日経Gooday TOP  > からだケア  > 胃がん・胃潰瘍、驚きの“新常識”  > ピロリ菌検査の落とし穴! 除菌後も放置は危険  > 3ページ目

胃がん・胃潰瘍、驚きの“新常識”

ピロリ菌検査の落とし穴! 除菌後も放置は危険

確実に検査・除菌するにはどうすればいいか

 二村高史=フリーライター

 下の図の通り、ABC検診では、検査結果によりA~Dの4つに分けて、胃がんのリスクを判定する。「A群→B群→C群→D群」の順に胃がんになるリスクが高くなる

 A群は、ピロリ菌の感染がなく、胃の萎縮もない健康な状態。胃がんを発症するリスクはほとんどないとされる。B群、C群は、精密検査が必要とされ、医療機関で内視鏡検査を受けたのち、ピロリ菌を除菌する流れとなる。


続きは「日経Goodayマイドクター会員(有料)」の方のみ、
ご利用いただけます。

残り3331文字 / 全文4725文字

この記事の概要

胃・食道
キーワード一覧へ
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.