日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > あの人のカラダマネジメント術  > 鈴木明子さん 苦難を乗り越えるのに重要な「イメージ喚起力」  > 2ページ
印刷

あの人のカラダマネジメント術

鈴木明子さん 苦難を乗り越えるのに重要な「イメージ喚起力」

フィギュアスケート五輪元⽇本代表の鈴⽊明⼦さんに聞く(中)

 高島三幸=ライター

 どの病気にもいえることですが、症状が重ければ重いほど、「ただ治す」ことが目的では頑張る気力が続かないし、つらい闘病生活を乗り切るのは難しい。特に摂食障害になりやすい人は、完璧主義者や神経質、目標に向かって頑張ることを生きがいにしているタイプが多いような気がするのです。私がまさしくそうしたタイプで、周りに「学校もスケートもやめて、とにかくこの病気を治しましょう」と言われても、「治ったところで、私はその先何を目標に生きていくの?」と思ってしまった。

「何のために病気を治すのか。それをイメージできたことが、『治したい!』という強い思いにつながりました」
[画像のクリックで拡大表示]

 そんな中、「スケートは諦めなくていい。続けていいよ」と言ってくれた母の言葉のおかげで、「自分が生きるための目的」を失わずに済みました。「最も輝いていた、スケートをしている頃の自分になるために今具体的にできることは、ご飯を食べること」だと思えるようになり、「もう一度滑っている姿を見せて、母や応援してくれた人たちにも喜んでほしい」といった前向きなイメージを描けるようになりました。

 自分が最高のパフォーマンスができたときのイメージトレーニングをしているトップアスリートの話などを耳にしたこともあると思いますが、私の場合トレーニングという意識ではなく、「何のために病気を治すのかな」と自問自答したのです。結果的に、イメージトレーニングのようなことをしていた。おかげで、「治したい!」という能動的な強い思いにつながり、原動力となりました。

 このときに経験した、「壁を乗り越えるための目標の持ち方」は、その後の競技生活やメンタル面において大いに役立つことになります。

 思うに、「オリンピックに出たい」といった漠然とした目標では、本当につらいとき、苦しいときに踏ん張れません。大事なのは、「オリンピックに出場した先で自分がどうなっていたいのか」といった「目標を達成した先」をイメージすることだと思うのです。例えば、

オリンピックでは「ここまでやってきてよかったな」と納得できる演技がしたい

  • それを達成したとき、自分はどんな感情を抱いているのか
  • 演技終了後、私は飛び跳ねてガッツポーズをしているのか、感極まって泣いているのか
  • 会場のお客さんはスタンディングオべーションをしているのか
  • 私が「キス・アンド・クライ」(*1)に戻ってきたとき、コーチはうれし涙を浮かべて待っていてくれるのか

 …といったことを自分に問いかけ、「なりたい自分」をイメージするのです。

 それは仕事でも同じだと思います。成果を出したとき、上司や、そのサービスを利用したユーザーはどれだけ喜んでくれるのかなどとイメージできる人ほど、ポジティブな考え方になりやすく、目標を達成できる確率は高まるように思います。恐らく五輪で金メダルが取れる選手の多くも、目標を達成した後のイメージが具体的にあったはずです。さらにいえば、引退後のイメージができていれば、アスリートにとって引退がゴールではなくなり、不安や怖さが軽減されるのだと思います。

*1 キス・アンド・クライ:競技を終えた選手とコーチが採点結果の発表を待つための、スケートリンク脇に設けられたスペースのこと。

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

  • 認知症のリスクを下げる食事のポイントは?

    近年の研究から、認知症リスクは生活習慣によって大きく変わることが分かってきた。中でも重要なのが食生活だ。米国の最新食事法をきちんと実践した人は、認知症の発症リスクが最大53%低かったという驚きの結果も出ている。では、具体的にどのような食生活にすればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、最新研究に基づいた「認知症を遠ざける食事」のポイントを紹介しよう。

  • 宴会で「尿酸値・血糖値・中性脂肪」を上げない賢い飲み方

    年末年始や年度の変わり目など、宴会が増える季節に、楽しくお酒を飲みながらふと頭をよぎるのが、「体重の増加」と「気になる検査値への影響」ではないだろうか。暴飲暴食が続くとさまざまな検査値に影響が及ぶ。今回は、働き盛りの世代に身近な「尿酸値」「血糖値」「中性脂肪」を上げないための、宴会での上手な飲み方・食べ方のコツをまとめた。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

人生100年時代プロジェクト

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.