日経Gooday TOP  > からだケア  > 胃がん・胃潰瘍、驚きの“新常識”  > ピロリ菌検査の落とし穴! 除菌後も放置は危険  > 4ページ目

胃がん・胃潰瘍、驚きの“新常識”

ピロリ菌検査の落とし穴! 除菌後も放置は危険

確実に検査・除菌するにはどうすればいいか

 二村高史=フリーライター

成功率は一次除菌で90%、二次除菌で98%に

 次に、検査でピロリ菌が見つかったら、どう除菌すればいいのだろうか。

 「1週間ほど薬を服用します。ただし、これで必ずしも全員の除菌ができるわけではありません。最初に行う一次除菌で不成功なら二次除菌、それでもだめなら三次除菌と進みます」(上村先生)。服用する薬は、胃酸を抑える薬と、2種類の抗菌薬だ。二次除菌の場合は、2種類の抗菌薬のうち1つは、一次除菌とは別の薬にする。


続きは「日経Goodayマイドクター会員(有料)」の方のみ、
ご利用いただけます。

残り3331文字 / 全文4725文字

この記事の概要

胃・食道
キーワード一覧へ
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.