日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > あの人のカラダマネジメント術  > ストレスのもとからは、逃げるが勝ち
印刷

あの人のカラダマネジメント術

ストレスのもとからは、逃げるが勝ち

人気トレーナー・中野ジェームズ修一さんのカラダメンテ術(4)

 中野ジェームズ修一

 仕事や日常生活の質を上げるには健康な体でいることが大切だ。それを実現するために自らが実践している方法を、体づくりのプロであるフィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんに聞くシリーズの最終回。中野さんは、体力面だけでなく、メンタル面やフィットネスの指導もできる日本では数少ないトレーナーだ。今回は、選手たちの試合前のストレスやプレッシャーを緩和するために日ごろ行っている指導をもとに、「ストレス回避術」について語ってもらった。

卓球の福原愛選手やバドミントンの藤井瑞希選手、箱根駅伝3連覇を果たした青山学院大学陸上部など、一流アスリートたちをサポートする名トレーナーのストレス回避術とは?
[画像のクリックで拡大表示]

 ストレスをためないようにするには、ストレッサー(ストレスを与える何らかの刺激のこと)の根源となっていることを「回避」することが重要です。

 自分がやりたいこと、やらなければならないことを端からすべてやってしまうと、ストレッサーが過剰になって、いずれは体を壊してしまいます。いったん壊れた体を元に戻すには、大変な時間と労力が必要になります。だからこそ、どの時期にストレッサーを回避するかというタイミングを見極めることが大切になるのです。

どの時期にストレスを回避するかを見極める

 私の場合、選手たちが練習している現場で指導することがよくありますが、そのうちのどれに同席し、どれを休むか見極めるのが重要ということです。もちろん、できることならすべてに顔を出したいというのが私の気持ちです。しかし、それをやると長い目で見て支障を来すと判断した場合、ときには何かをあきらめる必要もあるのです。

 例えば、Aというチームの練習と、その翌日にあるB選手の練習に、少し頑張れば行ける状態だったとします。ところが、翌々日からは海外遠征に帯同するため2週間休みが取れない。そのうえ、帰国後すぐにも予定が入っているとなると、無理をすることで先々の仕事が回せなくなる可能性が出てきてしまいます。もしかしたら、私自身、疲労で体調を崩してしまうことだってあるかもしれない……。

 そう考えると、例えば「B選手は大事な試合に向けての重要な局面までは来ていない時期なので、今回は私自身は行かずにスタッフに任せる」といったことがストレッサーの回避になります。もちろん、それを実行するには各方面にいろいろと連絡をする必要がありますし、勇気も必要です。気も使うし、練習に立ち合えないフラストレーションもたまるのですが、ある程度はそうして意識して回避していかないと、最終的にすべての仕事を台無しにする可能性もあるのです。

 ビジネスマンの方でも、仕事で大きなプロジェクトを任されたとしたら、そのすべてを一人で回すことはできないですよね。私たちも同じで、私が行けない場合は、スタッフに担当してもらって選手やチームの状態を把握したり、指導をしたりしています。

1/3 page

最後へ

次へ

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 悪玉コレステロールを下げ、善玉コレステロールを上げる実践的な対策

    健康診断で多くの人が気にする「コレステロール」。異常値を放置すると動脈硬化が進み、心筋梗塞や狭心症のリスクが高まっていく。数値が悪くても自覚症状がないため、対策を講じない人も少なくないが、異常値を放置しておいてはいけない。では、具体的にどのような対策を打てばいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、健診結果のコレステロール値の見方から、具体的な対策までを一挙に紹介していこう。

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.