日経Gooday TOP  > からだケア  > 胃がん・胃潰瘍、驚きの“新常識”

BODY CARE 胃がん・胃潰瘍、驚きの“新常識”

 ここ数年で「胃」を取り巻く病気の常識が、根底から覆されている。これまで多くの人の命を奪い、「死の病」であった胃がんが、簡単に防ぐことのできる「感染症」に変わりつつある。そのキーワードは「ピロリ菌」だ。

 驚くべきことに、胃がんの原因の99%はピロリ菌だという。2013年にピロリ菌除菌の保険適用が広がった後、胃がんによる死亡者は減少のペースが速まった。胃の健康を保つには、何よりもまずピロリ菌対策をするのがとても重要だ。今回は、そうした胃の病気に関する新事情について、独立行政法人国立国際医療研究センター理事・国府台病院長の上村直実先生にうかがった。

有料会員になると、鍵つき記事鍵つき記事が全て読める
&医療専門家に電話相談や名医紹介も!

  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.