日経Gooday TOP  > 医療・予防  > 急発進した夢の治療~再生医療の「いまココ!」  > iPS細胞使う低コストの心臓移植、年内実現へ  > 2ページ目

急発進した夢の治療~再生医療の「いまココ!」

iPS細胞使う低コストの心臓移植、年内実現へ

他人由来のiPS細胞活用、細胞シートの開発コストを5分の1に

 中能泉=フリー編集者・ライター

拒絶反応が少ないiPS細胞をつくり出す

 そこで、4年前に京都大学iPS細胞研究所(CiRA/サイラ)でスタートしたのが、他人由来のiPS細胞を備蓄する「iPS細胞ストック」プロジェクト。血液型のように細胞にも免疫の型があり、型が合えば拒絶反応が少なく安全だと考えられるようになりました。そして、サイラでは、日本人の中にごくわずかにいる特殊なタイプの免疫を持つ人の細胞から拒絶反応が少ないiPS細胞をつくり出し、いつでも使えるように保存し始めているのです。


続きは「日経Gooday会員(無料)」、
「日経Goodayマイドクター会員(有料)」の方がご利用いただけます。

日経IDがあれば簡単30秒

この記事の概要

新型コロナウイルス感染症 最新情報はこちら
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.