日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > あの人のカラダマネジメント術  > 中山雅史さん ケガと闘い現役にこだわり続けた日々
印刷

あの人のカラダマネジメント術

中山雅史さん ケガと闘い現役にこだわり続けた日々

不屈のサッカー人生(1)

 高島三幸=ライター

2020年に初の自叙伝『再起は何度でもできる』(PHP研究所)を出版した中山雅史さん(53)。2大会連続でW杯に出場し、1998年のフランスW杯のジャマイカ戦では日本人選手としてW杯初ゴールを決めた。得点王としても名をはせ、記録と記憶に残るプレーで私たちを魅了したが、ケガが絶えず、手術やリハビリの繰り返しで苦しんだ。2015年からアスルクラロ沼津(現在はJ3)に選手として所属していたが、2021年1月古巣のジュビロ磐田(J2)のコーチに就任。「プレーヤーとしての練習はひとまず休む」と語り、これは引退ではないという。アスルクラロでは痛みでピッチに立てない中、なぜ現役にこだわり続けたのか。そして、ケガによるメンタルの低下と、どのように闘ってきたのかを伺った。

2020年、アスルクラロ沼津に所属していたときに取材に応じる中山雅史さん

今年1月まで選手としてアスルクラロ沼津に所属し、現役にこだわられた中山さんですが、常にケガと闘いながらプレーされてきた印象が強いです。

 僕のプレーはアグレッシブにボールを追い求めるスタイルなので、試合中に相手と激突して流血や骨折することとは常に隣り合わせでした。1999年のコパ・アメリカ(南米選手権)の直前合宿をアルゼンチンでしていたとき、練習試合で相手選手のつま先が右眼の下を直撃し、眼窩底骨折という右眼を包んでいる周りの骨の薄い部分が折れて、手術したこともありました。そのほか膝の故障や手の骨折などで何度も手術を受けましたが、長年苦しんできたのはやはり膝のケガです。

 大学を卒業してヤマハ発動機に入社した翌年の1991年に、右膝の内側側副靭帯と半月板を損傷し、それ以来、両膝をそれぞれ2、3回ずつ手術しました。痛みをなくして早く復帰したい一心で手術を繰り返したら、削っていくうちに両膝の半月板がほとんどなくなってしまって。骨同士が当たって軟骨もかなりすり減りました。

 42歳で当時J2だったコンサドーレ札幌に移籍したとき、半月板がないので大腿骨と脛骨(けいこつ)がぶつかって激痛が走って炎症を起こす骨挫傷(こつざしょう)にも悩まされました。また、仮骨(かこつ)という不完全な骨様組織もできていて、それがささくれのように引っかかるため、膝の曲げ伸ばしもうまくできませんでした。痛みで思うように体が動かず、チームに貢献できなかったことが情けなかったですね。

iPS細胞で半月板は再生できるのか

2020年に出版された中山さんの初の自伝では、京都大学iPS細胞研究所所長の山中伸弥さんとの対談が収録されています。やはりケガとiPS細胞をメインでお話しされていますが、どんな感想を持たれましたか。

 山中さんとお話しできる貴重な機会をいただいたので、iPS細胞とケガをテーマに質問しました。山中さん自身もマラソンにチャレンジするランナーで、膝の痛みを抱えながら練習されているらしく、僕らが抱く不安や悩みを理解したアスリート目線でお話しくださるし、何を聞いても分かりやすく答えてくださる。“一家に一台”じゃないけれどいつも側にいてほしいくらい、ずっとお話を聞いていたい方でした。

iPS細胞による再生医療に関心があったのでしょうか。

月板は、膝の関節にある組織の名前。大腿骨と脛骨(けいこつ)の間にあり、アルファベットの「C」のような形をしている。(c)alila-123RF

 そうですね。僕自身、長年ケガに悩まされ、さまざまな手術や治療、リハビリに挑戦し続けてきたので。膝の痛みがこの先もっとひどくなったら、人工関節を膝に入れなければいけないかなと思っていたのです。

人工関節を膝に入れてプレーができるのですね。

 海外のサッカー選手では事例があります。ただ、人工関節の寿命は15~20年ぐらいで、サッカーをすれば5年も持たないだろうと思います。それに、今の医学の技術では人工関節の入れ替えの処置は2回しかできないと聞いたことがあって。2回以上やれば骨を削ることになり、脚の長さが変わってしまって車椅子生活になるそうです。

 だからもし近い将来、iPS細胞を使った半月板の再生が可能なら、人工関節置換手術に代わる選択肢になると思い、「iPS細胞で半月板が再生できるのか、もしできるならいつ頃か」と質問したのです。すると、「半月板はデリケートすぎるので、まだまだ難しい」との返答でした。ただ、iPS細胞を使った軟骨の再生は実現の可能性が高く、それなら人工関節を入れなくても済むかもしれないとも教えていただきました。いつになるか分かりませんが、僕は150歳まで生きる予定なので(笑)、iPS細胞から作った軟骨の移植が1日でも早く実現することを期待しているとお伝えしました。

1/3 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

  • もの忘れと認知症の関係は? 認知症リスクを下げる生活のポイント

    年を取っても認知症にはならず、脳も元気なまま一生を終えたいと誰もが思うもの。しかし、「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」といった“もの忘れ”は、中高年になると誰もが経験する。⾃分は周りと比べて、もの忘れがひどいのでは? ひょっとして認知症が始まったのか? と不安になる人も多い。このテーマ別特集では、もの忘れの原因や、将来の認知症にどうつながるのか、認知症を予防するにはどうすればいいのかについて、一挙にまとめて紹介する。

  • 痛風だけじゃない!「高すぎる尿酸値」のリスク

    尿酸値と関係する病気といえば「痛風」を思い浮かべる人が多いだろう。だが、近年の研究から、尿酸値の高い状態が続くことは、痛風だけでなく、様々な疾患の原因となることが明らかになってきた。尿酸値が高くても何の自覚症状もないため放置している人が多いが、放置は厳禁だ。本記事では、最新研究から見えてきた「高尿酸血症を放置するリスク」と、すぐに実践したい尿酸対策をまとめる。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.