日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > あの人のカラダマネジメント術  > 中山雅史さん つらいリハビリ続けたから分かったこと  > 2ページ目
印刷

あの人のカラダマネジメント術

中山雅史さん つらいリハビリ続けたから分かったこと

不屈のサッカー人生(2)

 高島三幸=ライター

悪あがきだと思われても、精いっぱいやっていきたいと語る中山さん。公に語ることで、それをチャレンジするための原動力にしているという

すごいリハビリチームですね。

 何人もの専門医を受診した結果、すべて「この膝でサッカーなんて無理」という答えだったなかで、サッカーがしたいという僕の思いを知って協力してもらえることは本当にありがたかったです。情報を共有し意見交換しながら、トレーニングやリハビリ、治療をトータルでサポートしてもらえていることも助かっています。

リハビリ1つとっても、さまざまなやり方や新しい方法も出てくる中、自分に合うものを取捨選択するのは難しいと思います。どんな考えで選んでいるのでしょうか。

 本当にさまざまなアプローチがあって、リハビリや治療に関するいろんな情報が耳に入ってきます。そうした情報を積極的に得ることは大事です。でも、おっしゃる通り何がよくて何が合っているのか、自分ではなかなか判断できません。だからといって、あれもこれもとつまみ食いのようなリハビリではダメだと思うんです。芯が通っているというか、自分が納得し、成果につながる可能性を信じられるものじゃないと、全身全霊で孤独なリハビリや治療に取り組めません。信頼できるチームの皆さんに納得できるまで話を聞き、分からないことは質問し、相談することが大事だと思います。その時の自分に一番いいと思えるメニューを一緒に選んだり、任せたりする。そして、やると決めたら信じてやる。僕はただひたむきにベストを尽くすだけです。

 悪あがきだと思われても、とにかく、自分のやれることを精いっぱいやっていきたいと思うんです。「あの時、ああだったしな…」「あの時こうしておけば」といった後悔を少しでもなくしたいし、「この先、どうなるんだろう」と不安に思っても何も変わりません。

 1998年のフランスワールドカップのクロアチア戦で、しっかりとボールを捉えたと思ったシュート(*3)がありましたが、もしゴールが決まっていたら、今サッカーをやっていないかもしれません。あれを決めていたらその後の人生、違っていたのかなとも思います。でも過去は変えられません。であれば、今を大切に一生懸命やるしかない。とにかく何かを変えるためには、行動を起こさなきゃと思うんです。偉そうなことを言っていますが、こうして公言してチャレンジするための原動力にしています(笑)。

*3 中田英寿選手からパスを受けて中山選手がシュートしたものの、相手ゴールキーパーのファインセーブに阻まれた。

現役を続けたからこそ分かる、三浦知良選手のすごさ

同じ50代でチャレンジされている選手として、三浦知良選手もいらっしゃいますが、中山さんからはどのように見えているのでしょうか。

 カズさんは別格だと思います。カズさんはカズさんのサッカー人生の突き詰め方があるだろうし、生き方がある。僕が彼と同じ土俵にいるなんて、全く思っていないです。

 カズさんの場合、体のメンテナンスはもちろんですが、シーズンへと入る前にキャンプで体をしっかり作って、チームメイトとのレギュラー争いを経て、先発になったりサブになったりを繰り返す日々を送っています。それを今までやり続けていることは、本当にすごいこと。ピッチにも立てていない僕とは、比較対象にならないです。

 ただ、僕は僕なりに50代を超えてもトレーニングを続けてきたので、「53歳で真剣にサッカーをやるってどういうことか」については誰よりも分かっているつもりです。相当しんどいことだし、それを継続していくことはもっとしんどいことだと、自分の身をもって体感しています。だからこそ、さらなる未知の世界に一人で突き進んでいるカズさんのすごさを、恐らく誰よりも実感できているし、伝えられると思っています。

「諦める」ために現役を続けてきた

中山さんも、その未知の世界というのを体感しているわけですよね。それはやはり幸せなことなのでしょうか?

 幸せであり、不幸せであり、期待があり、不安があり。だから自分の中で、「これだけやったけど、ここまでか」という気持ちになりたいなという思いはあります。諦めるためにやっているところはあるんです。

諦めるとは?

好きで続けてきたサッカーなので、どこまでやれるかを突き詰めていると語る

 「明らかにして、究める」といった意味で使っています。そのためにトレーニングをしています。「まだできるのに」「ああすればできたのに」という思いが残っている限り、未練がどんどん膨らみます。それがつきまとっているからこそ、明らかに究めるまで頑張りたい。「ここまでやったけれど、その先に行けない。でもここまでやったんだから!」という思いを持ちたいのです。

 本当に諦めが悪いです。でもこれは自分の性格というより、僕が好きで続けてきたサッカーだからこそ、それに対して「自分はどこまでやれるんだろう」という、サッカーを突き詰めたい気持ちの現れだと思います。

 ただ、それが体をむしばんでいくのであれば、そこはちゃんと考えなきゃいけないと、最近ようやく思うようになりました。毎年膝の検査をしていますが、MRIやレントゲン画像を見て現状維持や少し悪化したではなく、すごく悪化しているなと思ったときが、辞めどきなのかなとも思います。

第3回に続く)

(写真 厚地健太郎)

◆不屈のサッカー人生

第1回

中山雅史さん ケガと闘い現役にこだわり続けた日々

第2回

中山雅史さん つらいリハビリ続けたから分かったこと

第3回

中山雅史さん ユース選手に伝えたプロで生き残るすべ

中山雅史(なかやま まさし)さん
サッカー元日本代表、ジュビロ磐田コーチ
中山雅史(なかやま まさし)さん 1967年生まれ。静岡・藤枝東高、筑波大学を経て、90年にヤマハ発動機サッカー部(現・ジュビロ磐田)に入団。98年、Jリーグ年間最多の36ゴールを記録(当時)し得点王と最優秀選手(MVP)、2000年にも得点王に輝く。1998年フランスW杯、2002年日韓W杯の2大会に出場し、1998年フランスW杯のジャマイカ戦で日本人選手としてW杯初ゴールを決めた。2010年コンサドーレ札幌に移籍。12年第一線を退くことを発表。15年アスルクラロ沼津と契約。20年S級ライセンスを取得。21年ジュビロ磐田のコーチに就任。同時にYouTubeを始める。新著に『再起は何度でもできる』(PHP研究所)

先頭へ

前へ

2/2 page

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

  • もの忘れと認知症の関係は? 認知症リスクを下げる生活のポイント

    年を取っても認知症にはならず、脳も元気なまま一生を終えたいと誰もが思うもの。しかし、「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」といった“もの忘れ”は、中高年になると誰もが経験する。⾃分は周りと比べて、もの忘れがひどいのでは? ひょっとして認知症が始まったのか? と不安になる人も多い。このテーマ別特集では、もの忘れの原因や、将来の認知症にどうつながるのか、認知症を予防するにはどうすればいいのかについて、一挙にまとめて紹介する。

  • 痛風だけじゃない!「高すぎる尿酸値」のリスク

    尿酸値と関係する病気といえば「痛風」を思い浮かべる人が多いだろう。だが、近年の研究から、尿酸値の高い状態が続くことは、痛風だけでなく、様々な疾患の原因となることが明らかになってきた。尿酸値が高くても何の自覚症状もないため放置している人が多いが、放置は厳禁だ。本記事では、最新研究から見えてきた「高尿酸血症を放置するリスク」と、すぐに実践したい尿酸対策をまとめる。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.