日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 中野ジェームズ修一の「遠回りしない体メンテ術」  > ヨガだけで健康になれる?
印刷

中野ジェームズ修一の「遠回りしない体メンテ術」

ヨガだけで健康になれる?

理想は筋トレと有酸素運動との組み合わせ

 松尾直俊=フィットネスライター

 体の健康を保ち、いつまでもパワフルに働くには、正しい運動と食事、そして休息のバランスが取れた生活が必要だ。そこで、著名なフィジカルトレーナーである中野ジェームズ修一さんに、遠回りしない、結果の出る健康術を紹介してもらおう。今回は、健康のためにバランス良く運動するためにはどうすればいいかについて。

女性にも広まる「筋トレブーム」

スポーツクラブで筋力トレーニングを行う女性もよく見かけるようになった。写真はイメージ (c)dolgachov-123RF

 最近は、男性のみならず、女性でも6つにはっきりと割れた「シックス・パック」の腹筋を目指す人が増えてきている。

 フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは、「昔は、『筋トレをやって体に筋肉がつくのは嫌です』と敬遠する女性が多かったのですが、今はずいぶんと意識が変わってきたのを感じています」と言う。

 確かに、「筋肉がある女性は美しい」というイメージが定着してきている。お尻の筋肉を鍛えてヒップアップしようとする人も多い。SNSでは「#筋肉女子」というハッシュタグをつけた投稿も増えている。

 「これにはメディアの影響も大きいと思います。テレビや雑誌に登場する女優やモデルさんが、筋トレによってメリハリのあるボディラインを作っていることが話題になると、自分もやろうと思った女性がスポーツクラブに足を運んでいるようです」(中野さん)

 以前のスポーツクラブでは、男性は筋トレ、女性はダイエットのための有酸素運動という傾向があったが、最近はそうではない。女性が積極的にマシンやダンベルを使ったトレーニングで、筋肉を鍛えている姿も見かける。

 しかし、中野さんは、「私がスポーツクラブで見かけた女性のなかには、負荷が低すぎて筋肉がつきそうにない人もいました。効果的なトレーニングのためには、スポーツクラブにいるトレーナーなどの専門家に相談したほうがいいかもしれません」と話す。

 負荷の低い筋トレでは、少し汗を流して血行を良くしたり、精神的にリフレッシュしたり、といった効果はあるかもしれないが、肝心の筋肉量を増やすという目的のためには不十分になることがある。(参考記事「『1日1万歩』『軽い筋トレ』を続けても成果は出ない理由」)

女性が医師に「運動しなさい」と言われたら最初に読む本

1/3 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 老化を左右する血管! 若返りのポイントは?

    体の中に縦横無尽に張り巡らされた「血管」をよい状態に保つことは、健康を維持するため、そして老化を防ぐために極めて重要だ。では、強い血管をキープし、老化した血管を若返らせるには、何をすればいいのだろうか。本特集では、2万例を超える心臓・血管手術を手がけてきたスペシャリストに、血管の若さを維持する秘訣と、血管を強くする運動法・食事法を聞いていく。

  • つらい「肩こり」は動的ストレッチで解消!

    肩こりの原因の大半は、生活習慣。すなわち、不自然な姿勢で過ごすことや、たとえ良い姿勢であっても長時間続けてしまうことが、首や背中の筋肉を緊張させ、筋疲労を引き起こす。この記事では、肩こりに関する記事の中から重要ポイントをピックアップして、肩こりの解消方法をコンパクトに紹介していく。

  • 筋肉博士が教えるロコモ予防の下半身筋トレ

    健康寿命を延ばすためには、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動だけでなく、「筋トレ」も重要であることが最近改めて認識されている。東京大学大学院教授で“筋肉博士”こと石井直方さんは、「寝たきりにならないためには、40~50代のうちから筋肉量を増やす意識で運動することが大切」という。そこで本特集では、石井さんに聞いた、筋トレの効果と、具体的な下半身筋トレの方法を一挙に紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.