日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 中野ジェームズ修一の「遠回りしない体メンテ術」  > 冬のランニングには手袋2枚重ねより腹巻き

中野ジェームズ修一の「遠回りしない体メンテ術」

冬のランニングには手袋2枚重ねより腹巻き

体の「中心部」を温めれば寒くても快適に

 松尾直俊=フィットネスライター

 体の健康を保ち、いつまでもパワフルに働くには、正しい運動と食事、そして休息のバランスが取れた生活が必要だ。そこで、著名なフィジカルトレーナーである中野ジェームズ修一さんに、遠回りしない、結果の出る健康術を紹介してもらおう。
 今回は、冬のトレーニングにおけるウェアの選び方について。

冬のシーズンに運動するときには、ウェアの選び方も重要になってくる。 (c)maridav-123RF

手や足の先が冷たいと気になるが…

 寒い時期に外で運動をするときの問題の一つが「防寒」だ。ランニングをするにしても、走り始めるときは寒いので厚着をしがち。また、手先や足先など、末端にいくほど冷えやすいため、つい手袋やソックスを厚手のものにしたり、2枚重ねにしたりする人もいる。

 ところが、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは、「手袋やソックスの2枚重ね」は勧めないという。

 「手先や足先が冷たくなると、余計に寒く感じますよね。しかし、考えてみてください。手先や足先は、末端にいくほど細くなり、そこを通る血管も細くなっています。手袋やソックスを2枚重ねにすると、その部分が締め付けられ、血行が悪くなってしまうのです」(中野さん)

 人間の体温は、基礎代謝や筋肉などによって作り出されている。体内の温度は、中心部ほど高く、37~38℃ほどに安定して保たれている。これを「中核温(ちゅうかくおん)」という。そして、手足や顔など、末端にいくにつれて温度は低くなり、外部の環境によって温度が変化する。

 「中核温が安定的に高いのは、心臓や肝臓などの臓器を正常に働かせて、生命を維持するためです。一方、手足が冷えても命の危機に陥ることはありません。そのため、寒い場所に行くと、人間の体は中心部に血液を集めて38℃を保とうとするので、余計に手足の先が冷えてきます」(中野さん)

1/3 page

最後へ

次へ

  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.