の一発勝負で代表を決めるので、ミスできないすさまじいプレッシャーは、どの選手にもあります。もちろん僕にもそれはあって、緊張する中、やってきた練習の成果を出すだけだと、割り切って泳ぎました。

すさまじいプレッシャーの中で、きちんと結果を出すには何が重要でしょうか。

 「自分のレース」をすることが一番大切です。競泳はつかみ合ったり人が邪魔したりする競技ではなく、自分の身一つで順位を競うスポーツ。自分自身がこういうレースをすると決めてその通りに泳げば、勝てるシンプルな競技です。でも、隣の選手が気になってペースが乱れればタイムロスが生じて思い通りのレースにならない。いかに周りに翻弄されず、自分が決めたレースを最後まで貫けるか。ある意味、心理戦でもありますが、自分のレースを貫くことができるのが、大きな舞台で結果を出せる一流選手です。そのためには、普段から他人と比べて練習やレースをするのではなく、自分と向き合い、自分で決めた目標を達成し続ける姿勢が大切だと思います。

自分と向き合うためにも、その都度レースに対して目標を持っている?

 もちろんそうです。大きな大会ほど目標を立てて挑むことが重要ですが、その通過点となる小さな試合でも、今回はどんなレース展開にするかとか、前半はこれくらいのタイムで入るといった通過タイムなどもコーチと相談しながら決めて、自分の泳ぎに集中しながら挑んでいます。

個人メドレーの萩野公介選手や瀬戸大也選手など、他の種目はライバルが切磋琢磨(せっさたくま)しながら競技力を上げてきたように思います。背泳ぎは後輩たちがなかなか上がって来ず、長い間、入江選手が一人でけん引してきたような印象があります。国内のライバル不在のしんどさを感じたことは?

 今回の五輪選考会でも他の種目では若い選手が代表に入っていますし、背泳ぎももっと若い選手が出てきてほしいっていう気持ちは、正直あります。自分の競技人生も決して長くはないので、次の世代の選手たちがもっと引っ張ってほしいとも思います。でも、そこに関して僕はどうすることもできません。

 ライバルがいないしんどさに関しては、あまり感じていませんでした。国内ではなく、世界で競い合うことを意識しているので。自分の中で目標を決めて、それに向かって淡々とトレーニングするだけです。ただやはり、日本選手権を連覇しているとはいえ、水泳をやめたいと思う挫折はたくさんありました。

第2回に続く)

(インタビュー写真 厚地健太郎)

◆五輪競泳メダリストに聞く

第1回

水泳・入江陵介選手 すさまじいプレッシャーの中で結果を出す力

第2回

水泳・入江陵介選手 どん底で助けられた北島先輩からの言葉

第3回

水泳・入江陵介選手 米国で目の当たりにした「本番に強い」の秘密

入江陵介(いりえ りょうすけ)さん
競泳選手
入江陵介(いりえ りょうすけ)さん 1990年大阪府生まれ。0歳から水泳を始める。2008年北京五輪で200m背泳ぎ5位入賞。09年背泳ぎ100m、200mで日本記録を樹立。12年近畿大学卒業の年に、ロンドン五輪で背泳ぎ200mと4×100mメドレーリレーで銀メダル、背泳ぎ100mで銅メダルを獲得。16年リオデジャネイロ五輪で100m7位、200m8位入賞。東京五輪代表に内定し、競泳チームの主将を務める。イトマン東進所属。著書に『それでも、僕は泳ぎ続ける。~心を腐らせない54の習慣~』(KADOKAWA)。

先頭へ

前へ

2/2 page

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

  • もの忘れと認知症の関係は? 認知症リスクを下げる生活のポイント

    年を取っても認知症にはならず、脳も元気なまま一生を終えたいと誰もが思うもの。しかし、「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」といった“もの忘れ”は、中高年になると誰もが経験する。⾃分は周りと比べて、もの忘れがひどいのでは? ひょっとして認知症が始まったのか? と不安になる人も多い。このテーマ別特集では、もの忘れの原因や、将来の認知症にどうつながるのか、認知症を予防するにはどうすればいいのかについて、一挙にまとめて紹介する。

  • 痛風だけじゃない!「高すぎる尿酸値」のリスク

    尿酸値と関係する病気といえば「痛風」を思い浮かべる人が多いだろう。だが、近年の研究から、尿酸値の高い状態が続くことは、痛風だけでなく、様々な疾患の原因となることが明らかになってきた。尿酸値が高くても何の自覚症状もないため放置している人が多いが、放置は厳禁だ。本記事では、最新研究から見えてきた「高尿酸血症を放置するリスク」と、すぐに実践したい尿酸対策をまとめる。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.