日経Gooday TOP  > からだケア  > あの人のカラダマネジメント術  > 中山雅史さん ケガと闘い現役にこだわり続けた日々  > 3ページ目

あの人のカラダマネジメント術

中山雅史さん ケガと闘い現役にこだわり続けた日々

不屈のサッカー人生(1)

 高島三幸=ライター

ピッチに立てなくてもトレーニングを続ける理由

なかなかピッチに立てない中で、どうして孤独でつらいリハビリ生活を続けられるのでしょうか。

 約8年も公式戦から離れているので、ピッチに立つのはなかなか難しいなと思う自分もいました。でもやっぱり純粋にサッカーが好きで、グラウンドに立ってみんなと練習したいから続けているんですよね。その先に試合があるのでしょうが、そこまで考える余裕はありませんでした。

 「きついなあ、これだけやっても先が見えてこないよ」と、どうすればいいのか迷うことも一度や二度ではありませんでした。リハビリ中に痛みが出たら不機嫌になったり、筋トレの効果がなかなか現れなくて一歩ずつ上に登っていくことしか考えていませんでした。本来、トレーニングし続けることで結果に結びついて、自信につながりますが、そうした練習の成功体験も今ではマイナスになる場合が多く、トレーナーからは「昔の成功体験は忘れてください」と言われました。

 葛藤がないと言ったら嘘になりますが、それでも「自分がやりたいことは何か」と考えると、やっぱりサッカーがやりたい。それがしんどいならやめればいいだけです。僕は、ただサッカーをやめることが嫌だから挑戦してきました。とすれば、自分が好きで挑戦しているのに、モチベーションが湧かないと口に出すのはおかしいだろうと思うわけです。

ネガティブな気持ちが続けば、ストレスがたまりそうですが。

 たまりますが、考え方次第だと思います。例えば、僕がやってみて意外と効果があったのは、自分をカッコいいと思い込むこと。そして、自分の熱狂的なファンになることです。黙々とリハビリしている姿を人が見たら「ケガと闘っている中山、かっこいいと思うんじゃないかな」などと、勝手に思い込む。誰も見てなくても、「こうした地道な努力が本当の力になる」と、今まで以上に強くなった自分を想像しながら、自分で自分を盛り上げる。そんなイメージでリハビリトレーニングに取り組んできました。

 50歳を超えてもアスルクラロ沼津という練習やリハビリできる場を与えてもらったのですから、そこに感謝して自分のやれることを精いっぱいやらなければいけないとも思っていました。何より後で「あの時、こうしておけば」という後悔を少しでもなくしたい。後悔する歳でもないんですけどね。

第2回に続く)

(写真 厚地健太郎)

中山雅史(なかやま まさし)さん
サッカー元日本代表、ジュビロ磐田コーチ
中山雅史(なかやま まさし)さん 1967年生まれ。静岡・藤枝東高、筑波大学を経て、90年にヤマハ発動機サッカー部(現・ジュビロ磐田)に入団。98年、Jリーグ年間最多の36ゴールを記録(当時)し得点王と最優秀選手(MVP)、2000年にも得点王に輝く。1998年フランスW杯、2002年日韓W杯の2大会に出場し、1998年フランスW杯のジャマイカ戦で日本人選手としてW杯初ゴールを決めた。2010年コンサドーレ札幌に移籍。12年第一線を退くことを発表。15年アスルクラロ沼津と契約。20年S級ライセンスを取得。21年ジュビロ磐田のコーチに就任。同時にYouTubeを始める。新著に『再起は何度でもできる』(PHP研究所)

先頭へ

前へ

3/3 page

新型コロナウイルス感染症 最新情報はこちら
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.