日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 中野ジェームズ修一の「遠回りしない体メンテ術」  > 毎日続けるだけで筋トレにもなる4つの習慣
印刷

中野ジェームズ修一の「遠回りしない体メンテ術」

毎日続けるだけで筋トレにもなる4つの習慣

椅子から立つとき、靴下を履くときも、片足立ちで!

 松尾直俊=フィットネスライター

 体の健康を保ち、いつまでもパワフルに働くには、正しい運動と食事、そして休息のバランスが取れた生活が必要だ。そこで、著名なフィジカルトレーナーである中野ジェームズ修一さんに、遠回りしない、結果の出る健康術を紹介してもらおう。
 今回のテーマは「日常生活の中でできる筋力アップの習慣」。トレーニングの時間が取れなくても、筋量を維持できる習慣を身につけよう。

日常生活の中で筋肉に刺激を与えるような動作を意識して取り入れたい。(c)Andor Bujdoso-123RF

 便利な世の中になったおかげで、我々の日々の「生活活動量」は減ってしまっている。時間通りに来る電車やバス、スマートフォンのアプリで呼び出せるタクシー。そして、エスカレーターやエレベーターのおかげで階段の上り下りをすることも少なくなった。そのうえ、忙しくて運動する時間も取れない…。

 「今では買い物もネットで済ませられますし、交通機関の発達で移動の際に歩くことも少なくなっています。便利になったおかげで、私たちの日常の活動レベルはとても低くなっているのです」と中野さん。そんな生活を続けていたら、40代はおろか、20代でもロコモティブシンドローム予備軍になってしまう。

普段の生活の中で“時短”筋トレ!

 そこで中野さんは、普段の生活の中で、トレーニングにもなるような習慣を身につけることを提案する。「徒歩で10分程度の場所へ行くなら、車に乗るのではなく、少し速めの速度で積極的に歩く。電車の乗り換えやオフィスビルの中では、エスカレーターやエレベーターを使うのではなく、階段で上り下りする。それだけでも筋肉が刺激されるんです」(中野さん)

 このように生活習慣を変えるだけでも、健康の維持・増進の効果は期待できる。また、「時間がないから」という言い訳で何もしていなかった人にとっては、特別なトレーニング時間を作らなくて済むので、まさに“時短”トレーニングになる。

医師に「運動しなさい」と言われたら最初に読む本

1/3 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 男性も無関係ではない骨粗鬆症、飲酒・喫煙・高血糖はリスク

    骨がスカスカになってもろくなり、骨折の危険性が増すのが「骨粗鬆症」だ。急速な高齢化に伴って患者数が増えており、日本骨粗鬆症学会などによると、日本における患者数は現在1300万人と推定されている。骨粗鬆症というと女性のイメージがあるが、男性の患者数は300万人と見られている。本特集では、骨粗鬆症が起きる仕組みから、気をつけたい生活習慣、そして骨を強くするための対策までを一挙に紹介する。

  • 「股関節」は全身の要! 股関節の状態が健康寿命を左右する

    自分の足で歩ける体を維持したいなら、筋肉はもちろん、体を支える骨とその骨同士をつなぐ関節の維持が極めて重要だ。特に上半身と下半身をつなぐ股関節は、人間の体の中で最も大きな関節で、体の中で最も酷使されている関節の一つ。股関節を維持できるかどうかが、「歩く力」の維持に重要となってくる。本特集では、股関節の基礎知識から健康の保ち方までを一挙に紹介する。

  • 「糖尿病」は予備群のうちに手を打つ

    話題の「食後高血糖」や「血糖値スパイク」って? 気になる最新情報を総まとめ

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.