第3研究棟では細胞調整施設のFiT2が充実

記事に戻る