日経Gooday TOP  > 医療・予防  > 急発進した夢の治療~再生医療の「いまココ!」  > “心筋シート”を使う心臓病治療が始まった!  > 3ページ目

急発進した夢の治療~再生医療の「いまココ!」

“心筋シート”を使う心臓病治療が始まった!

人工心臓も心臓移植も必要なし

 中能泉=フリー編集者・ライター

重度の心不全が改善し、人工心臓から解放された!

 最初の臨床例は、1年前から拡張型心筋症で入院していた男性(当時56歳)で、人工心臓を装着する手術を行った後、心臓移植を待つことになった重症患者だった。筋芽細胞シートによる臨床研究では、患者は2度の手術を受ける。まず、太ももの筋肉を10g切り取る手術を行い、筋肉から筋芽細胞を取り出して通常は3~4週間培養して、筋芽細胞シートを数十枚作製。2回目の手術で筋芽細胞シートを患者の心臓に貼り付けて移植する。この患者の場合は、2カ月かけて細胞シートを培養し、細胞シートを貼り付ける手術に臨んだ。すると、3カ月後には心臓の機能の回復が認められ、その後、人工心臓を外すことができ、退院するに至った。9年経った現在でも元気だという。


続きは「日経Gooday会員(無料)」、
「日経Goodayマイドクター会員(有料)」の方がご利用いただけます。

日経IDがあれば簡単30秒

残り3279文字 / 全文4633文字

この記事の概要

  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.