日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > あの人のカラダマネジメント術  > 中山雅史さん ケガと闘い現役にこだわり続けた日々  > 2ページ目
印刷

あの人のカラダマネジメント術

中山雅史さん ケガと闘い現役にこだわり続けた日々

不屈のサッカー人生(1)

 高島三幸=ライター

「運動しながら回復を待つ」というやり方

そのほか山中さんとの対談で、特に印象深かったお話は?

 ケガの治療に対する考え方でしょうか。例えば、ケガをして整形外科で診てもらうと、「しばらく休んでください」と言われ、お薬をもらいます。痛みをなくすには休むことが一番だと頭では分かっているのですが、休むと積み上げてきたトレーニングがリセットされるようで怖いんです。

 しかも年齢を重ねるほど、積み上げたものを取り戻すのはとてもつらい作業だと分かっています。休んで痛みが和らいでも、練習を再開するとまた痛くもなる。だから、長年お世話になっているリハビリチームの知恵と手を借りながら、膝に負担がかからないように「動かしながら回復を待つ」トレーニングを実践してきました。しっかり休むことが大事だと思いつつも、トレーニングしながら治せないかという矛盾と闘ってきたんですよ。

具体的にどのような方法ですか?

 多くの診察や治療、リハビリを受けて分かったのは、痛みの原因は負傷した部位だけでなく、そこにつながっている関節や筋肉といった他の部位や動かし方にもあるということでした。「膝が痛いのは、脚全体や股関節の動かし方にも問題がある」とリハビリトレーナーから指摘を受け、膝への負担を減らすために股関節や足首を柔らかくするトレーニングを続けてきました。もちろん骨折などは安静が必要ですが、体の構造から痛みの原因を考え、「動かしながら治す」というやり方に、山中さんも共感してくださって。自分がやってきたことは間違いではないと証明されたようで、うれしかったですね。

半月板がない状態で走るための裏の努力

半月板も軟骨もほとんどない状態で走れるのが不思議ですが、具体的にどんなトレーニングをされているのでしょうか。

 年2回ほど膝のMRI撮影をしてくださるお世話になっている医師からも、なぜ走れるのか分からないと言われます。大腿骨と頚骨がぶつかって痛いし、やっぱり怖いです。だけど走れるんです。

 僕はX脚なので、走るときに軸足の膝が内側に入ってしまい痛みが出てしまいます。でも、お尻の力を入れると軸足の膝は外側に向きます。だから、お尻の筋肉を鍛えてステップを踏むようなトレーニングをしています。あとは、足の指で体重を支えられるような力がつけば、膝への負担が多少なりとも和らぐという考えから、足の指を曲げて丸めたまま立つトレーニングもしてきました。

足指を丸めたまま立つ!?ですか。

足のつま先(上写真右)で立つのではなく、下写真のように、足の指を曲げて丸めたままで立つトレーニングを続けたという
足のつま先(上写真右)で立つのではなく、下写真のように、足の指を曲げて丸めたままで立つトレーニングを続けたという

 バレリーナは足のつま先で立ちますが、足の指を丸めた状態で立つんです。こんな感じですね(写真)。

 例えば、拳を作ると力が入りますよね。それを足の指でするイメージです。これができれば、走ったときに地面から受ける衝撃を和らげることができ、膝への負担が軽くなるという理屈です。リハビリトレーナーのアドバイスで始めましたが、全体重が足の指にかかるので、最初はめちゃくちゃ痛くて指が腫れたし、立つことすらできませんでした。努力と根性でやるしかないと言われ、毎日地道に続けた結果、今はこの状態で歩けるようになりました。

 痛くて地味なトレーニングを続けてきたわけですが、せっかくアスルクラロ沼津に入団させてもらったのに試合に出るところまでいけませんでした。情けないとふがいない気持ちが常にありました。

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 加齢で進む胃の不調 機能性ディスペプシアと逆流性食道炎の原因と対策

    加齢により胃の機能が衰えると、さまざまな不調が起きる。ピロリ菌の除菌が進んで胃がんや胃潰瘍が減ってきた今、胃の病気の主役は、胃もたれや胃痛の症状を招く「機能性ディスペプシア」と、胸やけやげっぷが起きる「逆流性食道炎」の2つに移行しつつある。なぜ機能性ディスペプシアと逆流性食道炎は起きるのか、どのような治療が必要なのか、セルフケアで改善・予防できるのか。このテーマ別特集では、胃の不調の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

  • 「中途覚醒が多く寝た気がしない」 中高年の睡眠の悩み解消術

    「睡眠の途中で何度も目を覚まし、眠った気がしない」「早朝に目覚めてしまい、その後なかなか寝付けない」――。歳をとるにつれ、そんな「中途覚醒」「早朝覚醒」に悩まされるようになったという人も多いだろう。なぜ中途覚醒は起きるのか。中途覚醒を解消して、若い頃のような「熟睡」を手に入れることはできるのか。このテーマ別特集では、中途覚醒の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.