日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > あの人のカラダマネジメント術  > 甘いもの食べたら走る!「目標を持った体調管理術」に学ぶ
印刷

あの人のカラダマネジメント術

甘いもの食べたら走る!「目標を持った体調管理術」に学ぶ

人気トレーナー・中野ジェームズ修一さんのカラダメンテ術【3】

 中野ジェームズ修一

 仕事にオフタイム、生活の質を上げるには健康な体でいることが大切だ。それを実現するために自らが実践している方法を、卓球の福原愛選手や、箱根駅伝で3連覇を果たした青山学院大学陸上部のフィジカルトレーナーを務める中野ジェームズ修一さんに聞くシリーズの3回目。前回「プロの体調管理術『どんな時も起床時刻は変えない』」で紹介した健やかな体づくりに欠かせない「生活リズムのつくり方」に関連し、今回は、中野さん流「体調管理術」について聞いた。

コンディショニングやリカバリーに対する考え方を変える

[画像のクリックで拡大表示]

 みなさんはよく「コンディションを整える」「疲労を回復させる」という言葉を使います。体調を整え、酷使した体をその前の状態に戻すという意味だと思いますが、いったん崩れた体調、疲れた体を元に戻すのは、それなりに時間や労力が必要で、簡単なことではありません。

 重要なのはそうならない段階で、予防医学的な観点で体づくりをしていくことです。私たちフィジカルトレーナーは、選手の体を見たり実際に触ったり、あるいは選手と話をしたりして体の状態を感じ取ります。そして、このまま練習を続けていくと、あるいは試合に出ると、こういう障害やケガが起きるから、このストレッチや強化メニューをやってくださいとアドバイスをします。そうすることでケガや障害が避けられ、選手は万全の状態で練習や試合に臨めるわけです。

 医療従事者であれば、ケガをしたときに治すので、選手からありがとうと感謝されますが、私たちはあまり言葉に出して感謝されることがありません。ケガも何も起こらない、つまり効果が実感できないわけですから当然といえば当然ですね。だから私はドラえもんと出会いたい。「タイムマシンに選手を乗せて、ストレッチやリカバリー、強化メニューをしないと1年後にどうなるかを見せてあげたら、もっと感謝されるんじゃないか」と思うことがあります(笑)。とにもかくにも、選手たちの体に異変を起こさせずに好成績を収めてもらうことは、私たちの仕事が成功したといえる証しです。

体形維持のためのランニングとウエートトレーニング

 そんな私自身の体調管理や体調維持の方法についてですが、月間80~100kmを走るようにしています。これは、体調管理に加えて、フルマラソンやウルトラマラソンに出るためでもあります。スピードは、1kmあたり5分程度が一番気持ちがいいペースです。走るのはだいたい週末ですが、5分を切ろうとすると、ちょっとキツイ感じになってきます。

 それに加えて、ウエートトレーニングもやっています。週に何度か、グループレッスンでデモンストレーションをする時に行うほか、自分自身のためにも週1回くらいは真剣にやっています。

 もし、ジョギングなどをこれから始めようというのであれば、ペースに関しては、個人の体力差があるので、自分ができる範囲で一番気持ちよく走れるスピードでいいと思います。最初から無理をする必要はありません。

 上述した通り、私が走ったり、筋トレを行ったりする理由は2つあります。まず、体形の維持です。なぜなら第1回でも少しお話ししましたが、私は食べることが大好きなのです。もちろん、14品目の食事は守っていますが、食べる量も多いし、甘いものやおいしいパンを探し歩くのも趣味の一つです。ですから、摂取した分のカロリーは消費しないと、体脂肪が増え過ぎるのです。

1/2 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 筋肉を衰えさせない「たんぱく質」の正しい摂取法

    最近、筋肉の大切さが指摘される中で、「たんぱく質をしっかりとるべき」という意識が定着しつつある。だが、たんぱく質は、誤解されていること、そして知っているようで知らないことが多くある。いくらとってもいいのか、肉と大豆ではどっちがいいのかなど、即答できない人も多いだろう。本特集では、たんぱく質の基礎から、正しい摂取法、そして身近な食品に含まれるたんぱく質の量までを一挙に紹介する。

  • あなたの腎臓、大丈夫? 急増する慢性腎臓病を防ぐ

    普段あまり意識することの少ない「腎臓」。だが近年、人口の高齢化に伴い、慢性腎臓病から人工透析へと至る患者が急増している。腎臓は、ひとたびその機能が失われると、坂道を転がり落ちるように悪化していく。そうなる前に腎臓の異常を察知し、腎機能の悪化を食い止めるにはどうすればいいのか。重要ポイントをまとめた。

  • もの忘れと将来の認知症の関係は?

    「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」…。“もの忘れ”は、ミドル以上なら誰にでも経験があるもの。本特集では、もの忘れの原因は何なのか、将来の認知症につながるのかなどについて紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.