日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > あの人のカラダマネジメント術  > TRF SAMさんに教わる 年齢に負けない体つくる5つのストレッチ
印刷

あの人のカラダマネジメント術

TRF SAMさんに教わる 年齢に負けない体つくる5つのストレッチ

カリスマダンサーのカラダマネジメント術(2)

 高島三幸=ライター

2019年1月に57歳になり、今もステージ上でキレキレのダンスを披露するTRFのSAMさん。彼が習慣化している、体幹を強化し、瞬発力や持久力の向上にもつながる最強のストレッチとはどんなものだろうか? そのいくつかを教えてもらった。

TRFのSAMさんが提案するストレッチ法の一つ「リズム屈伸」
[画像のクリックで拡大表示]

前回「TRF SAMさん 57歳で若者に負けない動きができる理由」では、50代後半の今も踊り続けられるのはストレッチのおかげであり、ストレッチは柔軟性を高めるだけでなく、体幹を強化し、瞬発力や持久力を向上させるとおっしゃっていました。具体的にはどのようなストレッチをされているのでしょうか。

SAMさんが教えてくれた5つのストレッチ

【リズム屈伸】

SAMさんがお勧めする、瞬発力や持久力の向上につながるストレッチとは?
[画像のクリックで拡大表示]

 1つは「リズム屈伸」という、ふくらはぎ、もも(大腿部)が鍛えられ、瞬発力も身につくストレッチです。自分自身が年齢を経て、足腰の衰えを感じるようになってから意識して始めました。

 動きは簡単で、好きな曲を聴きながら、リズムに合わせて屈伸するだけです。曲のテンポは、120~125BPM(BPMはBeats Per Minuteの略で「1分間の拍数」のこと。120BPMは1秒間に2拍打つこと)が良いですが、TRFの曲で言えば、「Overnight Sensation ~時代はあなたに委ねてる~」「survival dAnce ~no no cry more~」がお勧めです。

 やり方は、次の通りです。

1

両足を肩幅に開いて立ち、両手は下に下ろす。肩に力を入れずにリラックスして立つ。「1(いち)、2(にい)、3(さん)、4(しい)」と声に出し、拍の頭(「いち」の「い」、「にい」の「に」など)で膝を曲げて腰を落とす。

2

拍の裏(「いち」の「ち」、「にい」の「い」など)で膝を伸ばして軽くかかとを引き上げ、上に伸び上がる。この沈んで伸び上がる屈伸の動きを「1、2、3、4」のテンポに合わせて30秒から1分間ほど繰り返す。その際、おなかはへこませ、お尻の上に上半身を乗せるイメージを持つといい。

[画像のクリックで拡大表示]

この「リズム屈伸」はどのようなことに気を付けて行えばいいでしょうか?

 腰が抜けておなかやお尻が前や後ろに出っ張らないようにしてください。姿勢をまっすぐ保ちながら屈伸することで、初めて体幹が鍛えられるからです。テンポは先ほど話した通り120~125BPMが良いですが、最初はもっとゆっくりのテンポでやってもいいでしょう。このリズム屈伸の動きを、僕は4~5分間続けます。一般の方なら30秒から1分も続ければ、ももやふくらはぎに効いてくるでしょう。体幹も鍛えられますし、筋持久力もつく。リズムに合わせて行うのでリズム感も身につくはずです。

【つま先立ちスクワット】

 2つ目の運動は、「つま先立ちスクワット」です。これは通常のスクワットよりも体幹が強化されます。

1/3 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

  • もの忘れと認知症の関係は? 認知症リスクを下げる生活のポイント

    年を取っても認知症にはならず、脳も元気なまま一生を終えたいと誰もが思うもの。しかし、「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」といった“もの忘れ”は、中高年になると誰もが経験する。⾃分は周りと比べて、もの忘れがひどいのでは? ひょっとして認知症が始まったのか? と不安になる人も多い。このテーマ別特集では、もの忘れの原因や、将来の認知症にどうつながるのか、認知症を予防するにはどうすればいいのかについて、一挙にまとめて紹介する。

  • 痛風だけじゃない!「高すぎる尿酸値」のリスク

    尿酸値と関係する病気といえば「痛風」を思い浮かべる人が多いだろう。だが、近年の研究から、尿酸値の高い状態が続くことは、痛風だけでなく、様々な疾患の原因となることが明らかになってきた。尿酸値が高くても何の自覚症状もないため放置している人が多いが、放置は厳禁だ。本記事では、最新研究から見えてきた「高尿酸血症を放置するリスク」と、すぐに実践したい尿酸対策をまとめる。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.