日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > あの人のカラダマネジメント術  > 福島千里さん 日本記録が出ても世界から見ると挑戦者
印刷

あの人のカラダマネジメント術

福島千里さん 日本記録が出ても世界から見ると挑戦者

元陸上競技女子短距離トップアスリート・福島千里さんに聞く(1)

 高島三幸=ライター

鋭いスタートとピッチを生かした走りで100m(11秒21)と200m(22秒88)の日本記録を樹立し、長年、トップを走り続けてきた陸上競技女子短距離界の女王・福島千里さんが、2022年1月末に現役引退を発表した。2008年の北京大会から3大会連続で五輪に出場。日本選手権では、2011年から6年連続で100mと200mの2冠を達成したが、近年は、両足のアキレス腱(けん)痛や太ももの肉離れに悩んで不振が続き、東京五輪で駆け抜ける姿を見ることはかなわなかった。今回は、福島さんに3回にわたって話を聞く。1回目は、引退を決意した理由と、日々のトレーニングで彼女が大切にしてきたことについて語ってもらった。

今はどのような生活を送っていますか。

 2021年4月から千葉県印西市の順天堂大学大学院スポーツ健康科学研究科で勉強しており、引退するまで同大学のグラウンドで練習していました。今は練習していませんが、同級生がまだ現役で走っているので、私もほぼ毎日グラウンドに行く習慣を続けています。走っている学生を見ているだけで、「頑張っているな」とほほ笑ましくなって癒やされています。たまに一緒に走ると血が騒いで、現役時代と同じように、「もう少しこうしたら速くなるかな」「もっとうまく走れないかな」と考えてしまいますね。

長年悩まされた両足のアキレス腱痛は?

 痛みが出るような激しい練習がなくなったので、痛みはまったくありません。

毎年引退が頭をよぎるなかで、現役を続けられた理由

引退を決めるまでの経緯について、聞かせてください。

 2021年秋の全日本実業団(*1)が終わってからマネージャーなどに相談して1カ月ほど悩んだ末、11月に指導を受けていた山崎一彦コーチ(順天堂大学スポーツ健康科学部教授、同大学陸上競技部監督)に相談しました。「自分でそう決めたのなら」と言っていただき、引退する決意が固まりました。陸上人生の集大成と考えていた東京五輪が終了したのと、ここ数年苦しいシーズンが続き万全の状態で走ることができなかったので、現役生活に区切りをつけるのはこのタイミングかなと思ったのが引退の理由です。

*1 第69回全日本実業団対抗陸上競技選手権大会

近年、引退が頭をよぎることは多かったのでしょうか。

 そうですね。日本陸上競技選手権が終わった後のインタビューで、毎回メディアの方に「これからどうしますか?」と質問され、「考えます」という返答の繰り返しで、私自身、「いつ最後の大会になるか分からないな」とずっと感じていました。それでもやめなかったのは、自国開催の五輪を目指さないわけにはいかないという自分の気持ちと、どんな結果だったとしても走り終わった後に、「もっとこうしたいよね」「もっとこうだったら」とコーチやトレーナーが次につながる希望を持たせてくださったこと、その理想に向けて一生懸命にサポートしてくださったことが大きいと思います。

 近年は満足する走りが一切できていなかったので、少しでも何か形に残したいと思い、大目標だった東京五輪が終わっても、秋の全日本実業団までは頑張ることにしました。

長年、悩んで迷ったうえの引退なのですね。決断した後は、どのような感情が湧いてきましたか。

 体が楽になった開放感や寂しさなど、いろんな感情が湧いてきました。最善を尽くして、やれることはやりました。でも、結果には結びつかなかった。だから、スッキリしたという達成感はありません。でも時間をかけて、「あのときは、よく頑張ったな」と思えればいいかなと思っています。

1/3 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 疲労解消は「脳の疲れ」をとることから

    しつこい「疲労」の正体は、実は脳の自律神経の機能の低下であることが近年の疲労医学の研究で明らかになってきた。本記事では、放置すると老化にもつながる「疲労」の怖さとその解消法を、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

  • 怖い病気を招く「中性脂肪」を食事・運動で徹底対策!

    健康診断でもおなじみの項目である「中性脂肪」。血液中の中性脂肪が150mg/dLを超えると、脂質異常症の1つ、「高中性脂肪血症(高トリグリセライド血症)」と見なされる。血管の老化を防ぎ、心筋梗塞や脳梗塞を遠ざけるためにも、中性脂肪が上がるのを避けなければならない。そこで、今回はやっかいな中性脂肪の正体や、食事や運動でできる鉄板の対策法を一挙紹介していく。

  • 長年の悩み「腰痛」を解消! 痛みを和らげる体操4選

    腰痛は日本人の国民病とも言える身近な症状だ。特に問題なのは、原因がはっきりしない、「なんだか知らないけど、いつの間にか…」始まってしまう「慢性腰痛」だ。長年にわたって慢性腰痛で悩む人は少なくない。そこで、今回は長引く腰痛の解消が期待できる体操を一挙紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.