日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > あの人のカラダマネジメント術  > 「足が壊れるまで」を貫いた マラソン野口みずきさん  > 3ページ目
印刷

あの人のカラダマネジメント術

「足が壊れるまで」を貫いた マラソン野口みずきさん

元五輪女子マラソンメダリストに聞く(3)

 高島三幸=ライター

「足が壊れるまで走りたい」の思い一筋

リオデジャネイロ五輪の選考レースである2016年の名古屋ウィメンズマラソンが、ラストランになりました。

 まったく練習ができなかったのですが、年齢的に考えても五輪への最後の挑戦だったので、広瀬コーチに「走りたい」と伝えてスタート地点に立ちました。序盤で先頭集団から遅れて、完走も厳しい状態でした。それでも沿道からのやむことのない温かい声援が私の背中を押してくれたかのように、自己ワースト記録だったものの、2時間33分54秒でゴールすることができました。

 高校を卒業して実業団に入ったとき、私は「足が壊れるまで走りたい」と言いました。その思い一筋で、現役生活を送ってきたように思います。決してかっこいい終わり方ではなかったですが、たくさんの人に支えられながら自分の意志を貫くことができて、足が壊れるまでやり遂げたことには満足しています。

 いいことだけでなく、しんどいこともたくさんありましたが、それも含めてすべて私の人生であり、素晴らしい経験でした。だってそのおかげで、引退した後でもこうやって取材に来てくださって、自分がやってきたことをお話しすることができる。実業団に入った当時は、こんな未来が待っているなんて思ってもみませんでした。生まれ変わっても、また同じ指導者やお世話になった人、応援してくださった人々に出会って、同じ道筋をたどりたいと心の底から思います。

今も走っていらっしゃるんですか?

 はい。引退して、1年間ぐらいは走らなかったんですよ。高橋尚子さんは走ることが本当に好きで、引退後も走っていらっしゃいましたが、私は目標がないと走れない。でも今は自由気ままに10キロぐらい走っています。こんなところにパン屋さんや飲み屋さんができたんだといったふうに、景色を楽しみながらゆったりとしたランニングを楽しんでいます。

 家で過ごすことが多くなったコロナ禍でも、朝に走ると一日がすごく気持ちいい。1人で走ればソーシャルディスタンスも保てるし、体力がついて免疫力も高まる。脳もクリアになるような気がします。何よりシューズ1つでできる運動なのでおすすめです。

引退して4年経ちますが、今の活動は?

 家族を大切にしつつ自分の限られた時間内で、全国各地の子どもたちにスポーツでも文化的なことでも、何か目標を持って諦めずに努力してほしいということを伝える活動をしています。今この時間がすごく楽しい。五輪に向かってやってきた道のりが、そんな時間をもたらしてくれているのかなと思います。

(写真 水野浩志)

◆元五輪女子マラソンメダリストに聞く

第1回

マラソン野口みずきさん 失業の中で育んだプロ意識

第2回

五輪金・野口みずきさん 燃え尽き症候群と無縁の理由

第3回

「足が壊れるまで」を貫いた マラソン野口みずきさん

野口みずき(のぐち みずき)さん
アテネ五輪女子マラソン金メダリスト
野口みずき(のぐち みずき)さん 1978年三重県生まれ。宇治山田商業高校からワコールの実業団へ。グローバリーを経てシスメックスに移籍。ハーフマラソンで頭角を現し、世界ハーフマラソン選手権で銀メダルを獲得。2002年マラソン初挑戦の名古屋国際女子マラソンで初優勝、03年の世界陸上選手権で銀メダル、04年アテネ五輪では金メダルを獲得。05年のベルリンマラソンで2時間19分12秒の日本新記録を樹立。16年の名古屋ウィメンズマラソンを最後に引退。現在は、岩谷産業陸上部でアドバイザーを務める。

先頭へ

前へ

3/3 page

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 効率的に「お腹を凹ませる」トレーニング

    中年にもなると、お腹がぽっこり出てくるのが気になる人も多い。特に薄着の季節になると、お腹が出ているのが気になり、何とか短期間で凹ませたいと思う人は多いだろう。しかし、スポーツジムでしっかり運動するのはつらいし、運動する時間を確保するのも大変だ。そこで、今回のテーマ別特集では、効率よくお腹を凹ませるために知っておきたい「内臓脂肪」の落とし方と、トレーニングのコツ、そしてお腹を凹ませる「ドローイン」のやり方について解説しよう。

  • 脳を衰えさせる悪い習慣、活性化する良い習慣

    「もの忘れがひどくなった」「単語がスッと出てこない」「集中力が落ちてきた」……。加齢とともに脳の衰えを実感する人は多いだろう。「このままだと、早く認知症になるのでは?」という心配が頭をよぎることもあるだろうが、脳の機能は加齢とともにただ落ちていく一方なのだろうか。どうすれば年齢を重ねても健康な脳を維持できるのか。脳に関する興味深い事実や、健康な脳を維持するための生活習慣について、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

  • 疲労解消は「脳の疲れ」をとることから

    しつこい「疲労」の正体は、実は脳の自律神経の機能の低下であることが近年の疲労医学の研究で明らかになってきた。本記事では、放置すると老化にもつながる「疲労」の怖さとその解消法を、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.