日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 中野ジェームズ修一の「遠回りしない体メンテ術」  > ロコモ予防に自宅でできる下半身強化エクササイズ
印刷

中野ジェームズ修一の「遠回りしない体メンテ術」

ロコモ予防に自宅でできる下半身強化エクササイズ

慣れたら少しずつ負荷を上げてステップアップしていこう!

 松尾直俊=フィットネスライター

 体の健康を保ち、いつまでもパワフルに働くには、正しい運動と食事、そして休息のバランスが取れた生活が必要だ。そこで、著名なフィジカルトレーナーである中野ジェームズ修一さんに、遠回りしない、結果の出る健康術を紹介してもらおう。
 今回のテーマは「ロコモティブシンドローム(通称ロコモ、運動器症候群)」について。ロコモを予防するためにも、下半身の筋肉を鍛えるエクササイズに取り組もう。

下半身の筋肉を鍛えることがロコモ予防につながる。(c)undrey-123RF

 厚生労働省の統計によると、2016年3月の時点で、要介護・要支援の認定を受けている人の数は全国で約620万人。2001年3月の約256万人から、およそ2.5倍にまで増えている。

 しかも、要介護・要支援になった人の約3分の1は、転倒による骨折や関節リウマチなどの関節疾患がきっかけだったという。つまり、運動器障害、ロコモが原因で寝たきりになる人がそれだけ多いのだ。

 「そうならないためには、特に下半身の大きな筋肉群を鍛える必要があります」と中野さんは言う。

 前回、ロコモ危険度をチェックするために、椅子から片脚立ちするテストを紹介した。その結果、ロコモやその予備軍の危険性が疑われる人は、今すぐにでも、下半身を鍛え始めたほうがいい。

平均寿命は延びたが、寝たきりになる人が増えている

 「お尻から下肢全体にかけての筋肉は、まさに歩くため、動くための筋肉です。野生の動物たちを見ればわかると思いますが、動けなくなれば餌も取れませんし、ほかの生き物に捕食されて命を落としてしまいます。人間も大昔は同じだったのでしょうが、現在は医療と科学の発達でそんなことはなくなりました。しかしその代わりなのか、要介護・要支援の方々が増えてきているのです」(中野さん)

 日本人は男女ともに平均寿命が延びている。厚生労働省が発表したデータによると、2015年の平均寿命は男性が80.75歳、女性は86.99歳と過去最高を記録している。しかし、日常生活に制限がない期間、つまり“健康寿命”は2013年時点で男性が71.19歳、女性は74.21歳となっている。

 この先、さらなる医学の進歩によって平均寿命は延びるといわれるが、誰かに頼って生きなければならない期間が依然として10年前後もあるのかもしれないのだ

医師に「運動しなさい」と言われたら最初に読む本

1/3 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 女性の「尿漏れ」「頻尿」には骨盤底筋トレーニングが効く!

    トイレに行く回数が多い、くしゃみをすると少し漏らしてしまう、突然尿意に襲われて我慢できない…。女性の尿の悩みは、「頻尿」や「尿漏れ(尿失禁)」が多いのが特徴だ。これらを改善するにはどうすればいいのだろうか?

  • 男性も無関係ではない骨粗鬆症、飲酒・喫煙・高血糖はリスク

    骨がスカスカになってもろくなり、骨折の危険性が増すのが「骨粗鬆症」だ。急速な高齢化に伴って患者数が増えており、日本骨粗鬆症学会などによると、日本における患者数は現在1300万人と推定されている。骨粗鬆症というと女性のイメージがあるが、男性の患者数は300万人と見られている。本特集では、骨粗鬆症が起きる仕組みから、気をつけたい生活習慣、そして骨を強くするための対策までを一挙に紹介する。

  • 「股関節」は全身の要! 股関節の状態が健康寿命を左右する

    自分の足で歩ける体を維持したいなら、筋肉はもちろん、体を支える骨とその骨同士をつなぐ関節の維持が極めて重要だ。特に上半身と下半身をつなぐ股関節は、人間の体の中で最も大きな関節で、体の中で最も酷使されている関節の一つ。股関節を維持できるかどうかが、「歩く力」の維持に重要となってくる。本特集では、股関節の基礎知識から健康の保ち方までを一挙に紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.