日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > あの人のカラダマネジメント術  > バレーボール柳田選手 ケガ防止「調子よいときこそ冷静に」  > 3ページ目
印刷

あの人のカラダマネジメント術

バレーボール柳田選手 ケガ防止「調子よいときこそ冷静に」

一流アスリートの自己管理術(3)

 高島三幸=ライター

東京五輪の延期に何を思ったのか

東京五輪の延期が決まったとき、何を思われましたか?

 その報道を受ける前に、ドイツで毎日、感染者数が右肩上がりに増えているニュースを見ていたので、不安とともに、この状況で仮に五輪が開催できたとして、一体誰のための五輪なんだろうと疑問に思い始めました。

 欧州から帰国して2週間、ホテルに隔離されていた時も、五輪のことよりも、多くの人の命が危険にさらされているという現状と、この猛威からどうやって自分や自分に関わる人たちを守らなければいけないかということで頭がいっぱいだったと思います。

 五輪の延期が発表されてはじめて、目標設定をもう一度見直し、まずは日本でしっかり結果を出して、コンディションも上げてオリンピックに臨めるような準備をしようと頭を切り替えました。でも、当時はランニングも控えていたし、家で10キロや20キロ程度のダンベルを持ってウエートトレーニングをするぐらいしかできなかった。1回目の緊急事態宣言が解除されて、やっと少しずつ動き出した感じでした。

 こうやって振り返ると、競技や練習が当たり前のようにできることをとても幸せに思います。僕の職業は、バレーボール選手です。仕事ができるという安心感を、改めて得られた感覚ですね。

今後の目標は?

 所属している古巣のサントリーサンバーズでリーグ優勝するということが、まず大きな目標なので、それを達成することで東京五輪への道もスムーズになっていくかと思っています。

 昨シーズンは、コロナでリーグが途中で終わってしまいましたが、その前のシーズンはケガで途中離脱し、シーズンを戦い切れる体を作ることができませんでした。今シーズンはしっかりと体づくりをして、ケガなくリーグを終えることが課題です。

 そして、日本代表になればさらにハードなスケジュールが待っているので、それに耐えられるコンディション作りを目指します。ウイルスという自分たちではどうすることもできない現状で気持ちが揺れないためには、目の前の目標や課題に集中してコツコツと準備するしかないと思います。

◆一流アスリートの自己管理術

第1回

バレーボール柳田選手 伸び悩み防いだメンタルは「自主性」

第2回

バレーボール柳田選手 海外武者修行で学んだ前向きマインド

第3回

バレーボール柳田選手 ケガ防止「調子よいときこそ冷静に」

柳田将洋(やなぎだ まさひろ)さん
バレーボール選手
柳田将洋(やなぎだ まさひろ)さん 1992年東京都生まれ。小学1年生からバレーボールを始め、東洋高校では主将として第41回全国高等学校バレーボール選抜優勝大会優勝。慶応義塾大学在学中に全日本メンバーに招集される。サントリーサンバ―ズに入団し、2015/16 Vプレミアリーグ最優秀新人賞を受賞。17年にプロに転向し、ドイツ・ティービー・インガーソル・ビュール、ポーランド・クプルム・ルビン、ドイツ・ユナイテッドバレーズでプレー。20年サントリーサンバーズと契約。

先頭へ

前へ

3/3 page

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 放置は厳禁! 「脂肪肝」解消のコツNEW

    人間ドック受診者の3割以上が肝機能障害を指摘されるが、肝臓は「沈黙の臓器」だけあって、数値がちょっと悪くなったくらいでは症状は現れない。「とりあえず今は大丈夫だから…」と放置している人も多いかもしれないが、甘く見てはいけない。肝機能障害の主たる原因である「脂肪肝」は、悪性のタイプでは肝臓に炎症が起こり、肝臓の細胞が破壊され、やがて肝硬変や肝がんへと進んでいく。誰もが正しく知っておくべき「脂肪肝の新常識」をまとめた。

  • 肩の痛みから高血圧まで、「姿勢の崩れ」は様々な不調の原因に

    「姿勢」が、肩こりや腰痛の原因になることを知っている人は多いだろうが、足の痛みや高血圧、誤嚥性肺炎まで、全身の様々な不調・疾患の原因になることをご存じの方は少ないかもしれない。これまでに掲載した人気記事から、姿勢と様々な病気・不調との関係について知っておきたいことをコンパクトにまとめた。

  • あなたも「隠れ心房細動」?! 高齢化で急増する危険な不整脈

    脈の速さやリズムが乱れる「不整脈」。その一種である「心房細動」は、高齢化に伴い患者数が増加しており、潜在患者も含めると100万人を超えると言われている。心房細動の怖いところは、放置すると脳梗塞などの命に関わる病気を引き起こす可能性があることだ。本記事では、心房細動の症状や早期発見のコツ、治療のポイントなどをコンパクトにまとめた。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設 日経Gooday春割キャンペーン

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.