日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > あの人のカラダマネジメント術  > プロの体調管理術「どんな時も起床時刻は変えない 」
印刷

あの人のカラダマネジメント術

プロの体調管理術「どんな時も起床時刻は変えない 」

人気トレーナー・中野ジェームズ修一さんのカラダメンテ術【2】

 中野ジェームズ修一

 仕事にオフタイム、生活の質を上げるには健康な体でいることが大切だ。それを実現するために自らが実践している方法を、卓球の福原愛選手や、箱根駅伝で3連覇を果たした青山学院大学陸上部のフィジカルトレーナーを務める中野ジェームズ修一さんに聞くシリーズの2回目。第1回「1日30品目は過去の話。人気トレーナーが実践する『14品目食事術』」で自らが実践する「14品目食事法」について教えてくれた中野さんが今回披露してくれるのは、健やかな体づくりに欠かせない「生活リズムのつくり方」だ。

青学陸上部の成長の一翼を担ったフィジカルトレーナー・中野ジェームズ修一さん。(写真:室川イサオ)
[画像のクリックで拡大表示]

起床時刻はどんな時も変えない

 特定のスポーツの選手に対するフィジカルトレーナーの仕事は、その競技や選手のクセに合わせて、必要な筋肉や持久力をどうやって高めるか、また、ケガをしないようにトレーニングしていくかといったプランを提供することです。スポーツに直接必要なスキル、技術について指導することはありません。つまり、私たちの仕事は、競技で好成績を得るために必要な、高度な動きや技術を可能にする「体のベース」をつくり上げる手伝いをすることなのです。

 同じように、スポーツ選手以外の方々には、日常生活を健やかに送れるだけの体力を維持するための、または、趣味のスポーツを存分に楽しむための体づくりのアドバイスをしています。もちろん、クライアントによっては、ダイエットやシェイプアップが目的の方もいます。

 アスリートやチームはもちろん、それ以外の方に対しても、私は基本的にクライアントの都合に合わせて仕事をします。また、取材や講演、国内外への遠征の同行なども多く、フィジカルトレーナーはみなさんが思っている以上に、時間的に不規則な仕事です。健康な体づくりのお手伝いをしている人間がこんなことではいけないとは思いますが、気がつくと、1日17時間働いていたなどということもありますね(笑)。

「どんなに遅く寝ても、朝は決まった時間に起きる。これが大事です」(写真:室川イサオ)
[画像のクリックで拡大表示]

 そこで私が、前回紹介した「1日14品目を食べる」に加えて気をつけているのが、「スケジュールが変わっても起床時間は変えない」ことです。前日に夜遅くまでセッションがあって、次の日が午後からの仕事だとしたら、早く起きる必要はないように思いますよね。でも、そんな日も含め、私は毎朝6時には起きています。寝るのは早い時で夜11時、遅ければ12~1時になるのですが。

 起床時間が日によって変わると体のリズムが狂い、たいてい体調を崩してしまうのです。トレーナーが体調を崩すと、クライアントに迷惑をかけてしまうので、起床時間だけは守り、生活のリズムを変えないことを重視しています。ですから私の寝室は薄いカーテンを引いているだけで、朝はできるだけ太陽の光で起きることを心がけています。冬は日の出が遅いので少し困りますけどね。

1/2 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 老化を左右する血管! 若返りのポイントは?

    体の中に縦横無尽に張り巡らされた「血管」をよい状態に保つことは、健康を維持するため、そして老化を防ぐために極めて重要だ。では、強い血管をキープし、老化した血管を若返らせるには、何をすればいいのだろうか。本特集では、2万例を超える心臓・血管手術を手がけてきたスペシャリストに、血管の若さを維持する秘訣と、血管を強くする運動法・食事法を聞いていく。

  • つらい「肩こり」は動的ストレッチで解消!

    肩こりの原因の大半は、生活習慣。すなわち、不自然な姿勢で過ごすことや、たとえ良い姿勢であっても長時間続けてしまうことが、首や背中の筋肉を緊張させ、筋疲労を引き起こす。この記事では、肩こりに関する記事の中から重要ポイントをピックアップして、肩こりの解消方法をコンパクトに紹介していく。

  • 筋肉博士が教えるロコモ予防の下半身筋トレ

    健康寿命を延ばすためには、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動だけでなく、「筋トレ」も重要であることが最近改めて認識されている。東京大学大学院教授で“筋肉博士”こと石井直方さんは、「寝たきりにならないためには、40~50代のうちから筋肉量を増やす意識で運動することが大切」という。そこで本特集では、石井さんに聞いた、筋トレの効果と、具体的な下半身筋トレの方法を一挙に紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.