日経Gooday TOP  > 医療・予防  > 急発進した夢の治療~再生医療の「いまココ!」  > iPS細胞使う低コストの心臓移植、年内実現へ  > 4ページ目

急発進した夢の治療~再生医療の「いまココ!」

iPS細胞使う低コストの心臓移植、年内実現へ

他人由来のiPS細胞活用、細胞シートの開発コストを5分の1に

 中能泉=フリー編集者・ライター

がん化を防ぐという最大の難関をクリア

 細胞を培養させるだけの筋芽細胞シートに比べ、iPS細胞から心筋細胞をつくるのは非常に困難な作業で、「ヒトのiPS細胞から心筋細胞をつくるのに3年かかった」と澤教授は話します。心筋細胞シートをつくるには、数億個ものiPS細胞が必要で、iPS細胞を目的の細胞にするためには、細胞を分化させなくてはなりません。細胞は分化することで皮膚、血管、脳、心臓などの専門の器官の細胞になります。


続きは「日経Gooday会員(無料)」、
「日経Goodayマイドクター会員(有料)」の方がご利用いただけます。

日経IDがあれば簡単30秒

この記事の概要

新型コロナウイルス感染症 最新情報はこちら
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.