日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > あの人のカラダマネジメント術  > プロトレーナーが実践! 食べ過ぎたら「12時間プチ断食」  > 2ページ目
印刷

あの人のカラダマネジメント術

プロトレーナーが実践! 食べ過ぎたら「12時間プチ断食」

人気トレーナー・木場克己さんのカラダメンテ術(4)

 松尾直俊=ライター

 そのほか私自身が食生活で気を付けているのは、炭水化物(糖質)と脂質をとり過ぎないことです。もっとも、糖質は体に必要なエネルギー源なので、ある程度は食べる必要がある。ですから、炭水化物は1日1食だけ、昼か夜に食べるようにしています。脂質のほうは、とり過ぎるとやっぱり内臓が疲れます。朝起きて体調が悪い日は、だいたい前日に脂物を食べ過ぎていますから、そういったことを避けるためにも、なるべく脂物はとり過ぎないよう調整しています。

食事タイムは「心の栄養補給」タイム

 食事は、私にとっては体の栄養補給のほかにも大切な要素があります。それは「人とのコミュニケーション」、つまり心の栄養補給です。人と話して刺激をもらうのは、脳を活性化させるという意味で、健康維持に欠かせない要素だと思います。そんなこともあり、基本的に週に半分は人と会って食事をし、仕事のアイデアやヒント、新しい考え方に触れるようにしています。ただ、そうすると経費もかさむので、会社からは「社長、ちょっと経費を使い過ぎています」と言われるんですけどね(笑)。

若い世代や異業種の人との交流は、心の栄養補給タイムです(写真 村田わかな)

 あと、うちは社員たちがみんな若いのですが、彼らや、指導する若い現役選手たちと話をする、意見を聞くといったことも刺激になります。「そんなことを考えていたのか」「僕にないアイデアやものの見方だな」と思うこともしばしばありますね。いろいろな世代の人や、自分とは違う社会経験のある人と交流することが、若さを保つ秘訣というか、健康を保つことにつながっていると思います。

 そうした交流を通じて得たアイデアやヒントから、新しい仕事をつくり出していくのが、とにかく楽しくて仕方ないですね。実は私はこれといった趣味がなくて、聞かれたときには「仕事が趣味です」と答えるんです(笑)。これは別に格好をつけているわけではなくて、自分が思って始めたことが成果につながる、成果といってもお金ではなくて、ほかの人から評価されることが楽しいのです。

 私自身はプロトレーナーを名乗っていますが、プロとしての評価の軸は、お金ではなく影響力、つまり、たくさんのお金を稼ぐのがプロではなく、いろいろな人に、職業として、人として、影響力があることがプロだと考えています。これは選手も指導者も同じで、いくら報酬が多くても、影響力がないとプロとはいえません。逆に、報酬が少なくても影響力があり、その人の言葉通りに人が動く、そんな人がプロといえるのではないでしょうか。私も、自分自身を磨き続け、トレーナーとして影響力のある存在でありたいと常に思っています。

 今はFC東京U-18の久保建英選手や水泳の池江璃花子選手といった、次の東京オリンピック世代の若手選手も見させてもらっています。2020年、私は57歳になりますが、まだまだ、求められる限りはプロトレーナーとしての仕事を続けていきますよ。


人気トレーナー・木場克己さんのカラダメンテ術

第1回 腹を凹ますだけ! プロ直伝、太りにくい体になる体幹トレーニング
第2回 正しい姿勢で「ドローイン」それだけで体幹は鍛えられる
第3回 筋力維持に! 30過ぎたら習慣化したい1日1回「片足立ち」
第4回 プロトレーナーが実践! 食べ過ぎたら「12時間プチ断食」
(写真 村田わかな)
[画像のクリックで拡大表示]
木場克己(こば・かつみ)さん
鍼灸師、柔道整復師、日本体育協会公認アスレティックトレーナー
木場克己(こば・かつみ)さん 鍼灸師、柔道整復師、日本体育協会公認アスレティックトレーナー。1965年鹿児島県出身。FC東京ヘッドトレーナー(1995~2002年)、サンフレッチェ広島 育成コンディショニングアドバイザー(2011~2013年)、ガンバ大阪ユース コンディショニングアドバイザー(2016年)などを歴任。創部3年目にして「クイーンズ駅伝2016」で優勝した日本郵政グループ女子陸上部の体幹トレーニングを指導。アスリートウェーブ代表取締役、オフィシャルサイトhttp://kobakatsumi.jp/

先頭へ

前へ

2/2 page

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 肩の痛みから高血圧まで、「姿勢の崩れ」は様々な不調の原因に

    「姿勢」が、肩こりや腰痛の原因になることを知っている人は多いだろうが、足の痛みや高血圧、誤嚥性肺炎まで、全身の様々な不調・疾患の原因になることをご存じの方は少ないかもしれない。これまでに掲載した人気記事から、姿勢と様々な病気・不調との関係について知っておきたいことをコンパクトにまとめた。

  • あなたも「隠れ心房細動」?! 高齢化で急増する危険な不整脈

    脈の速さやリズムが乱れる「不整脈」。その一種である「心房細動」は、高齢化に伴い患者数が増加しており、潜在患者も含めると100万人を超えると言われている。心房細動の怖いところは、放置すると脳梗塞などの命に関わる病気を引き起こす可能性があることだ。本記事では、心房細動の症状や早期発見のコツ、治療のポイントなどをコンパクトにまとめた。

  • 変形性膝関節症のつらい痛みを改善する運動とは?

    年を取ると多くの人が感じる「膝の痛み」。その原因で最もよくあるケースが「変形性膝関節症」だ。膝が痛いと外出がおっくうになり、体を動かす機会が減るため、そのまま何もしないとますます足腰が衰えてしまう。だが実は、変形性膝関節症の痛みをとり、関節の動きを改善するために有効なのが、膝への負担を抑えた「運動」なのだ。ここでは、膝の痛みが起きる仕組みから、改善するための運動のやり方までをまとめよう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設 日経Gooday春割キャンペーン

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.