日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 中野ジェームズ修一の「遠回りしない体メンテ術」  > 人気トレーナーが「24時間営業のジム」をお勧めするワケ  > 2ページ
印刷

中野ジェームズ修一の「遠回りしない体メンテ術」

人気トレーナーが「24時間営業のジム」をお勧めするワケ

「運動の習慣化」で挫折しないために有効活用しよう!

 松尾直俊=フィットネスライター

活用したい「24時間営業のジム」

 有酸素運動を習慣化しようとして挫折したパターンでよくあるのが、週末にジョギングやウォーキングをやると決めたものの、外出などの予定が入ったり、天気が悪かったり、気温が暑くなったり、逆に寒くなったりして運動できない週末が続き、次第に習慣そのものが定着できずにフェイドアウトしてしまう…というものだ。

運動を習慣化するために活用したいのが、最近増えている「24時間営業のジム」だ。写真はイメージ (c)imtmphoto-123RF

 「そこで有効活用したいのが、最近増えている、24時間営業の小さなジムです。天候や気温に左右されず、24時間いつでも自分の都合のいいときに利用できます。駅前などに多く、自分の通勤経路の便利なところでも見つけられるでしょう」(中野さん)

 24時間営業のジムは、既存のスポーツクラブよりも料金が手ごろなのも魅力だ。中野さんは、24時間営業のジムを自分でも利用していて、あることに気づいたという。

 「24時間営業のジムでは、まず筋トレを10分やり、次にトレッドミルでウォーキングを10分、そしてエアロバイクを10分やる、というような運動のやり方をしている人をよく見かけます。このように短時間で種目を変えることも、飽きずに運動を続けられるポイントになるでしょう」(中野さん)

 確かに、ウォーキングやジョギング、バイクだけを30分続けていると、次第に飽きてしまうことも多い。10分ごとに種目を変えるというのは気分転換にもなり、使われる筋肉も少しずつ変わるので、全身に刺激を与える効果も期待できる。

 また、スポーツクラブで仲間を見つけると運動が長続きするという話はよく聞くが、一方で、そうした常連とのコミュニケーションを負担に感じて、一人で運動したいという人もいるだろう。

 「深夜に集中して運動し、短時間で切り上げたほうが続けやすいという方にも、24時間営業のジムは向いているでしょう。私のクライアントは、昼休みや、午後の早い時間に24時間営業のジムに行って運動する方が増えています。食事をして眠くなったときに仕事をしても効率が悪いですから、そのタイミングでジムで汗を流せば、頭がスッキリして気分転換になるでしょう」(中野さん)

 まとめると、運動するタイミングとして、(1)週末、(2)朝、(3)昼、(4)夕方以降、という4つを試してみて、一番やりやすいときを見つけるのがお勧めだ。

 自分の生活パターンに合った運動習慣を身につけるためにも、24時間営業のジムの活用や、種目の組み合わせなどで工夫をしてみよう。

中野ジェームズ修一(なかの ジェームズ しゅういち)さん
スポーツモチベーションCLUB100技術責任者/PTI認定プロフェッショナルフィジカルトレーナー
中野ジェームズ修一(なかの ジェームズ しゅういち)さん フィジカルを強化することで競技力向上や怪我予防、ロコモ・生活習慣病対策などを実現する「フィジカルトレーナー」の第一人者。元卓球選手の福原愛さんやバドミントンのフジカキペアなど、多くのアスリートから絶大な支持を得る。2014年からは青山学院大学駅伝チームのフィジカル強化指導も担当。早くからモチベーションの大切さに着目し、日本では数少ないメンタルとフィジカルの両面を指導できるトレーナーとしても活躍。東京・神楽坂の会員制パーソナルトレーニング施設「CLUB 100」の技術責任者を務める。『世界一伸びるストレッチ』(サンマーク出版)、『青トレ 青学駅伝チームのコアトレーニング&ストレッチ』(徳間書店)などベストセラー多数。最新刊は『女性が医師に「運動しなさい」と言われたら最初に読む本』(日経BP)。
女性が医師に「運動しなさい」と言われたら最初に読む本

先頭へ

前へ

2/2 page

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

  • 認知症のリスクを下げる食事のポイントは?

    近年の研究から、認知症リスクは生活習慣によって大きく変わることが分かってきた。中でも重要なのが食生活だ。米国の最新食事法をきちんと実践した人は、認知症の発症リスクが最大53%低かったという驚きの結果も出ている。では、具体的にどのような食生活にすればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、最新研究に基づいた「認知症を遠ざける食事」のポイントを紹介しよう。

  • 宴会で「尿酸値・血糖値・中性脂肪」を上げない賢い飲み方

    年末年始や年度の変わり目など、宴会が増える季節に、楽しくお酒を飲みながらふと頭をよぎるのが、「体重の増加」と「気になる検査値への影響」ではないだろうか。暴飲暴食が続くとさまざまな検査値に影響が及ぶ。今回は、働き盛りの世代に身近な「尿酸値」「血糖値」「中性脂肪」を上げないための、宴会での上手な飲み方・食べ方のコツをまとめた。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

人生100年時代プロジェクト

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.