日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > あの人のカラダマネジメント術  > TRF SAMさん 57歳で若者に負けない動きができる理由  > 2ページ
印刷

あの人のカラダマネジメント術

TRF SAMさん 57歳で若者に負けない動きができる理由

カリスマダンサーのカラダマネジメント術(1)

 高島三幸=ライター

 2つ目は、先ほども話しましたが、「柔軟性を得ながら、筋力や体幹も鍛えられる」ということ。柔軟性を高めようと自分の筋肉と向き合えば向き合うほど、より中心(骨)に近いインナーマッスルを意識し始めます。体の中心部を意識してストレッチを行うと、実はインナーマッスルを鍛えていることになるんです。

「ヒーリング効果を得られるのも、ストレッチの良い点です」
[画像のクリックで拡大表示]

 例えば、片足立ちしながら、もう片方の足を上に上げるようなストレッチをすると、バランスを取ろうとするので、おのずと体幹が鍛えられます。つまり、体の中心部を意識しながら、ゆっくりとした動きで柔軟性を高める動作は、体幹を鍛えるトレーニングにつながるんですね。僕がやっているストレッチには、ゆっくりとした動きを何回も繰り返すことで、筋持久力が鍛えられるものもあるし、音楽に合わせてリズミカルに動きながら、瞬発力を鍛えられるストレッチもあります。

 3つ目は、「ヒーリング効果が得られる」ということ。体を伸ばすことにより腰や肩の痛みが和らいだり、気持ちいいと思えたりします。体がほぐれてラクになれば、イライラが軽減されます。特に寝る前にこうしたヒーリング効果を得るだけでも、深い睡眠につながりやすくなり、疲労軽減にもつながるでしょう。

 このようにストレッチには柔軟性の向上に加えて、メンテナンスや体幹の強化、ヒーリングなどいくつもの効果を期待できます。激しい筋トレをしなくても体を引き締め、しなやかで強い体をつくることができるので、特に高齢の方にはお勧め。僕は「ストレッチ最強説」を唱えています。

ジムの筋トレは合わなかった

その「ストレッチ最強説」にたどり着くまでには、ご自身でも様々なトレーニングを試されたのでしょうか。

 ダンスのためになると思ったことは、一通りやりましたね。例えば、ニューヨークにいた頃は、ゴールドジム(編集部注:米国を中心に世界中で展開されているトレーニングジム)に毎日通って筋トレに励みました。でも体質的に、いくら鍛えても体が全然大きくならないんですよ。日本でもフィットネスクラブに通って、食事療法を行いながらトレーニングをする肉体改造プログラムを実施したことがありますが、結局疲労だけが残り、肉体改造がダンスにつながっているとも思えませんでした。体質的に自分には合わなかったのかもしれません。

 その後、重いリュックを背負いながら懸垂をすることにハマったり、ウエートを背中に乗せて腕立て伏せをしたりしたのですが、筋肉だけがついて逆に踊りにくくなった時期がありました。TRFのメンバーからも「なんか動きがおかしいよ、筋肉をつけすぎたんじゃない?」って言われちゃって(笑)。

 自分の体を実験台にして一通り試しましたが、結局、自重だけの懸垂や腕立て伏せ、チューブを使った腕や足のトレーニングを週2回行うことと、体幹運動を意識した日々のストレッチのみに行き着きました。

具体的にどんなストレッチをされているのですか?

 自分にとってどうすれば気持ちよくて、何が必要かと考えていけば、おのずとオリジナルのストレッチになっていきます。時代の流れとともにはやりのストレッチがあり、新しいものを取り入れながらアレンジしていくイメージでしょうか。トップダンサーになるほど、それぞれ自己流のストレッチを確立していると思います。

著書『年齢に負けない「動ける体」のつくり方』(クロスメディア・パブリッシング)ではオリジナルのストレッチを紹介
[画像のクリックで拡大表示]

 僕の場合、レッスン前やコンサートなどで踊る前に、好きな音楽をかけながらストレッチすることが多く、その時々で内容は変わります。40分ほどかけてストレッチしますが、天候が悪く体が動きにくい冬場はじっくりと長くやりますし、逆に夏場は筋肉が伸びやすいので時間はあまりかけません。特にコンサート前は、ある程度筋肉が緊張していた方がいいので、気持ちがいいと思うまで伸ばしすぎず、10分ぐらいでさっと終わらせることがほとんどです。

 ここ3年は、足腰を鍛えようと思って、スクワットや足腰が鍛えられるストレッチを意識して取り入れています。ダンサーだから足は常に使っているのですが、やっぱり年齢とともに衰えてきたことが分かるんです。そのストレッチの一つが、「リズム屈伸」です。

(「カリスマダンサーのカラダマネジメント術(2)」に続く)

【カリスマダンサーの体マネジメント術】

第1回 TRF SAMさん 57歳で若者に負けない動きができる理由
第2回 TRF SAMさんに教わる 年齢に負けない体つくる5つのストレッチ
第3回 TRF SAMさん 「80歳でも気軽にダンス楽しめる世にしたい」

(写真 鈴木愛子)

SAM(サム)さん
ダンスクリエイター、ダンサー
SAM(サム)さん 1993年TRFのメンバーとしてメジャーデビュー。コンサートのステージ構成をはじめ、アーティストの振り付けやプロデュースも行う。自ら主宰するダンススタジオでもレッスンを行う。2016年にダレデモダンスを設立、代表理事に就任。子供から高齢者まで誰もが親しみやすいダンスを広めている。新著に『年齢に負けない「動ける体」のつくり方』(クロスメディア・パブリッシング)。

先頭へ

前へ

2/2 page

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

  • 認知症のリスクを下げる食事のポイントは?

    近年の研究から、認知症リスクは生活習慣によって大きく変わることが分かってきた。中でも重要なのが食生活だ。米国の最新食事法をきちんと実践した人は、認知症の発症リスクが最大53%低かったという驚きの結果も出ている。では、具体的にどのような食生活にすればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、最新研究に基づいた「認知症を遠ざける食事」のポイントを紹介しよう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

人生100年時代プロジェクト 日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.